■腸内環境に不安を感じておられる方に口コミ人気の[善玉元気]の効果とは?[1]

March 02 [Wed], 2016, 11:58


あなたも腸内環境(腸内フローラ)に不安を感じておられませんか?


人の腸館内では様々な多くの細菌が増殖を繰り返しています。


これら腸内細菌の個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構成しています。


このような微生物生態を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と
呼ばれています。





■腸内細菌について


人の腸内細菌の数は、およそ100兆個、その種類は数百種にものぼり、
その微生物生態系の構成は食習慣や年齢などによってお一人おひとり違っております。



この腸内フローラは、人の体内でいろいろな働きをしてくれています。


人の体の体調維持の為の働きとして、外部からの侵入病原菌の定着を抑制したり、
免疫系の働きを活性化したり、ビタミンの産生を促進したり等の働きをしてくれます。



また逆に人の体に害をなす作用として、腐敗物の生成や発がん物質の生成及び様々な
腸疾患への影響を与えて体調を悪くする働きをします。



このように、腸内フローラは、人のからだの健康維持において非常に密接な関係にあります。


人のためになる働きをする菌を優勢に、人に害になる働きをする菌を劣勢に維持し保つことが、
毎日の健康維持の為に大事なことではないでしょうか。




■腸内菌の種類について

ここで腸内菌を大きく分類してみますと、


乳酸菌などのようなビフィズス菌(善玉菌)、ウェルシュ菌・ブドウ球菌などのような悪玉菌、
そしてどちらにも属さない中間の日和見菌(大腸菌・バクテロイデス)に大別されます。



健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌より優勢な形で、「腸内フローラ」が一定のバランスを
維持されていますが、反対に、何かの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、
腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人のからだに有害な物質が増えてきます。


この有害物質が、くさいオナラの原因になったり、そのうえに有害物質を腸管から吸収して、
やがて肝臓、心臓、腎臓などにも影響を与え、エイジングを促進させたり、
癌をはじめとするいろいろな生活習慣病の元になることもあります。



また、人の腸内のビフィズス菌(善玉菌)の割合は、人は赤ちゃんのときは腸内に
99%占めていますが、赤ちゃんの離乳期を過ぎる頃より成年期まで10%位に
落ちた状態で推移します。


さらに老年期(60歳ぐらいから)になりますと1%以下に落ちてきます。


人は体調維持のためにビフィズス菌(善玉菌)を補充する必要がありそうです。





■【善玉元気】は次のようなお悩みをお持ちの方に特におススメ致します。


▴便秘で何日も出なくてつらい(便秘解消)

▴おなかのポッコリ

▴どんよりくすみ

▴溜まったせいでめぐりが悪い

▴腸内環境(腸内フローラ)に不安がある(腸内環境を整える→腸内環境改善)

▴糖や脂質の吸収を抑えたい

▴若々しさを保ちたい

▴安心で実感力があるサプリがほしい




腸内環境に不安を感じておられる方に、腸内細菌のバランスを整えて改善してくれる
乳酸菌発酵エキスと贅沢ポリフェノールの【善玉元気】をおススメします。