磁州窯白地鉄絵文端反り中鉢

June 23 [Sun], 2013, 22:59
なんとなく手に持った感じが良かったので鉄絵の茶碗も買ってしまった。端反りの加減が強くて茶碗というより中鉢だった。
その鉢に薄めにのばした蕎麦つゆを用意して蕎麦をつゆの中でゆっくり泳がせるようにして頂くとこれが実に美味い。白の化粧土と蕎麦のテクスチュアがマッチして鞍上人無く鞍下馬無しといった風(意味不明)

不思議なことに同じ器で饂飩だとこうはいかなくて饂飩を無理やり喉に突っ込んでいるようになって苦しい。食べている間、器の縁のおおらかな筆使いの波模様も、つゆを啜った最後に現れる見込みのくちゅくちゅっとした文字だか絵だか分からないやつも全く眼に入って来ない。

蕎麦は2倍美味しいのに、饂飩は食べきることさえ苦しい。

ぢゃあ饂飩に合う器を探さねば…

もっと暑くなったら素麺に合うやつも、探さねば…



ガラケーからの投稿
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:生涯一書生
  • アイコン画像 血液型:型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・石集め
    ・ぬこを愛でる
    ・やみくもに走る
読者になる
自由欄
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zaplog/index1_0.rdf