夏の記録 

July 31 [Thu], 2008, 2:53
セールが一段落する今の時期は業界全体が暇になります。
そのため会社の同期と遊ぶ機会がが多いです。

先日は伊豆へ海水浴旅行。

急な仕事があったりと思ったより到着が遅れてしまったけれどもとても充実♪

お昼に食べた海鮮丼も地魚の身が厚く新鮮で大満足のお味。
一時空腹のあまり路傍のひっそりとした食堂に入りそうになったのですが、論争の果てにまっぷる支持派が勝利し、空腹を感じ始めてからさらに1時間。
待った甲斐がありました。

そしてコテージも大当たり。
大きな出窓から伊東の海を一望できる3階建ての立派なお宅。
しかもカラオケ付き。
BBQのセットもリッチ。タープの下でワインを飲めばもういい気分。

この面子との旅行は2度目で前回の反省の下、買出しも下準備も完璧、大充実のディナーでした。

その後海岸まで車を飛ばし大花火大会。
この中にはお酒が飲まない&運転がうまいという感謝しても仕切れない女の子がいるのです。

夜の砂浜の波音って久しぶりに聞きました。
水が地にぶつかるだけの音のはずなのになんであんなにきれいなんですかね。
日中は各自のipodの音楽を競うように流していたのですが、それが馬鹿らしくなるほど。
まさに都会の喧騒を離れて、なんだかもう仕事とかなかったような気分になりました。
明日もあさってもこの波の音を聞いて暮らせたらいいのになあと本気で思うほど。

盆地で山に囲まれて育ったから、海ってあんまり慣れてなくて、なんだかすごいなあって圧倒される気持ちが大きいです。
だってずーっと続いてるんだもん。ずーっと波は寄せては返し満ちては引き。
あれだけ動きの激しい自然がある暮らしってしたことない。
山動かないし。県民性とかって結構大きいものなのかもしれない。

二日目、さらにきれいな砂浜を目指して南へ。
熱川近くの小さな海水浴場は平日で梅雨明け発表前ということもあってまるでプライベートビーチ。
十分強い日差しの下完全に子供に戻って海水浴。
海の水ってこんなにしょっぱかったっけ?
そもそも頭を水中に入れるのが久しぶりな気がする。
目の中に入った水の塩分を感じる。
すごいね海。
最高のレジャーはやっぱり海かな。
ひたすら楽しい。
暑い砂の上で寝転んでるともう起きれなくなりそう。
今までないがしろにしてごめん、海。これからもよろしくお願いします。

海水浴の後は温泉。
これがまた最高。

赤沢日帰り温泉
http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/index.html

DHCプロデュースの施設でクレンジングもシャンプーもトリートメントもすべてDHC!
タオルも使い放題だし、何も持たずにいけます。
何より露天風呂が最高。
崖の上にあるので海が一望できるのです。
お勧めです。

幸運に恵まれとても充実した旅行になりました。こんなに夏らしいことを一気に7月中旬にしていいのかと思うほど。

最近は同じ面子で北千住の花火大会(木曜日開催♪)に行きました。
遊ぶ相手がいればいろいろ便利な平日休みをうまく使って夏を楽しみたいです。


春のロバ耳穴 

April 11 [Fri], 2008, 0:02
久しぶりに書きます。

4月。
新入社員が入ってきました。
とはいえど勤め先は3月からが新年度です。
3月1日付で異動となりました。
職種もフロアも変わらないけれども、ブランド、商材、得意先も変わりてんてこ舞いです。
はい、てんてこ舞い。
てんてこ舞いってどんな舞だろう?

ここ一年、どきどきして入社して、毎日どきどきして、早くどきどきしなくなればいいのにとひたすら念じてきましたが。
また一年生。

あー。私の一年なんだったんだー。

と、思わなくもない。

しかも課題がたくさん。一年生なのに課題がたくさん。

この課創設以来、ずーっと予算を達成し続けてきてるんです。
これって、実は、字面以上に大変なことなんです。

そして、それを支えてきた重鎮課長が今年定年退職。

それだけならまだしも。

この課創設以来、ずーっと一人で仕切ってきた女性が来期から産休。
あーめでたい。次の課長は彼女と言われてきたのに。

きれいで若くて賢くて産休。

そして、後釜、私、みたいな。

むーりー 私 むーりー

と、日々、思っているわけです。
店頭のスタッフとしては、居て当たり前の人たちが居なくなり、突然新入りがその代わりになろうっていうんだから、そりゃ心配だわ。

その人たちの信用、信頼を勝ち得なくてはならない。

あー。

ある人々はこれを栄転と呼ぶらしい。
とんでもないチャンスだと。
見込まれたんだと。

だっけどさー

私そんなの求めてなかったんだけどな・・
前の課でも、やりたいこと、やり残したこと、いっぱい、いっぱいあったんだけどな。
1年目で異動なんて本当に異例で。よっぽどの希望がなければできないはずなのに。

執着心が強いから、なかなか切り替えが利かない。
なんで、私なんだろうって。何で、私が大事にしてるもの取り上げるんだろうって。
会社ってやだ、って何度も何度も思って。

「もう慣れたかい?」

なんて、重役に声かけられると、気にかけられている自分の身を省みるとともに、
『私が辞めたら結構めんどくさい事になるだろうな・・・』
なんて考えてみたり。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ふう。

まあ、これだけ愚痴るだけ愚痴ったところで、別に、何てことはないのですが。
たった1ヶ月で見切りをつけたりしないし。
今の気持ちはは、これまでの1年間一生懸命やってきた仕事への感傷。
一生懸命やった結果の人事。
絶対おいしいのは今の立場。

あーあ。

春。





弱い人 

December 02 [Sun], 2007, 23:31
弱い人はいいと思う

守る姿勢に入ることができるから

大きな声が出せない人はいいと思う

呼び止められないこと振り向いてもらえないことを受け入れられるから

不健康な人はいいと思う

立ち止まり座り込むことができるから

けど、忘れていけないのは

攻め、声を上げ、健やかに、進む人が、いること

弱いことは時に人を卑屈にする
強さの欠点をあげつらう

強いことも弱いことも
そこにあるだけだから
上下も善悪もないから

明日から役立つ接客言葉とファミリーセール 

December 02 [Sun], 2007, 22:51
『私からは、お早めに、としか言いようがないですね』

お客様が商品購入を迷ってらっしゃる場合(私の場合は洋服とかね)、

商品数が少ない
人気商品である

などの情報とともにお伝えする。
今買わなくちゃないわよ、というのを柔らかくし、なおかつそういう状況であることを申し訳なく思っているニュアンスを添えた表現。

迷った商品を買いにまた来るお客様なんてなかなかいない。
お店は今日の売り上げがほしい。
あくまで感じよく、急かしたい。

ただ「お早めに」と言うと、あくまで店員とお客さん。立場は違うのね。

「言いようがない」と付けると、よりお客様の側に立つ表現になる。
『買うかどうかは急かさないし、それはお客様の自由。私はどうもできませんわ。けーど、なくなっちゃうかもよ』

申し訳なさそうに言うと、感じがいいです。


弊社ファミリーセールのお知らせ☆

今月12〜16日にかけて@ビックサイトで開催されます。
マークダウン前のお得な商品盛りだくさん、是非来てね〜

そして私はこの期間ずーっと会場にて大声張り上げてますので、よかったらお声掛けください。
私、すごく頑張ってるから。
必死なときに、知ってる顔に会うと、すごくほっとします。

そして11月 

November 15 [Thu], 2007, 23:48
11月ですね。入社後さらに11月生まれの知り合いが増えました。
何でしょうかね。

最近戸惑ってます。
仕事のことばっかり考えてるんです。

今日も休日なのに、お店行ってました。
だって行っといたほうがいいんだもん。
初めて行ったわ西新井。

よく仕事の夢を見ます。
ていうか、よく夢を見ます。
眠り浅いのかなーなんかね、夢見る頻度が高まってきている。
多分、仕事が抜けきる暇がないのよね。
寝て、会社行って、帰って、寝て。
たまに、「あれ、これ前になかったっけ。。。あ、夢だ。」
さりげなく、周囲に確認してます。

こんなもんなのかな、サラリーマンって。

これから、この会社に入ってから、最もきつい坂を上らなくてはなりません。
責任の大きさに潰れそうです。
一緒に上ってくれる、尊敬する会社の人曰く
「今年は試練の年なのよ。」

仕事は嫌いじゃないとは思うんだけどね。
今は、ちょっと息苦しいだけ。高地トレーニングみたいに。
慣れてきたら、一回り大きくなっている。
予定。

あ゛ー 

August 23 [Thu], 2007, 0:43
大人になるとなんだかいろいろ難しいことがたくさんあって非常に面倒。

そんなこと考えるようになったってことは私も大人になったってことなんでしょうか。
私、面倒くさがりなんです。
その上鈍臭いんです。

勘とか鋭いほうじゃないから考えないと動けないし、
考えるの早い方じゃないから遅れちゃうし
けど考えてるからいけないところとかちゃんと分かってるんです。
で、ぐるぐる考えたりするんですね。
それが面倒なんですね。
自分が一番面倒なんです。
世の中思い通りにならないんだから自分くらい都合よく動かしたいけどそれが一番難しくて。

