【 更新情報 】

スポンサードリンク

税理士と相談

これから税務調査を受けることになるであろう事業経営者の方は、税務調査対策を万全にしておきましょう。
とくにはじめての税務調査は、ドキドキするものです。
しかし、大抵税務調査の前には、税務署から事前連絡があるものです。
そこで都合の良い日程を決め、税務調査が行われます。

税務調査対策として、まず税理士と相談し必要書類を用意しておきましょう。
また、税理士と契約がない場合は、会計事務所に準備と対策を相談し必要書類作成を依頼しましょう。
税務調査対策はこういった税理士、会計士といった方と密に連絡を取り合い、準備することがとても大切なのです。

経営状態や社員数、どういった事業で売上がどれくらいなのか…税務調査は厳格に行われます。
しかし、あらかじめきちんとした資料や税理士さんと打ち合わせの準備対策を整えておけば問題ありません。
まれに、予告なしに税務調査を受ける企業があります。
そういう場合の対策としては、税理士といつでも連絡とれる状態にしておきましょう。

税務調査は、実地調査までは連絡があっても現状調査は事前なしに行われる場合があります。
全ての面において「ありのままを回答する」という謙虚な姿勢が一番の対策といえます。


   

相続した人や贈与を受けた人

よく税務調査対象になる税金に相続・贈与税というものがあります。

例えば、莫大な資産を残して亡くなった方の家族がその資産を相続する場合は、税務署へ相続税の申告をしなくてはなりません。
それを踏まえて税務署は、申告されている内容に誤りや偽りがないか税務調査に入るそうです。

税務調査では、相続・贈与税では名義預金がポイントとなるそうです。
父と子という親子間であっても父の預金口座から子の口座へと多額の振り込みがあると、相続・贈与税にあたるのでは?といった追及が始まります。
これらは、よく「申告漏れ」という言葉で聞かれることがあります。
税務調査では、この相続・贈与税の申告漏れがないかどうか、というポイントを一番にみているようです。

税務調査では、現金、預金、土地といったものを調査します。
しかし、税務調査に申告した相続・贈与税の他に隠し金があった、土地の面積が違っていたとなった場合は、相続・贈与税申告漏れ!となってしまいます。

特に相続・贈与税は所得税より税務調査が厳しいと聞きます。
相続・贈与税専門の税理士にきちんと相談したあと税務署へ申告するのがベストといえますね。


    

企業は怖い重加算税

企業が不正な税申告をすると「脱税」となり、犯罪となります。
税務調査では、こういったことが起きないように企業がきちん正しい申告がなされているかということを調査していきます。

税務調査では税申告時に事業主が売り上げ金額を改ざんしたりすると本来納めるべき税+重加算税が負担されます。
重加算税は、二重帳簿作成、税務申告の改ざん、架空の人物が名義人であるといったことが行われていた場合、税務調査されます。
また、税務調査では消費税や源泉所得税といった重加算税においても不正を見逃しません。

税務調査対象となる会社としては、過去三年分の税務申告において不正があるかどうか、過去に重加算税を取られたことがあるかどうか、税務調査を10年間一度も受けてないといった場合などがあります。

重加算税基準は国税庁で定められています。
どのような行為が重加算税となるのか、事業者は日ごろからどういったことに心がけなくてはいけないのか把握しておく必要があります。
そして重加算税疑いで、突然の税務調査を受けても、拒否せず誠実に対応すれば相手への印象も変わりますし、今後注意すべき注意点も見出すことができるでしょう。

    

確定申告が必要な所得のある人

所得のある人にとって、確定申告は当然の義務になります。
毎年確定申告時期になると、税務署への申告をしなくてはなりません。

個人事業者であれば、法人事業者のように税務署で事業開始や内容を正確に把握していない場合があるので、収入が得られればきちんと確定申告を出しましょう。
収入があるのに確定申告をしないとは、税務調査対象になってしまいますよ。
最近は、税理士・会計士といった確定申告の専門家も税務調査に対応した確定申告書類作成を行っております。
個人事業者で税務調査が心配だ…。と思われる方は一度ご相談をしてみてはいかがでしょうか。
そうすれば税務署から確定申告後税務調査を行われたとしても、税理士・会計士を立ち会わせることでスムーズに話が運ぶこともあります。

それに経営が黒字であっても赤字であって税務調査対象になります。
なぜそういう経営になっているのかを税務調査では調べるとともに会社経営のお金の仕組みを厳しく追及していきます。

また、税務調査は事前連絡がありますが、突然の税務調査になっても慌てないように領収書や必要書類をきちんと整理しておけば問題ありません。
それから、毎月税理士さんと税務調査対策をしておけば確定申告もそれほど難しくはありませんよ。


   

個人事業主

秋は税務調査の多き時期であることご存じでしたでしょうか。

税務調査は、任意調査と強制捜査の二つがあります。
個人事業者であっても、事前に税務署からなんの連絡もなく、強制捜査に来ることもあります。

対象となるのは、個人製造業・卸売業、サービス業といった自由業なのです。
税務調査では、収益計上漏れ、事業主の個人的支出から接待費・交際費ということも細かく調査していきます。

個人事業者に強制税務調査が入る場合は、何かしらの不明な点を税務署で確信しているか、確定申告漏れがあると睨んでいるか等があげられますね。

このような突然の税務調査が来た場合、個人事業者は、契約している税理士や会計士がいれば、すぐに連絡をしましょう。
また、日ごろから経費にかかった領収書や必要書類などをまとめておき、第三者でもすぐに確認できるようにしておきましょう。

また、こういった税務調査に備えて個人事業者であっても、税務調査の知識は備えておくことが必要です。
個人事業者のための税務調査対策無料相談会などを利用してみるのも一つの手ですね。
それから信頼できる税理士さんに個人事業経営のノウハウや税務調査対策を指導してもらうこともよいでしょう。


   
P R