幻水2日目

February 28 [Tue], 2012, 8:00
どうもどうも、金曜日数年ぶりに頭が痛くなった方の私です(挨拶ぱくり)。

普段頭が悪いのを嗜んでいるせいか、痛くなる事があまりないのでうろたえました。1回目は昼間久々に長時間PCに向かった後にすぐさまPS2のコントローラーを握っている最中に。「なんだろう……あと一個で極上の皮が9枚揃うのに気分が優れない」と思っていたら頭が痛かったのでした。

聞いたことある。これがゲームをしている時に起こったらすぐさまゲームをやめた方がいいという説明書に書いてある108つの必殺技症状の1つ! と電源をオフにしてトドの様に横たわってみたのですがあまり改善されない。寝方が悪いのかなとアザラシの様に横たわってみるも今一つ。うつ伏せスタイルに替えてしばらくじっとしてふと時計を見ると出勤時間だったので慌てて飛び出したら家に忘れてきてしまったのでした。

で、たまたま蝶残業になってしまった上にあんなことやそんなことがあったので「今日はお弁当かちまちましたものを買うか外で食べるというのはどうでしょうか」と夫にメール。外で食べましょうという事に。そしたら、またワカメを食べている最中に頭痛が。(また、はワカメにかかっている訳ではありません)

天真爛漫で素直な性格なので書く仕事が(隠しごと、です。いや、生業にはしてないですけど趣味でこんなことしてるからその指摘は知ってるけど、ちょっとへこむよ、ヤプログェ……)できないらしく「どうかしたの? 顔」と指摘。

あ! そうか、あれは表情が優れないけれどどうかしたのか? という意味ではなくて、顔がおかしいですよ、いつもですけど。という確認だったのかもしれません。しまった。しなくてもいいカミングアウトをして心配をかけてしまったのかもしれませんね。

疲れとストレスじゃないのかな。月末だし(うちは関係ないけど)、今忙しいからね、帰りにアイス買って帰ろうね(まるで病院帰りの子供にかけるようなこの言葉が彼の私に対する最大級の優しさです)、と。

痛みには弱いけど鈍いタイプなので難しい事はよく分からないのですよねぇ。とりあえず鼻水のかみ過ぎって事にしときました。うふふ


つかみ長いね! つかめてるのか微妙だネ!

今回の世界ではきっかり100年に1度現れるという律儀で真面目な怪物を倒すことになるみたいです。「今までも必ず100年目に現れてるんだから」みたいな事を村の人が言っていました。言い伝えみたいに話していたけれど、100年なら子供の頃それを見た人とかいないのかな? 見た人は倒した人以外みんなやられてしまうのでしょうか。ゴーゴンの様に石になってしまうとか? 100年ごとに現れる記録が残っているのなら、倒し方とかを残す事はできないのかな……

主人公は前回に怪物を倒した英雄の子孫という設定。お母さんに剣を教わって剣士になっています(技の継承というシステムがあるみたいです)。村人が濁しますがどうも大きな都市に殺されてしまったようです。100年の怪物と戦う為に協力しないといけないし、でも向こうが高飛車なので舌打ちしている、そんな関係性っぽい。敵は大きな都市と怪物と二本立て、そして大きな都市の中にもいい人はいる、そんな感じで進むのかなと妖精役は予想。

最初のお友達はこちら!




見た所、あまり背が高い様には見えないが? むしろ後ろに立ってる分遠近法で背が低いんじゃね? 魔法を使うのに必要な魔石とやらを作る係を担当しています。ジーノ。主人公の友達にいがちなちょっとお調子者でうっかりさん。と見せかけて実はお姉さんにののしられたくてわざと口答えしたりしています。本当は血縁とかないんじゃないのかな……あるのかな……どうだろう。

そしてそのお姉さまがこちら!



