プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zbbpomjzlefduk
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
“Z”の品格――LED REGZA「Z1シリーズ」(後編) / 2010年07月13日(火)
 映像ファンを中心に高い支持を得ている東芝REGZAの“Z”シリーズは、ほかのシリーズと何が違うのか。前回に続き、この夏の新製品「Z1」が持つこだわりの機能について開発担当者に詳しく話を聞いた。【聞き手:芹澤隆徳,ITmedia】

【拡大画像や他の画像】

――Z1シリーズだけの画質向上機能がいくつかあります。まず「オート・ドット妨害とクロスカラー除去」について教えてください

住吉氏: サイドパネルのあるCMや番組(4:3)で多く発生するドット妨害やクロスカラーを除去する機能です。例えば、もともとSDで撮影したCMを拡大して(アプコン)放送するケースがありますよね。元映像がコンポジットビデオで作られていた場合などでは、元の映像に入っていたクロスカラーやドット妨害を放送局側で除去できないまま送られてきているケースが結構多いものです。

 そこで、映像から自動的に黒帯(サイドパネル)を検出し、その信号に対してはドット妨害やクロスカラーを除去する機能が働くようにしました。例えば、Z1シリーズとRE1シリーズで同じCM(SD撮影のもの)を流してみたりすると、画質は圧倒的に違います。

――「MPEG圧縮フレーム解析高画質処理」というのはどのような処理ですか?

住吉氏: MPEG圧縮フレーム解析高画質処理は、今回のZ1シリーズで初めて搭載した機能です。デジタル放送で使われるMPEG圧縮は、15フレームを1サイクルとして圧縮しています。この1サイクルには、情報量は多いがノイズの影響を受けやすいIピクチャー、ややぼやけがちなBピクチャー、動きの影響を受けやすいPピクチャーという3タイプのフレームが含まれます。今回、Z1シリーズでは、この3タイプの画質に違いのあるフレームに対して、それぞれ最適な超解像処理を行うことで、レゾリューションプラスの効果を最大限に引き出すことが可能になりました。

住吉氏: 例えば暗い場所で撮影してノイズが発生すると、MPEG圧縮時にビットレートを食われてしまいます。しかも、Iピクチャーだけはノイズを含むのに、B/Pフレームから作ったフレームには含まれないことがあります。その結果、15フレーム/約0.5秒おきにノイズがパッパッとストロボのようなフラッシングのノイズになって見えてしまう。デジタル放送特有のノイズなので、アナログテレビに慣れた人には非常に不自然に見えるでしょう。そこを改善しようとしたのが、この機能です。

 ノイズが多ければ、3次元ノイズリダクションの効き方を全体的に上げるといった方法で対処するのが普通ですが、そうすると動きがあるときにディティールが見えなくなることがありました。対して、新しく開発したLSIには、MPEGのデコーダーとヒストグラム検出、MePという高画質化処理、超解像、3次元ノイズリダクションが同一チップ上にのっています。つまり、今、デコードしようとしているフレームが、Iピクチャーなのか、Bピクチャーなのかといった情報(デコード情報)を取得できます。さらにヒストグラム検出により、ピクチャーごとのヒストグラムやフレームごとの差分ヒストグラムを見ているため、総合的に対応できます。

――総合的な対応といいますと?

住吉氏: 例えば、Iピクチャーのところだけノイズが多かった場合、Iピクチャーにだけ3次元ノイズリダクションをかけるといったことができます。15フレーム中、かけるのは1フレームだけで残りの14フレームにはかけませんから、動きボケも発生しません。また、ノイズを強調する可能性があるので、Iピクチャーには超解像処理をかけません。そのほかのピクチャーは、ノイズは少ないけど高域成分も少ないので、超解像処理を強めにかけるといった具合です。

 ピクチャーごとに3次元ノイズリダクションと超解像の効果をリアルタイムに変えることができるのは、上記のように同じLSIに3次元ノイズリダクションと超解像機能が入っているためです。これにより、ノイズは低減しながら、細かいディテールもちゃんと出せるのです。

 ただし、ここ(コアLSI)で使用する3次元ノイズリダクションは、先ほど説明した「画像パターン検出型」ではありません。使い方としても、全体が暗いシーンのノイズを抑える程度にとどめています。また超解像も本当に微小な領域での処理だけを行います。

――それはなぜでしょう

住吉氏: 通常の超解像処理やノイズリダクションは、先ほど紹介した別チップで行うからです。それぞれ同じような機能はあるのですが、性能と入ってくる映像の質によって使い分け、最適化することにより、最終的にはS/Nが良くて精細感もある映像が実現できました。

