大腸がん(食生活の変化などに伴って、
2014.04.15 [Tue] 06:45

大腸がん(全体の95%が腺癌だといわれています)は再発、転移しやすい疾患なのです。

大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)が再発する確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)は、約30〜40%ほどです。

10人に3〜4人が、再発を経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)する事になりますので、確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)としたら高いと言えるでしょう。

そして、手術を行いから2年から3年経過した後に、再発するケースが多いようです。

そのため、手術後は定期的にがん検査を受ける必要がありますね。

また、大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)は肝臓や肺に移転しやすいといった特徴があります。

肝臓に転移する確率(宝くじに当るよりも交通事故に遭う方が高いらしいです)は、11パーセント前後だといわれていて、肝転移した場合は、手術が出来る状況であれば、肝臓の手術を行うのです。

もし、手術ができる状況ではない場合には、化学療法を行うのが一般的です。

手術をした場合、約40パーセントの確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)で成功するとされています。

肺に移転する確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)は、約2パーセントです。

こちらも、手術を行った場合には、約四十パーセントの確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)で助かるですね。

手術が出来ない場合、肝転移と同様に化学療法を行うことになります。
 

何かしらの原因(どうがんねってもわからないことも
2014.03.28 [Fri] 06:49

膝痛と関節炎の関連性についてかと言って、密接な関係にあると言う事が出来ます。

膝痛が起こる原因としては様々あるといわれていますが、最も多いものとして関節の軟骨が磨り減ることによるものが挙げられるでしょう。

関節炎とは、何かしらの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)により関節の部分に炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)が起こり、熱や痛みが出たり、腫れ上がったりする疾患なのです。

関節は、肩や肘、足首や腰(股関節)、指や手首(ブレスレットや時計などで装飾することも多いものです)など、身体の様々な部位にあります。

勿論、膝にも関節があるでしょうか。

関節は骨と骨の間にあって、骨を繋ぎ合わせる役割を持っているのです。

その上、関節部分に存在している軟骨は、骨と骨が直接ぶつかり合わないようにしています。

加齢や体重の増加等によって関節に負担が掛かって、軟骨(加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます)がすり減り、骨と骨がこすれ合ったり、骨そのものが形がかわったりすることで炎症を起こすのが関節炎です。

膝痛は、どのような時に起きたかによっては異なりますよが、関節炎によるものがほとんどと考えられているようです。

以上の事から、膝痛と関節炎は非常に関係性があるといえると思います。
 

病気(先天的なものも少なくないでしょう
2014.03.09 [Sun] 06:57

一見すると特に体に何か異常がある訳でもないのに、会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)などと言ったコミュニケーションをはかろうとすると、上手に言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)を発声する事が出来ない。もしくは、会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)に必要である単語(効率よく覚えるためにはそれなりのコツがありますよね)をすぐにおもいですことができない等の症状がある病気(先天的なものも少なくないでしょう)をコミュニケーション障害といいます。では、一体、脳や聴覚(若い人にしか聞き取れない音を利用したモスキート音が一時期話題になりました)などに問題が起こっていないのに、どんな風にコミュ障だという事を判断するものなのでしょうか。手軽に言ってしまえば、健康な人と患者さんとの会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)や行動の違いを比べて、コミュ障かどうかを判断していきます。最も判断しやすいのが会話(これが上手だとモテるなんてよくいいますね)ですので、ここではいくつか、会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)でのチェックポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)をあげてみたいみたいです。幼児期や小児期に会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)の流暢さを判断するのはむずかしいとは思いますが、周りの同じ年齢の子達と比べてみましょう。同年代の子達と同じような発音・発声でちゃんと会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)をして、コミュニケーションをとれているかどうかがポイントでしょう。青年期を過ぎてからコミュ障かどうかをチェックするポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)は、幼児期や小児期よりも分かりやすいはずです。例えば、自分が思っていることを相手に伝える時に、しっかりと筋道を立てて自分の思っている通りに会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)をすることができていますか?あなたの言いたいことがなかなか単語(何度も復習して、しっかりと脳内に定着させることが肝心です)が出てこなくて伝えることができなかったり、こういった事をコンプレックス(精神分析用語の一つで、劣等コンプレックスということもあります)に思い、会社で発言できなかったり、人と目を合わせて会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)をすることが苦手だったりしていないでしょうか?上記みたいなポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)も、コミュ障かどうかを判断する為には大きなポイントになってくるのです。
 

人間が生きていくうえですごく
2014.03.01 [Sat] 09:54

人間の臓器の中で、一番大きいという名前ののが肝臓です。肝臓は、有害物質の解毒作用や免疫機能(免疫力が低下する原因として、ストレスや食生活、生活習慣、抗生物質や薬の服用などが上げられます)作用、生命活動に必要な栄養素の代謝や合成など、人間が生きていくうえですごく重要な働きをしています。しかしながら、現代は、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)や飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)、食品添加物(食品を調理したり、加工する際に加える物質をいいます)の入った食べ物など、肝臓にダメージを与えやすい生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送っていらっしゃる人がほとんど。いかに再生能力のある肝臓と言えども、負担をかけやすい生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)をしていたのでは、肝臓が悲鳴を上げてしまうのです。そこで、近年注目されているのが、肝臓をケアできるサプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)です。いろいろな成分が配合され、肝臓の機能をお手伝いしてくれるでしょう。そんな肝臓のサプリメントには、どんなものがあるはずです。
・肝パワー(スポーツなどでは、瞬発力だけでなく、持久力も必要とされますね)Eプラス(ステラ漢方)
・すっぽん小町(ていねい通販)
・セサミEプラス(サントリー(鳥井信治郎さんが明治32年に、葡萄酒の製造販売を行う鳥井商店を創業したのがその始まりだそうです))
・白井田七(サクラフォレスト)
・やずやの香醋(やずや)
・やわたの熟成大蒜卵黄(やわた)
・伝承大蒜卵黄(サンプロジェクト)
・万田酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。全ての生命活動に不可欠な物質です)(万田発酵)
・熟成爆砕黒にんにく(ユニチカ)
・えがおの黒酢(えがお)
他にも、まだまだ多く存在しています。特に高い人気を誇っているのが、「肝パワーEプラス」「すっぽん小町」「セサミEプラス」「えがおの黒酢」など。これらはテレビCM(コマーシャルともいいますね)で宣伝されてあったり、あちこちのメルマガで紹介されていたりする為、目にする機会が多い商品だと言えます。弱った肝臓や疲れた肝臓を治すためには、休養をとることと十分な栄養をとることがポイント。どうしても栄養が偏りがちになり易い現代人にとって、サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)は健康維持に必要不可欠な物と言えますよね。特に、健康な肝臓維持の為にはお勧めですよね。