プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zcctvcktoxaxse
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
電機、自動車業界に続きアパレル業界でも勢いを増す中国企業 / 2010年06月25日(金)
 中高年の方なら「レナウン娘」のCMソングを覚えている人もいるだろう。アパレル業界で長くトップの地位を占めてきたこのレナウンだが今年5月、中国の繊維大手「山東如意科技集団」の傘下に入ることが明らかになった。かつて日本の繊維産業は、世界でもトップクラスの存在だったが、近年では東南アジアや中国などの台頭により、価格競争が激しくなり、厳しい状況に陥っている。

 一方、アパレル業界全般に目を向けると、全てが苦境に陥っているわけではない。ファストファッションと呼ばれる企業、国内であればユニクロを運営するファーストリテイリング、海外であればGAP、FOREVER21、H&&Mなどの企業は好調だ。

 これらの企業が取っている手法がSPA(製造小売)方式である。企画、製造、販売までを一括して手がけることにより、低価格化と素早い消費者ニーズの対応を可能にする。各社によって多少の違いこそあるものの、低価格の衣料品を大量生産・大量販売するシステムを取っており、商品供給サイクルを短期間にすることで、在庫を抱えるリスクを最小にしながら、確実な利益確保を目指している。

 その意味で、低コストで生産できる体制を持つ中国の繊維・アパレル関連企業が、今後、ファストファッションに進出してくる可能性も大きい。電機業界や自動車業界で繰り広げられているように、アパレル業界においても、中国などの新興国の企業が、外国製品の下請けにとどまらず、企業買収などを足がかりに、独自のデザイン力やブランド力を付けることで、さらなる競争の激化につながりそうだ。

【6月25日18時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 18:41/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!