魔術師です。「うるさい、黙れ、馬鹿弟」が口癖。やばい、蝶はぁはぁします。名前をつけかえていいなら「ジ」で始まる名前に改名させたい。カタカナだから浮かないし。まだ始まったばかりで魔石も手持ちが少ないので、ガンガン殴ってます。「弱点属性? 殴れば死ぬよ?」って言って欲しい。あとヒール(多分履いてる)で弟を踏んで欲しい。

お姉さまは主人公のお母さんと何か秘密の約束を交わしているようです。わたしは主人公サイドなので教えてはもらえない。きっといつかそれを知る時に主人公が泣くか、ギュっとこぶしを握り締めながら力を手にする、そんなシーンが来るのでしょう。

チュートリアル戦闘を終えて、村に戻ると首領が大人たちを連れて近くの村へ大きな都市への対策を相談しに行く所と出くわします。含む気の弱そうな女子。名前がついているのでいずれ一緒に戦う事になる模様。ちなみに他のメンバーは「首領」「おじさん」「おじいさん」です。村にはほかのおじさんもいたのですが、どうやって区別をつけているんだろう。イントネーション?

村の家の数を数えたりしているうちに、妖精として最初のお仕事が登場。噂の大きな都市の兵士が10人ほどこちらに向かってきているみたいです。クエスチョンはこちら!



責任を負いたくない社会の歯車タイプなら迷わず上!   人生面白おかしくハランバンジョーに行きたいタイプなら下!

過去にいくつか世界を救ったり救わなかったり、その世界の事自体を忘れたまま中古屋さんに売ってしまったり、家のどこかにひっそりと紛れさせてしまったりした事のある妖精役の予想としては、きっと上を選ぶと「そんな事をしていたら間に合わないよ!」と仲間に言われるに100ポッチ(この世界のお金の単位です)。

「逃げよう、世界の果てまでも。2人一緒なら怖くないよ!」と手を繋いで逃げてもいいのですが、そもそも3人組なので不可。

「僕、本当は首領ナシでは生きていけない体なんだ……!」とでもカミングアウトすれば上でも通るかもしれませんが、どうもそんな設定はナイっぽいので、下で行ってみようと思います。では、また後日!
 

なるほどー

February 24 [Fri], 2012, 7:12
 
黒豆茶。「え? こっから?」って思いましたよね。ポット開けて中がお湯だったらどうしようかと。うん。

友人と夜ごはんのちにお茶。

彼女とは、まだ私がフレッシュ気味だった頃にほぼ初対面同士複数名で部屋に閉じ込められた時に意気投合。その理由が、昔好きだったバンドがかぶっていたから。えー、じゃあ今何好きなの? とお互い申告し合った後に「なんでバービーからそれよ?」という流れで仲良くなりました。共通点はポコチンロック。ただし、実際には入ってない。……入ってないとか入ってるとか下ネタじゃないんだからね? と一応書いてみるけれどポコチンロックとか言ったあとでは信憑性があるのかどうか。チ●棒性が(ry    ※真面目に説明すると昔々のバンドブームの時に仲間分けというかそんなのがあったのです。アンジーというバンドが言いだして、他にレピッシュとかが賛同。何故かバクチクも誘われたという。

その後美容トークを経て、現在は親の加齢に伴う話題で盛り上がる私達。こうして書いてみるとなんだかとっても正しく年齢を重ねてきている気がしてきました。

そんな慣れ染めなので会話でやはりその話題は避けて通れない。

「アレから水戸さん(アンジーのボーカル。解散後はソロで活動中)、どう?  あ、それよりもさ、昔ブースカ(友人の最愛の人)に会いに旅行がてら九州に行くって話って結局実現したのかどうか事務長(友人と会ったことはない。が、とても興味しんしん。いつか一緒に食事でも飲みでもセッティングして欲しいと要望されています。なんでかなぁ? と友人に言ってみた所「こっちが聞きたいよ。お前は会社で人の事、何話してんのwww」と。確かに)に聞いてきてって言われたんだった」「え……(忘れてたけど、またか、という顔)」「『そんな昔の事』ってけだるそうに笑うんじゃないかって言ってたけど」「ホントだよ、そんな昔の事(けだるそうに笑う)」「すごいな、事務長。だいたいあってる」ちらっと見られる私。そうか、悪い人がいるとしたら私が悪いのか。ただ、この世の中に全てが元から悪い人など(性善説)

