眼圧の日内変動について

October 06 [Mon], 2014, 6:18
眼圧とは、眼球を常に一定に大きさや形に保つ為に、眼球内を満たす眼内液の圧力の事です。人の眼圧は常に上下に変化しており、この事を日内変動と言います。いつ高いか低いかは人により異なっていますが、大体夜間や寒い時期になると高くなり、座っている時よりも寝ている時の方が高くなりやすいと言われています。眼圧が高くなりすぎると緑内障を発症するケースが多いので、緑内障が疑われる場合には定期的な診察と治療が必要となります。緑内障の治療として、数値を小さくする事で、症状の軽減や病状の進行が進まない事が近年の研究でわかり、低ければ低い程視野障害の進行リスクが10%も下がるので、早期発見と早期治療が重要になっています。また、緑内障の点眼治療や進行を抑えたい方に対して、日内変動検査を1泊入院し、前日午前から翌日の午後まで2〜3時間事に座る姿勢と寝た姿勢で測定し、昼夜の差と姿勢の差によって点眼薬の種類や時間を決定し、治療を行います。m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こうzco6dph7
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zco6dph7/index1_0.rdf