脂肪燃焼サイクルが促進

June 24 [Wed], 2015, 14:40
食事を絶つこと。近年では、日頃の食べすぎによるタルんだ食生活ををリセットして、身体の機能を整える目的が主流です。断食を行って臓器を休息させた後は、より健康を感じられる人も多いようです。
断食後は体力が落ちて消化吸収器官が弱っています。
食事回数を増やすダイエット法です。食事回数は少なければ少ないほど、血糖値を急激に上げて脂肪を蓄積してしまいますが、反対に食事回数が多ければ血糖値が安定して脂肪を溜め込まなくなります。
http://lechaletdu8eme.com/

スムージーに置き換える方法です。お腹いっぱいたっぷり飲んでも低カロリーの点が嬉しいのはもちろん、野菜や果物の新鮮な栄養素を摂取できるので、体内機能が整って脂肪燃焼サイクルが促進されます。朝食を摂る時間がなく欠食した結果、お菓子の量が多くなったり昼食で暴食をしてしまう人、朝食と昼食までの時間が短く、朝食をしっかり食べると昼食と夕食が遅くなってしまう人におすすめです。
モデルやスポーツトレーナーの中には、この方法で体重や体型を維持している人も多くいます。今の1日全体の食事量はそのままに、食事回数を増やして1度に食べる量を分散させてみましょう。こちらの方法は、空腹感やお菓子を食べたい欲求も抑えてくれますので、暴食やお菓子を食べる習慣をやめられない人におすすめです。
消化器官に負担をかけないように少しずつ慣らしていくことが大切ですね。回復食は赤ちゃんの離乳食と同じです。体調を見ながら少しずつ普通食に戻していきましょう。正しい回復食で、断食後のリバウンドを防ぎましょう。
専門家の指導の下で断食を行う方も多く、ホテルや施設での断食プランが人気。その理由は、自宅では食べ物の誘惑に勝てないとともに、断食ダイエットはその方法がちょっと特殊だからという点が考えられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:quuueeen
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zaqbz/index1_0.rdf