【COMPUTEX Taipei 2010】大手半導体6社、コンシューマー・デバイス向けLinuxの支援団体「Linaro」を創設 / 2010年06月06日(日)
 大手半導体メーカーの英国ARM、米国Freescale、米国IBM、韓国Samsung、スイスST-Ericsson、米国Texas Instruments(TI)の6社は6月3日、AndroidやMeeGo、Ubuntuなど、コンシューマー・デバイスで使われるLinuxディストリビューションの改良を支援する非営利のソフトウェア開発団体「Linaro」を創設すると発表した。

【詳細画像を含む記事】

 Linaroの目的は、エンタープライズ領域での成功に続いて、TVやタブレット・デバイス、スマートフォン、ネットブックなど、WindowsやSymbian、 Blackberry、iPhone OSなど大手企業のOSが優勢を占めるコンシューマー・デバイスの分野でもLinuxを広く普及させることにある。

 ARM Holdingsの上級副社長で、Linaroの暫定CEOを務めるトム・ランツシュ(Tom Lantzsch)氏は、台北で開かれた記者会見において、「創設メンバー企業6社は、年間数千万ドルの資金をLinaroに提供することを約束する」と語った。

  Linaroはあらゆる企業に門戸を開いている。メンバー企業はオープンソース開発リソースをLinaroに提供し、幅広いオープンソース・プロジェクトに貢献する。声明によると、LinaroはLinux Foundationとパートナーシップを組み、基本的な活動方針を一致させる。

 Linaroで活動するエンジニアは現在20人程度で、ランツシュ氏は、近いうちに100人以上に増える見込みだと語った。

  Linaroでは、創設メンバー企業が製造するチップ(主にARMコアを採用したチップ)に対応したLinux向けの開発ツールを作成する計画だ。スマートフォンなどの小型デバイス向けに設計されたチップは、チップも小型でなければならないうえに、Webやネットに常時接続するための膨大な技術を必要とする。半導体メーカーはしばしば、ソフトウェアによってチップの能力をさらに引き出すことができると指摘する。

 LinaroはARMとのつながりが密接な団体だが、Intelの参加も歓迎するとし、あらゆるプロセッサ向けのツールを提供する計画だとしている。Linaroが声明の中でその存在を強調した「MeeGo OS」は、IntelとNokiaが小型デバイス向けに開発したものであり、ARMやIntelのAtomなどのプロセッサをサポートしている。

  Linaroは、6カ月ごとにソフトウェア・ツール、カーネル、ミドルウェアをリリースしていくことを目指している。これらのソフトウェアは、あらかじめ幅広いチップに対して検証されたうえで配布されるため、デバイス・メーカーが製品の市場投入をスピードアップするのに役立ちそうだ。

 Linaroですでに行われているプロジェクトの例として、デバイス上でのLinuxディストリビューションの起動を高速化するカーネル技術に関するものがある。

(Dan Nystedt/IDG News Service台北支局)

[IDF 2010]インテル、中国で「MeeGo」をアピール――中国テンセントと協業で専用アプリを開発へ
[IDF 2010]インテル、Atom搭載スマートフォンに「Android」OSを移植
[MWC 2010]インテルとノキア、Linuxベースのモバイル向け新OSをリリース
ノキアとインテルが新たなモバイル・アーキテクチャの開発で協業
[IDF 2009 San Francisco]Moblin搭載ネットブックで反転攻勢を目指すLinuxコミュニティ 6月4日19時12分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000004-cwj-sci
 
   
Posted at 05:30/ この記事のURL
悪質PDFファイルが増加傾向、2009年には17%、2010年第1四半期には28%(マカフィー) / 2010年06月06日(日)
マカフィー株式会社は6月3日、悪質なPDFファイルとそれに関連するエクスプロイトがインターネット上に蔓延しているとして、その傾向を発表した。2007年から2008年までは2%にも満たなかったPDFの脆弱性利用に関連するマルウェアが、2009年には17%、2010年第1四半期には28%に達している。National Vulnerability Databaseにある、アドビ製品の脆弱性情報データベース(CVE)の記録においても、2009年に脆弱性情報が急増している。

