(無題) 

March 23 [Wed], 2005, 20:52
ねぇ

どうして

どうしてそんなにも一心不乱に生くの。
心から血を流しながら。

制裁を引き裂き抗い続ける必死さを
そのあどけない必死さを
奪ってやりたかった。
奪って逃げ出したかった。
目も眩む程の暗闇へ。

愁撃(しゅうげき) 

March 17 [Thu], 2005, 18:50

湿った匂い。
濡れた地面。



生ぬるい風に頬を撫でられて

少しだけ
ねむりたくなった。


そんな雨上がり。




━━━━━━━━

ねむる=しぬ、ということ。

雨上がりの雰囲気に独り撃たれたって感じ(どんな)

mimicry 

March 04 [Fri], 2005, 14:47

貴方が云う。

此処から広がるモノ全て偽りだと云う。
つまらない偽物達だと云う。


指差されたその偽物達は私が愛し、又私の世界の一環であった。



貴方は続けた。
其れでも自身の擬態の存在は疑うべきだと。


私は
言葉を失った。

すき、きらい。 

February 13 [Sun], 2005, 13:19




所詮は言葉遊び、だと思う。

いくらその先を求めても、そこから先は何もなくただ途切れている。

意識の領域。
表裏一体。
寧ろ同じ面同士。


すき。きらい。

嘘つき。

似たような意味の言葉遊び。
もっとも
そこに意味を持てばの話だけれど。

2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zathubun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる