【 更新情報 】

スポンサードリンク

坐骨神経痛は温泉で治そう

坐骨神経痛は温泉で治しましょう。

わたしも長年坐骨神経痛と向き合っていますが、わたしが一番おすすめしたいのが、温泉です。最初は坐骨神経痛が少しでも改善できればいいなあって思っていたんですけど、温泉旅行はちょっとした気分転換にいいです。温泉は坐骨神経痛にいいです。

わたしは温泉が大好きです。この痛みは坐骨神経痛になった人でないとわかりませんよね。
しかし急性の坐骨神経痛の方は温泉に入ると逆に血行がよくなりすぎて、痛みがでてきてしまうので、急性の坐骨神経痛の方には温泉をすすめません。

坐骨神経痛はほんとうに苦しいですよね。次の休みの日には、どこの温泉で坐骨神経痛を治そうかなってひとつの楽しみになってしまいました。
また、自宅のお風呂でも坐骨神経痛に効きそうな入浴剤や塩風呂、みかん風呂やゆず風呂など自宅のお風呂でも温泉気分を満喫しています。

あくまでも、慢性化した坐骨神経痛の方で、温泉が好きな人にお勧めする療法です。こういうふうに楽しみながら、坐骨神経痛を治していくことがいいことだと思います。というよりもなんか坐骨神経痛のための温泉旅行が趣味のようなかんじになってしまいました。

坐骨神経痛の温泉治療

坐骨神経痛は腰の痛みが強いことが多いですね。温泉で暖めて急激に血行を促進すると、却って逆効果となり悪化する場合があるのです。注意したいのは、急性期の坐骨神経痛の場合です。

温泉に行くことは坐骨神経痛に効果がありますが、湯の質で効果に大差はないようです。ですから、身近な温泉で通常は問題がないでしょう。ですから、温泉で腰を温めることが神経痛の症状を和らげることになるのです。

坐骨神経痛に関する温泉の効果は温まることにあります。ですから、温泉ではぬるめの湯にゆっくりと回数多く入ることがポイントでしょう。坐骨神経痛の治療には、温泉による治療も非常に有効な手段の一つでしょう。

あまりに高温度の温泉は、坐骨神経痛には向かないかもしれません。特に慢性化した坐骨神経痛に対しては、温泉は血行を促進して、鎮痛作用も期待できます。

坐骨神経痛って?治療方法は?

坐骨神経痛の症状はヒトさまざまです。シビレというのは単純に神経や骨のゆがみだけではなく、筋肉の硬直、ハリ(コリ)等からくることが多くみられます。坐骨神経が痛む・しびれる・脚が冷たく感じる・足が火照る‥だからこそ的確な治療方法を選び、快適な毎日を送りたいものです。

坐骨の神経痛 神経からくる治療の大変な重大な病気のように思っていませんか?この坐骨神経痛はお年寄りだけがなるものではありません。たとえば腰が痛く、しかも足が痺れている状態でヘルニアでもなく、原因がわからないもの‥こんな感じは坐骨神経痛と診断されるかもしれません。だからこそ坐骨神経痛には原因に応じた治療が必要になってくるのです。

坐骨神経痛には温泉がいいのは、温泉につかり血行が良くなることにより、お尻や腰の筋肉がやわらかくなり、シビレが楽になるからなのです。お医者さんに「坐骨神経痛です」と診断を受けた場合には、神経が原因ではなく、筋肉が原因と言われたと考えましょう。理由がわからない、腰が痛く足が痺れている状態のなどの俗称も坐骨神経痛です。

坐骨神経痛とは,坐骨神経が痛む・しびれる・脚が冷たく感じる・足が火照るなど、神経痛症状を坐骨神経が通る経路に感じる際の神経痛の総称なのですつまり坐骨神経痛とは診断名や病名ではないのです。坐骨神経痛の原因としては、椎間板ヘルニアなどの整形疾患や糖尿などの内科疾患・婦人科疾患(子宮筋腫など)様々です。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛ってよく聞く名前なので、治療方法も確立されていて、「ああ、これは坐骨神経痛ですね。物理療法って言うと、牽引がありますね。だから、医者に行って、すぐ坐骨神経痛が治ると思わずに、なにをすればよいかをよく相談して実行する事が大事になってきますよ〜。要は痛みの原因になる腰痛などがなくなるよう、体のバランスを整えたり、筋肉を強化したりというベーシックなところが大事になるわけです。例えば整形外科では通常、坐骨神経痛が軽い場合は物理療法を用いる事が多いみたいです。