また2010年1月1日から現在まで、アドビ製品の脆弱性が登場し続けており、このうち5件が「中」レベル、約30件が「高」レベルの脅威と評価されている。このうち修正プログラムによって対応した脆弱性は15件だ。さらに、同社が収集したエクスプロイトのサンプルでは、2007年から2008年初頭までは大半がHTML/iframe、WMF、DCOMの脆弱性に関係するものであったが、2009年以降はPDFの占める割合が急増している。


【6月4日12時5分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000005-vgb-secu
 
   
Posted at 05:27/ この記事のURL
セナ、左近との交代報道を否定。チーム代表「セナの今後に期待」とコメント / 2010年06月06日(日)
 今週、イタリアのメディアが、HRTはブルーノ・セナに代わって山本左近をレースドライバーに昇格させることを検討しているのではないかと報じたが、セナがそのウワサを否定した。また、チームプリンシパルのコリン・コレスは、セナが今後いい仕事をしてくれることに期待していると述べている。

 イタリアのアウトスプリント誌は、HRTはセナの代わりにテスト&リザーブドライバーの左近を走らせることを検討していると報じた。しかしセナは twitterを通じてファンにメッセージを送り、このウワサを否定した。セナは以下のようなツイートを投稿している。
「みんな、たくさんのツイートありがとう。インターネットで言われているウワサは本当じゃないからね。カナダを楽しみにしている。じゃあまたね!」

 またチーム代表のコレスは、3日、チームの公式サイトで発表したインタビューで、レースドライバーのカルン・チャンドックとセナについて、次のように語っている。
「カルンとブルーノはとても才能のある若いドライバーで、シーズン序盤戦を通して成長してきた。ブルーノはイスタンブールの予選でとてもいいパフォーマンスを見せたし、カルンはモナコでいいレースをした。残念ながらブルーノは燃料のピックアップのトラブルで、カルンはレースアクシデントで、それぞれいい結果を出せなかった。ブルーノとカルンが今後のレースでいい仕事をし、チームの全体的なパフォーマンスが向上することに期待しており、またそうできるという自信も持っている」

 また、テスト&リザーブドライバーの左近とクリスチャン・クリエンについてコレスは、「(金曜フリープラクティスで走行し、)ふたりともいい仕事をしてくれた。エンジニアがより多くのフィードバックを得ることができた」と語っている。

[オートスポーツweb 2010年6月4日] 6月4日19時1分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000003-rcg-moto
 
   
Posted at 05:25/ この記事のURL
<自転車>シマノの野寺秀徳が全日本選手権を最後に引退へ / 2010年06月06日(日)
 シマノレーシングのキャプテン野寺秀徳(34)が、6月27日に広島県立中央森林公園で開催される全日本選手権で現役を引退すると発表した。野寺は1998年からシマノレーシングに所属。2005年と2008年に全日本チャンピオンとなり、2002年にはジロ・デ・イタリアで完走した。人望が厚く誰からも好かれる人柄だけに、引退を惜しむ声もあるが、
「最後のレースとなる全日本選手権の優勝を目指して走ります」と語っている。

野寺秀徳のコメント
「6月27日の全日本選手権を最後に現役生活に終止符を打つことになりました。突然のことと驚く方もいるかと思いますが、私の中では以前から決めていたこと。今回のレースを一つの区切りと考えた上で、決断しました。これまで支えて下さった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
 プロのレーサーは引退しますが、自転車をやめるつもりはありません。私は、この乗り物の上で勇気をもらい、人との出会いを与えてもらい、いろいろなことを教えてもらいました。幼いときからすでに生活の一部、体の一部のようなものでした。これからもそれは変わりません。
 まだ決まってはいませんが、今後はレースの現場にもなんらかの形で携わることができると思います。ただ、今はまだ現役の選手。最後の瞬間まで、これまでどおり仲間とともに勝利を目指し、レースに向き合っていきたいと考えています。
 6月27日もこれまでのレースと変わらない応援をよろしくお願いします」 6月5日9時4分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000001-cyc-spo
 
