坐骨神経痛B
2006.11.15 [Wed] 08:54

このように座骨神経痛が慢性化した方は
鍼やマッサージ等も効かなく、
ひどい人は痛み止めも効かないほどになっています。
整体などで乱暴な治療を受け、
座骨神経痛が悪化しているケースも増えてきました。
時間がかかってもきちんと治してぶり返さないようにすることが肝心です。
では、どんな治療法がいいのでしょうか?
整形外科では、 座骨神経痛 の原因を診断後 
つまり、なにが原因で痛むのかを調べてから、
軽症の座骨神経痛には物理療法。
物理療法とは、牽引、温熱、電気、
マイクロホッとバック、SSPなどのことです。

痛みのやや強い 座骨神経痛の治療 には、神経ブロック注射を使用します。
夜も眠れない・激しい痛みで日常生活を送れないそんな激痛の伴う
座骨神経痛の治療 には、手術が行われることもあります。
この、激しい痛みを伴う座骨神経痛の原因には椎間板ヘルニア、腰痛分離、すべり症などがあります。

整接骨院での、 座骨神経痛の治療 は整形外科で行われる 座骨神経痛の治療 の物理療法とほぼ同じケースが多いようです。

はり・灸・整体・マッサージなどでは、これが 座骨神経痛の治療 というものはありませんが、多くの場合座骨神経痛の原因は、腰の問題(腰のゆがみ・椎間板ヘルニア・腰椎分離すべり症)を伴うので、座骨神経痛を感じるところのみでなく、腰を含め全身の調整を行う事を 座骨神経痛の治療 として行う治療院を選ぶといいでしょう。

カイロプラクティックでは、座骨神経痛の原因は骨盤が前方に変位し梨状筋が伸張されて起こると考えます。

骨盤が機能障害を起こして『固着』した状態では、梨状筋にストレスが加わり、梨状筋症候群の原因となることがあります。

カイロプラクティックでは、仙骨や腰椎などの機能を高めて、梨状筋の機能を正常化します。
これによって、座骨神経の圧迫が取れ、座骨神経痛は解消されるケースが多いのです。
座骨神経痛の最新の治療法にはレーザー治療があります。
 

坐骨神経痛A
2006.11.15 [Wed] 08:50

座骨神経痛の症状と治療法はイロイロあります。
たとえば、針灸。
整骨院での鍼治療で痛みが軽減したりします。
座骨神経痛に効くツボの指圧も効果があります。
座骨神経痛のつぼゴルフボールなどで指圧すると気持ちがいいです。
座骨神経痛の痛みを和らげるために、ストレッチ運動や体操が症状軽減に繋がります。

座骨神経痛に効く、漢方薬もあるようです。
東洋医学で治すか西洋医学で治すかも考えます。
座骨神経痛に効く温泉もありそうです。
さがすのもいいでしょう。

座骨神経痛の痛みをほおておくと、しびれてくることがあります。
脚の痺れを感じたら早めに病院に行くことをオススメします。
座骨神経痛の名医もいますので探して受診することをオススメします。
妊娠中に発症する方も多いようです。
特に妊娠初期から急な体重増加のせいで、座骨神経痛になる方が多いようです。

原因は椎間板ヘルニアからの移行と、脊柱管狭窄症からの移行がが多いです。
座骨神経が圧迫や牽引を受けていることが考えられます。
座骨神経痛の原因となる部分が、腰椎なのか、お尻の筋肉なのか、太ももの筋肉なのか検査をして調べます。

座骨神経痛の症状は同じように見えても、
原因によって対処法は異なります。
整形外科に行くと、シップや牽引療法を行います。
症状がひどい場合には神経ブロック注射をしますが、
たいていの場合治らず1年以上通院するケースもまれではありません。
それでも治ればよいのですが、一進一退を繰り返しているようです。
 

座骨神経痛@
2006.11.15 [Wed] 08:46

座骨神経痛で整形外科に行くと、
シップや牽引療法を行います。
痛みが強い場合には神経ブロック注射をしますが、
たいていの場合座骨神経痛の症状が改善しないので
1年以上通院するケースもまれではありません。
座骨神経痛が治ればよいのですが、
一進一退を繰り返しているようです。
慢性化している患者さんでは、
ぶり返さないようにすることが肝心です。
座骨神経の働きを調べるための感覚や運動の検査、
神経の圧迫・損傷部位を調べるための神経や関節・筋肉の負荷テスト、
身体の全体的なバランスを見るための姿勢検査、
そして、筋肉の緊張や関節の動きを見るための触診などがあります。

坐高神経痛の治療で
はり・灸・整体・マッサージなどでは、
これがというものはありませんが、
多くの場合座骨神経痛の原因は
腰の問題(腰のゆがみ・椎間板ヘルニア・
腰椎分離すべり症)を伴うので、座骨神経痛を感じるところのみでなく、腰を含め全身の調整を行う事を 座骨神経痛の治療 として行う治療院を選ぶといいでしょう。