どちらにしても坐骨神経痛の治療法は即効的なものはなくて、痛みを和らげる治療が大半なんです。まあ、痛いのに牽引で治療しましょうと言われると、「その、治療方法、ちょっと待って」と言いたくなりますが。また温熱やホットパックなどもこれに入ります。。

そもそも坐骨神経痛っていうのは病名でもなんでもなく、単なる症状だということ。だから医学的には坐骨神経痛の原因はいくつもあり、治療方法もそれぞれで異なること。また痛みは神経にさわることからくるので、人によって感じ方がそれぞれ異なる事など、一口で言うと、やっかいな症状なのです。こんな治療をしましょう」とか言われて、ちゃちゃっと治療されてはい、終わり〜みたいな感覚でいたら、どうも違うみたいです。

坐骨神経痛って痛いですよね? 私も坐骨神経痛になったことがあるんですが、痛いのなんのって、「いますぐ治療してくれ〜」って感じになりますよね。神経を圧迫しているストレスを解消することができれば自然に治ることも多いみたいです。そして、痛みがひどい場合はブロック注射を用いる事もあります。。

坐骨神経と坐骨神経痛の関係

坐骨神経は腰椎から大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上で前後に分かれている、末梢神経の中で最も太く長い神経です。ケガではないから、治療に積極的になれない坐骨神経痛。歩いたり、走ったり、転ばないように体のバランスをとったり、下肢の皮膚感覚にも大きな役割を果たしているのが、この大きな末梢神経である坐骨神経なのです。

腰椎からお尻の筋の下から大腿の後ろ、膝の裏の上で前後と広範囲の神経のどこかで障害を受けることによって、坐骨神経痛が発症します。坐骨神経は神経の中で最も長く、腰椎から足先まであるため、痛みはもも、ふくらはぎから、足の裏まで起こることがあります。

妊娠後期に胎児の圧迫により、おしりのくぼみのあたりに痛みを感じることもありますが、この場合、特別な治療の必要はなく、出産後に症状はなくなります。痛みの特徴は発作的でなく、連続でおこります。

障害の原因は、糖尿やリウマチ、変形性腰痛症、変形性腰痛症、帯状疱疹、動脈硬化、椎間板ヘルニア、アルコール依存症などいろいろです。これが辛いのです。

坐骨神経痛の原因と治療法

坐骨神経痛とはよく耳にする言葉だと思います。
また、坐骨神経痛の辛さは、その痛みを経験した人でないと分からないともいわれています。
しかし、坐骨神経痛という病名はなく、

・腰、お尻、太もも、足の痛み・痺れ
・痛くて座るのが苦痛である。
・痛くて前にかがむ、身体を反らすことが出来ない。
・身体を動かすと痛みやしびれが出てくる。
・歩行が痛くて困難になる

等の鋭い痛みや痺れを伴う症状の総称です。

坐骨神経とは運動神経、自律神経、知覚神経を含み人体の末梢神経の中で一番太く長い神経です。運動神経が異状をきたせば筋肉の麻痺を引き起こします、その中で知覚神経の異常による痛みが比較的早期に現れるのは、運動神経よりも表層にあるからです。

そして、上記のような症状がどこに現れているかによってどこの坐骨神経が障害を起こしているのか、ある程度特定することが可能です。しかし、坐骨神経痛を引き起こしている原因は様々あり、例えばごく稀に悪性の腫瘍による坐骨神経の圧迫が坐骨神経痛を引き起こすこともありますので、必ず一度は整形外科で検査を受けるのが賢明です。

坐骨神経痛の治療方法ですが、以前鍼灸師の学校の先生に治療を受けてお世話になりそれ以来東洋医学の信奉者なのですが、その先生も東洋医学にも得て不得手が有り骨に異常があれば、整形外科で坐骨神経痛の治療を薦めると話してました。

また、骨に異常がなくても、妊産婦の坐骨神経痛の治療には胎児が坐骨神経を圧迫することによる坐骨神経痛なので、鍼での坐骨神経痛の治療は流産の可能性があるため妊産婦の坐骨神経痛の治療は漢方薬を薦めると話していました。
また、出産によってその原因が無くなるので、殆んどの妊産婦の坐骨神経痛は自然治癒するそうです。
P R