   
Posted at 05:24/ この記事のURL
ビキニ美女いきなり登場で大混乱!「ミス・ビキニ」たちが高級車で―北京市 / 2010年06月06日(日)
2010年6月4日、先月末に行われたミスコン「第35回ミス・ビキニ・インターナショナル」の入賞者が、ビキニ姿で北京市内に登場。都会の街中をにぎわせた。新浪網が伝えた。

「ミス・ビキニ・インターナショナル」は1972年にスタートし、今年で35回目を迎えた世界的な老舗ミスコン。今年は64の国と地域からビキニ自慢の美女が中国に集まり、海南省三亜市で先月29日、最終決戦が行われている。

【その他の写真】

この日はグランプリを受賞したルーマニア代表のダイアナ・イリナ・ボアンカさんや「春」「夏」「秋」「冬」それぞれのミスに輝いた4人ら、上位入賞したビキニ姿の美女13人が北京で一番高いビル・銀泰中心(パークライフ)前に登場。高級車に乗って市民たちの前に姿を見せ、野次馬が殺到する中を交通整理の警察官も大量投入され、付近を混乱に陥れた。(翻訳・編集/Mathilda)

【6月6日0時4分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 05:22/ この記事のURL
古田新太 女装を褒めちぎる共演陣に懐疑心「そういう作戦?」 / 2010年06月06日(日)
映画『シーサイドモーテル』の初日舞台挨拶が6月5日(土)、東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われ、主演の生田斗真らが出席。シークレットゲストで古田新太が“女装”し花束ガールを務めた。

【関連写真】この記事のほかの写真


同作は、場末のモーテルの4つの部屋に宿泊したワケありの男女11人による一夜の騙し合いを描くアンサンブルドラマ。生田さんのほか、麻生久美子、山田孝之、成海璃子ら豪華キャスト8人と守屋健太郎監督が勢揃い。

初日を記念して生田さんらに花束を手渡すとして花束ガール3人が入場するが、3人目は金髪カツラを付けてガールに化けた古田さん。爆笑が起こる中、古田さんはシレッと生田さんに花束を手渡すと、共演陣からの「ちょっとちょっと」、「おっさん!」などの声を振り切り、そのままスタスタと退場した。カツラを外して再登場すると、劇中で女装させられた社長役を演じているにもかかわらず「何であのカツラを被ったのか、自分でもよく分かっていません」。本作についても「えっと『告白』ですよね?」と同日公開の松たか子主演作のタイトルを挙げ、Wボケで会場の笑いを誘った。

キャスト陣がそれぞれ感じた面白シーンを挙げるところで、生田さんから「古田さんの女装。すごく可愛かった。この風貌で本当にすごく可愛くて」と褒められ、古田さんは「僕、女装が可愛いことは知っていますから、自信満々でやりました」と大見得切り。続く麻生さんにも「古田さんがふり返るシーンが可愛かった」と熱視線を送られ、「僕、知ってますから、自分が可愛いこと」とサラリ。さらに成海さんからも「古田さんの女装が可愛かったです」と言われると、「そういう作戦なワケ?」と苦笑いで共演陣へ疑惑の眼差しを向けた。

一方で、山田さんはこの日、発言のほぼ全てをボケ倒し。冒頭の挨拶では「僕、文章を書くのが好きで、連載をやらせてもらっているんですけど、最近、斗真くんが同じ雑誌で連載を始めて。字っていいな」と同作と無関係のトークを展開し、生田さんから「何の話をしているの?」と突っ込まれると「あ、間違えました」と謝罪。見どころについても「103号室で最後、まさか壁を突き破って、ターミネーターが出てくるとは思いませんでした」と虚言を炸裂。生田さんに「そんなシーン、ねえよ!」と叱られていた。

『シーサイドモーテル』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。

(photo/text:Yoko Saito)


【関連作品情報】
シーサイドモーテル
 2010年6月5日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
 © 2010「シーサイドモーテル」製作委員会

【関連ニュース記事】
松尾スズキ×『シーサイドモーテル』監督の対談を独占配信! 田辺誠一のメッセージも
麻生久美子インタビュー 「変な役は好き」だけど今回の登場ポーズは「恥ずかしい…」 6月5日13時35分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000002-cine-movi
 
