輸液の謎をつきとめる

December 03 [Tue], 2013, 18:10
看護の基本の一つとして、十分な基本知識と技能を得て初めて実施できる医療行為といえるでしょう。
看護師が点滴して管理することが日常茶飯事の行為です。
右半身の麻痺なら左側から、左半身の麻痺なら右側から、下半身麻痺なら上半身からと言った具合に対応します。
点滴はその目的によって、様々な種類の薬液を投与することになっています。
医療の現場でよく行われる点滴ですが、風邪のときにする点滴や循環器障害や肝障害などの治療のための点滴など、さまざまなものがあります。
医師が静脈路を確保する方法を見学するのも勉強になります。
そこへ点滴によって余計な成分が入り込むと、余計に血流やリンパの流れを悪くしてしまいます。分あたりの滴下数を調べたら、実際に1分間カウントして確認しましょう。
患者さんの健康状態を調べて治療に当たるわけですが、説明するのは医師の役目です。
看護師が点滴する場合は、点滴するためのセットの基本的な組み立てから始まりますので、患者に対して不快な思いや不安な思いをさせたりせず効率が良く、しかも安心感を与える行動を起こしたいものです。
輸液の管理は適当にすることなく、チェックしながら進めてください。
実際に行為に及ぶ前に、先輩看護師に確認するなどして問題のないようにすることも一つの方法です。
看護師のための輸液絵巻
看護師のための輸液口伝
看護師のための輸液推論
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zbkegrgr
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zbkegrgr/index1_0.rdf