ものすごくさりげなく生きてみたい。

あ、この土日いきなり休みになったので誰か遊んでください。
多分、もうしばらくないことだと思うので。。。

青春そのもの 

August 22 [Wed], 2007, 23:59
今日はお休みでした。

用事があるにはあったんですが、ちょっとつけたTVの甲子園から目が離せなくなっちゃいました。
そして、、、泣きました。
佐賀北よかったね、、、
途中から負けてたから応援してただけなんだけど、、、
なんて私ミーハーなんだろう、、、
ああいう展開に弱い、、、

けど、よくよく思い出してみると去年も決勝戦見て泣いた気がする。
球児は全試合運命の試合なのにね。
ミーハー視聴者って勝手ね。

甲子園で泣いてしまうのは、あのころ泣くほどがんばった自分を思い出すから。
今でもまぶしい大事な記憶が球児とリンクして私の涙腺を緩める。

ずーっとこうしてたいと思っていたころ。

人ごみに流されて 
 変わってゆく私を
あなたはときどき 
 遠くで叱って

年に一回くらい、叱られて泣くのも悪くない。

残暑お見舞い申し上げます。 

August 16 [Thu], 2007, 0:31
素直な人間というのはたいてい天邪鬼で、そしてたいていの人間は素直だと思う。

他人に理解して欲しいのに、簡単にはして欲しくない
相手が資格を満たしていないと認めない
その資格が、時間なのか、才能なのか、赤い糸かはそれぞれだろうけど

有資格者と認めるのか 示された理解を認めるか
どちらが先かはけっこう鶏と卵だと思う

自分を生きていくって、世界を狭くするってこと。
そんなに悪いことじゃないと思う。

攪拌 

July 08 [Sun], 2007, 0:15
なんかちかちかする

中学校時代の実験室
ビーカーをガラス棒でかき混ぜて
ぐるぐるまわる中身を目で追っている気分

目が回ってくるわ
見てたものがビーカーの反対側に回る
反対側にあったのが手前に来る

目がちかちかちかちか

実験室の比じゃないかも
どちらかというとビーカーの内側かな

これはこの物質だよと判断するまもなく見えなくなってまた次のがめぐってくる
捕まえてじっと見てみればいいんだろうけどそれもなかなかできなくて
これは何なのと、尋ねる相手も目星はついてるけれどもそれも難しくて

もう疲れて目を閉じたくなる

おやすみなさいまた明日
目覚めてもまだ私はビーカーの中だろうけど
明日は入社以来の日曜日のお休みです。


妹たちへ 

June 13 [Wed], 2007, 7:34
学生である妹たちに今言っておきたいことは、
今のうちにいろんなことを考えておきなさいってこと。
働き始めてこのかた、何かをちゃんと深く考える余裕なんてなかなかない。

ちゃんと考えるのってある程度時間が必要。
休みが週2日間あったとしても(まあないけど)体を休めたり、やりたいことをこなしてたら物事を考える時間なんてないない。
とても短い単位の時間の中で自分を稼動させている。

学生時代にちゃんと自分の「考える」をストックしておかないとにっちもさっちも行かなくなるわ。
内容は多分なんでもいい。
もちろん将来のこととか優先順位はあるんだろうけど、けど何でもいいと思う。
思いをめぐらしてあれこれ自分なりの答えが得られているものが多ければ多いほどいいんじゃないかな。


社内イベント開催による連勤も次の木曜日の14日目で打ちとめになりそうです。
これがなかなかきつくって。
前回の13連勤はまだ普通の時間帯だからよかったのですが、今回はイベント設営のため朝2時起きでぶっ通し18時間肉体労働が10日目にあったのがかなりきつかった。
魂が抜けそうになるまで仕事しました。

けーどー、どういうわけかあんまり顔に出ないみたい。
いつも元気だねえって言われます。
そう思われるようにしているのが成功しているかと思うとちょっと嬉しい。
とりあえず笑っとくからなあ。

仕事はそれでも楽しいです。イベント中は仕方ないんです。
これでボーナスでてる様なもんなんで。
一番大きなお店が1ヶ月で作る売り上げを2日でとるための運営って言うのもやってて充実感があるし。
けどやっぱり任されちゃうと怖い。がちがちに肩がこって石みたいです。