   
Posted at 05:20/ この記事のURL
アートコーポ会長が辞任 / 2010年06月06日(日)
 「アート引越センター」を運営するアートコーポレーションは4日、創業者の寺田寿男会長(64)が辞任したと発表した。取締役も同日付で辞任しており、相談役に退く予定。 6月5日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000001-fsi-bus_all
 
   
Posted at 05:17/ この記事のURL
ホンダ中国工場のストライキ、日本企業への警鐘に―米紙 / 2010年06月06日(日)
2010年6月1日、米紙ニューヨーク・タイムズは「中国のホンダ事件が日本への警鐘に」と題した記事を掲載し、中国で発生したホンダ部品工場のストライキが、安価な労働力を求めて中国へ進出している日本企業にとって中国との関係を再考する機会となっていると指摘した。4日付で環球時報が伝えた。

中国経済に詳しい東京大学の教授は「日本は中国の低労働コスト時代が終わりに近づいていることに気付き始めた。コスト削減のために中国に目を向けていた企業は方向転換する必要がある」と指摘する。しかし一方で、労働コストの上昇は生産コストに影響するものの、中国人の給料や生活水準の上昇につながり、日本の輸出企業だけでなく、現地で生産・販売する日本企業にとってもプラスとなる。

【その他の写真】

現在、中国の自動車市場は世界のどの国よりも堅調で、日本や欧米の市場が低迷する中、日本の自動車メーカーにとって大きな成長が望める数少ない市場とも言える。今年4月、中国に工場を構える日本の自動車メーカー6社のうち、5社の生産台数が過去最高を記録した。ホンダの伊東孝紳社長は「予見可能な未来において、中国の自動車市場の勢いは減退しないだろう」と語っている。

ただし、日本メーカーの中国での販売台数は伸びているものの、小型車や低価格車が少ないため、ライバルとの厳しい競争にさらされている。例えば、中国で最も安いホンダ車は1.3Lタイプの「フィット」で、価格は約8万3000元(約112万円)。一方、中国メーカー・奇瑞汽車(チェリー)の販売する超小型車「QQ」の1.3Lタイプはその半額程度に過ぎない。中国人の平均月給2050元(約2万7600円)で計算すると、QQは19か月分の給料に相当し、フィットなら40か月分にもなる。2.4Lのホンダ「アコード」の中国での販売価格は約3万5000ドル(約322万円)で、一般の中国人の購買能力を大きく超えている。

今回のストライキの原因は、給料の低さだけでなく、日本人社員との給料格差にもあり、日本人の給料は中国人の50倍にも達しているとされた。専門家は「日本企業は中国での雇用形式を変更する必要に迫られている。中国人労働者に日本人と同等の給料、福利厚生、昇格の機会を与える必要がある」と指摘している。(翻訳・編集/HA)

【6月5日22時27分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000023-rcdc-cn
 
   
Posted at 05:15/ この記事のURL
横浜市議泉区補選、期日前投票は5773人 / 2010年06月06日(日)
 横浜市選挙管理委員会は5日、横浜市議泉区補選の5月29日から6月4日まで7日間の期日前投票の集計を発表した。

 投票したのは5773人で、区内の有権者12万5772人(告示前日の5月27日現在)に対して約4・6%。

 衆院選後の昨年10月に行われた同市議栄区補選の期日前投票(7日間)は6249人(告示前日の同区有権者比約6・0%)だった。

【6月5日23時30分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000031-kana-l14
 
   
Posted at 05:14/ この記事のURL
ネット情報すべて解析する技術 利用者から「使用やめろ」の大合唱 / 2010年06月06日(日)
 ネットにつなぐたびに、自分の閲覧したウェブサイトや購入した物品の情報が、知らないうちにネット接続業者(ISP)に解析される――。この「ディープ・パケット・インスペクション」(DPI)という技術を用いた広告の配信が、物議をかもしている。

 DPIが認められると、たとえ利用者本人が知られたくないような情報でも、ネット接続すればISPが把握、蓄積することになる。総務省はDPIを検討し、提言をまとめたが、利用者側からは「やめてほしい」との声があがっている。