――2つのチップを使って、2段階でノイズリダクションや超解像処理を行うわけですね。しかし製品発表時には、「MPEGのフレームタイプによって最適な超解像処理を行う」としか言っていなかったと思います

住吉氏: そうですね。実は、製品発表の時点では、私の頭の中で「効くはずだ」という理屈のもと、ソフト開発を依頼していた段階でした。実際にやってチューニングしてみたところ、圧倒的な効果があり、採用を決めたという事情があります。このため、まだあまり知られていませんが、ぜひアピールしたい点です。

 基本的には、REGZA側でMPEG-2 TSをデコードするケースに対して働きますから、放送のリアルタイム視聴や放送波を録画したレコーダー/NASからDLNA経由でストリーミング再生するときに動きます。つまり、HDMI入力では使えません。レコーダーで録画した放送番組をなるべく高画質で視聴したいという方は、TS録画して、DLNAを使ってREGZAに映し出すという方法にすると、この機能を利用できます。

●映像モードの整理と変化

――映像モードの変化についても教えてください。Z9000まであった「映画プロ2」がなくなり、それぞれのモードについてのコンセプトも変わったと聞いています

住吉氏: 本来は「おまかせ」モード(おまかせドンピシャ高画質)ができたときに整理するべきだったのかもしれません。あのときは従来の映像モードを継承したので、今回、改めて映像モードを整理しました。

 例えば、「映画」モードは、部屋の照度を200〜300ルクスに落としたときに最適なモードでしたが、「おまかせ」モードでカバーできるのでなくしました。「映画プロ」は映像マニアや評論家をうならせるモードで、間接照明程度の明るさがある視聴環境を想定しています。従来(Z9000)の映像モードでいえば、「映画プロ2」相当ですね。

 Z1シリーズでは、映像モードごとに調整結果をメモリーできるようになりました。従来は、お客様がこだわりの調整を行うと「メモリー」というモードに保存されていましたが、後で何のモードをベースに調整したかが分からなくなっていました。今回から各映像モードに調整を加えた場合、各映像モードの横に「・メモリー」と表示されるのですぐに分かります。

 また、入力端子ごとに好きな映像モードからチューニングした値を保存できるようになりました。例えば「HDMI1」という入力に対して、「映画プロ」モードをベースにチューニングしたものを割り当てたり、「HDMI2」という入力に対して「標準」モードをベースにチューニングしたものをメモリーするといった具合です。

――とても便利ですけど、メモリを食いそうですね

住吉氏: とんでもなく増えてしまいましたね。社内から苦情が来たくらいです(笑)。

 ただ、ここまでこだわった映像モードを持っているのに、それが入力端子ごとに設定できないのは、やはりおかしい。接続するプレーヤー/レコーダーによっては特有の絵作りなどもありますから、同じ絵を出そうと思えば入力端子ごとに値を変える必要があります。今回は、各入力端子でそれぞれの映像モードを調整して保存できますので、メモリー数はとんでもなく増えています。

――最後に、開発者から見たZ1シリーズの評価を聞かせてください

本村氏:テレビの映像エンジンは、ハードウェアとソフトウェアで決まります。「メタブレイン」という映像エンジンは、Z8000以降、メインのLSIは変わらず、周辺に超解像処理のLSIなどを追加して機能を進化させてきました。しかしZ1シリーズでは、これまでの進化の延長線上ではなく、新たに1からLSI作り、“次世代レグザエンジン”と名付けました。

 このため、いままではハードウェアの限界でできなかったことも大胆に手を入れることができました。とくにZ1シリーズの場合はコアLSIを2個使用して、さらに周辺チップも加えています。今後は当然、これを進化させることになります。3D時代になってもこのエンジンで展開していくつもりです。

住吉氏: エンジン以外では、全機種IPSパネルを採用し、パネルそのものも改善されている点に注目してほしいですね。とくに階調性が非常に良くなったという点は、われわれも実感しています。さらに47V型以上は視野角改善のフィルターも搭載し、精細感も上がっています。バックライトのエリアコントロールも可能になりましたので、IPSパネルの欠点といわれるコントラスト感もかなりの部分を補えるようになりました。

 よりコントラスト感、精細感のある映像になり、IPSの良さである階調性などもうまく生かされています。Z1シリーズは、Z9000シリーズの後継ですが、「かなりステップアップした後継機」になったと思います。かなりご満足いただけるはずです。

 また、音に関してもCELL REGZAで培ったノウハウを導入してかなり良くなりましたから、全体としては非常にバランスのいいテレビになりました。私自身も「47Z1」が欲しいと思っています。

【7月12日19時1分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000080-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 07:55/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!