「じゃあバクチクはどうなの? また年末武道館やったの?」「おかげさまで。今年25周年を迎えることになりました。ひとえに皆様のおかげです、ありがとうございます」「へー(後半聞いてない)」「あ!そうか、●●がいたのか」「何?」「今年(正確には去年)の武道館生放送入って、始まる前に妹と誰かにメールして教えたい! でも誰も興味ないだろうし、このくそ忙しい時期に(12月29日。しかも19時〜)見てくれないだろうなって。あー、教えたかった」「生放送入るってすごくない? 」「あ、でもニコ生なんだ……」「にこなま?」「(あれ? 略し方違ってたかな)ニコニコ生放送」「にこにこなまほうそう?」「(……? ……!!! まさか……)ニコニコ動画っていう無料で動画を見られるサービスがあってそこの生放送で」「へー。それって会員登録とかしないでも見られるの?」

ニコ動はまだ一般の人に使っていい単語じゃない。気をつけて、奥様方!

幻水1日目

February 23 [Thu], 2012, 16:36
とりあえず買ってみた。お給料が出たら買ってね、と昨日言ったけれど買ってみた。うちの給料日は25日と26日(該当日が金融機関のおやすみに重なった場合は、前倒しと後ろに倒れることになっています)。ちなみに2人分なので意見が食い違っているのは特に間違いではありません。

わたしの記憶が確かなら、多分3までやって4と5を途中でやめているような。あとDSのティアクライスも。幻水では毎回新たな好みを思い知らされるので自分探しにぴったりだと思います。インドに行く事に比べたら例えお給料日前だったとしても安い出費です。

とりあえずPSPの後ろを開けるという毎回おっかなびっくりな作業からスタート。正直、新しいソフトを買うことへの一番のハードルはここ。これ気になるけど買おうかどうしようかと迷う気持ちと、また後ろ開けなきゃいけないんだよな……と思う気持ちが同列でわたしに重くのしかかります。どさっと。全体重をかけて。ヒールでぐりぐりと踏むように。ピンヒールだと一点集中して一番痛いって言いますけれども、けっこう普通のヒールでがっしり踏まれても痛いと思うのですが、その辺りはどうでしょうか。ウェッジソールなどで一列ぎっしり跡がつきそうなほど踏まれても泣きそうだと思います。あ、この場合の涙は痛みからくるものとそこから派生する喜びの涙と二種類あります。我々の業界では御褒美です的な。

と、ここで明らかに確実に充電が切れていることに思い当たる訳です。素晴らしい洞察力です。危機(PSPの後ろ蓋を開ける)を回避する為の洞察力の勝利です。そんな訳で現在PSP充電中。ついでにいうとソフト自体も発送メール段階です。多分今日帰宅したら届いているハズ。

108人集まらなくてもいいから、攻撃方法があまり素敵でなくてもいいから、好きな人に囲まれて1人(主人公)及び国の運命を左右する(という話なんじゃないかと思っています。違っていても特に問題はない)アドバイス系妖精プレイというスタイルで遊んでみようと思います。うん。

どうせ届く頃には覚えちゃいないだろうとちらっと見てみた公式サイトで学者っぽい女の子とバサルみたいな人に目をつけています。ごめんね? 好きになって。うふふ

そしてやっぱりきっぱり名前とか覚えてない。出会えなかったらそれはそれで運命だと思う事にします。でまたいつの日か!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:わたし
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