■知られたくない情報も解析される恐れ

 「Amazon」のようなショッピングサイトを訪れると、自分で検索したわけでもないのに「あなたにおすすめの商品はこれです」と表示されることがある。代表的なものが「行動ターゲティング広告」。サイトにアクセスした利用者に、サイト側で「クッキー」という技術を使って識別番号を付ける。以後、同じ利用者がアクセスするたびに、そこで検索や購入した商品の情報を蓄積していき、それを基にして本人の好みに合った「おすすめ商品」を提示するという仕組みだ。

 これは特定のサイト上での行動履歴に限られる。一方DPIは、ネット上の利用者から伝送されるパケット(小さいデータの塊)をISPが解析、蓄積する。技術的には、閲覧したサイトや電子メールの中身などを解析することが可能だ。サイト単位ではなく、ネット通信中のさまざまな「振る舞い」を記録されるので、そこで得られた情報を言わば「ネット横断的」に広告へと応用できる。例えば、初めて訪れたサイトでも自分の「おすすめ」が表示されることも考えられる。

 だが、必ずしも見られたくない情報をISPに握られ、広告に利用されることに嫌悪感を示す人も少なくない。2ちゃんねるを見ると、

  「契約してるプロバイダがこれやったら即刻変えるわ」
  「当然のように悪用され、尚かつ情報のだだ漏れが起こるな」
  「通話先の人が録音するのと、途中で盗聴して録音するのの違い 電話において前者は合法、後者は違法」

など、DPIに反対する声で溢れた。

■「容認した事実はありません」と総務省

 総務省は、DPIを含む新しい情報通信技術に関するサービスの諸問題を検討するため、研究会を開催。2010年5月26日に「第二次提言」をまとめ、公表した。DPIについては、「今後の展開が期待される技術」としながらも、通信の秘密の保護との関連について検討。通信の秘密は憲法第21条で保護されており、電気通信事業法第4条第1項で「電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない」と規定している。提言によると、DPI技術を活用した行動ターゲティング広告の実施は、利用者の同意を得ない限りは通信の秘密の侵害に該当するという。具体的には、ISPがパケットを解析するのは、通信当事者以外の第三者が積極的意志をもって通信の秘密を知りえる状態に置く「知得」に、また解析結果を広告配信に利用するのは、発信者や受信者の意思に反して自己または他人の利益のために用いる「窃用」にあたるためだ。

 だが通信の秘密は、通信当事者の同意があれば侵害とはならない、とも書かれていた。こうなると、同意があればDPI技術を利用してよいと読み取れなくもない。総務省はDPIによる行動ターゲティング広告を容認したのだろうか。総務省消費者行政課に取材すると、「そのような事実はありません」と明確に否定した。

 同課によると、そもそも「提言」は、DPIの課題を研究会で検討した内容を整理したものに過ぎず、この段階で「容認した」という類のものではない。それを踏まえたうえで、「同意」の内容について大変厳しい解釈を示していると主張する。例えばサイト上での周知だけ、契約約款に規定を設けるだけでは「同意あり」とはみなさないという。一方で、ISPと新規契約する際の契約書に、「行動ターゲティング広告への利用を目的として、DPI技術を使って通信情報を取得することに同意する」という欄を設けた場合は、「個別かつ明確な同意」として認められるという。仮に同意した後でも、「やはりDPIの使用はやめてほしい」となれば簡単に中止を求められる「オプトアウト」の機会を提供するよう、ISPに求めるとしている。これらは、「一部の法学者から『厳しすぎる』との声があったほど」(消費者行政課)高いハードルだという。

 原口一博総務大臣は6月1日の記者会見で、「いかなる状況についても、通信の秘密が侵害されてはならない」と強調。消費者行政課でも、提言は解釈を示したもので、今後さらに慎重に検討を重ねていきたいと繰り返した。総務省へのパブリックコメントも、DPIの使用に反対する意見が多く寄せられたようで、今後も論議が続きそうだ。


■6月5日18時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000003-jct-sci
 
   
Posted at 05:12/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!