【 更新情報 】

スポンサードリンク

坐骨神経痛の予防・対策を自宅で

坐骨神経痛対策として!坐骨神経痛の症状を軽減させるために正しい姿勢で、腰に負担をかけないようにする事が大切です。また、湿気や寒さなどの影響も大きいので、天気の悪い日や冬は症状が悪化しやすいので気をつけましょう。また、寝る時にも腰が沈んでしまうような寝具の使用は避け、痛い方を上にして、身体を丸めてエビ型の姿勢で就寝すると楽に眠れますよ。

神経の中でも坐骨神経は太く、お尻から足の裏にかけ、坐骨神経痛で歩くのすら困難な方も居られると思います。これからの冬の季節、寒くなっていくと血流は悪くなり、筋肉や神経・筋が縮みやすくなって坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こしやすくなります。坐骨神経痛になる原因の一つとして、腰や下肢の冷えから起こることが多いため、日常的に下半身を冷やさないようにして下さい。

もし、太めの方は、体重を落とすためにダイエットに挑戦しましょう。腰に負担をかけてしまう高いヒールや底の硬い靴、さらに体重が増加するとより一層腰への負担が増えるので気をつけましょう。

畳や床に座る際には正座やあぐらをかいて座るようにし、椅子に腰掛ける時にも、足を組まないようしてお尻に体重を均等にかけるようにして下さい。そのような事の予防対策や今、坐骨神経痛を患っている方は、痛みやしびれの症状緩和の為にも、日頃から筋を暖めたり、伸ばしたりする為に体操やストレッチ・ヨガ・足のつぼマッサージなどを行い筋肉や筋などの神経をほぐしてあげることが大切だと思います。

坐骨神経痛をお持ちの方が体操を行う場合には、痛みやしびれなど坐骨神経痛の症状が出ていない時に行って下さいね。(お尻の筋肉と背筋を意識して)片足上げ運動:仰向けに寝て両足を伸ばし、手は頭の後ろで組みます。くれぐれも無理な運動は避けるようにし、自分の体調に合わせて行って下さい。坐骨神経痛の対策法・予防法に自宅で体操をして同じ動作を片方ずつ15回程度繰り返し。

息を吐きながら、お尻と背中を持ち上げ、その状態で数秒間保ち、ゆっくりと下ろします。膝抱え運動:患者は仰向けに寝て両足を伸ばし、片方の足を両手で抱え、息を吐きながら膝を胸のあたりまで引き寄せます。(その時、両手は広げたままで)ゆっくりと軽く胸元へ寄せるような感じで足をもってきてから床へ下ろします。

左右の足を交互に同じ動作を数回程度繰り返します。この時、腹筋を意識しながら行いましょう・お尻の上下運動:仰向けに寝て両膝を軽く立て、手は横に開いて床につけます。片方の足の膝を伸ばしたままゆっくりと持ち上げ、下ろします。

お風呂上りの時など身体の筋肉がほぐれている時に行うと効果的です。腰ひねり伸ばし運動:患者は仰向けに寝て、片足(右足)を上げ、両手で挙げた足を持ち、いったん膝を曲げて自分の胸まで引き寄せ、その足を伸ばして上げ、その状態で息を吐きながら右足を左側へ倒し、数秒程度状態を保ちます。上半身を起し運動仰向けに寝て両膝を軽く立て、手はお腹の上に置き、息を吐きながらおへそを見るようにゆっくりと上半身を起し5秒保ち、ゆっくりと下ろします。

古賀式拒食症
前島敏也式

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛の症状は、腰から足にかけて痺れや痛みで、特に太ももの後ろ側、ふくらはぎ辺りの痛みが多く、筋力低下や筋萎縮、知覚障害、歩行障害などもあります。坐骨神経は、腰から骨盤、大腿後面を下り、足先にまで伸びている末梢神経のひとつで、人体の中で最大の直径と長さをもつ末梢神経です。中には坐骨神経痛の原因が解明されていない部分も有り、治療することが難しいこともあります。

坐骨神経痛は年齢を重ねるごとに発症の割合が高くなる傾向があります。坐骨神経痛は坐骨神経が刺激されることによる神経痛のことを言い、あくまで症状であって、実は病名ではありません。

坐骨神経痛の原因は、外からの要因によって坐骨神経に圧迫を与えているか、仙骨の筋肉である梨状筋の過緊張による神経の圧迫などです。もし痛みなどがあるなら坐骨神経痛の疑いがあります。

腰から足にかけて痺れや痛みの症状はありませんか。しかし、最近では若い人でも坐骨神経痛になる人が増えてきています。

徳永英光
網野智世子
けんこうだから

坐骨神経痛と漢方

坐骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰(突発性腰痛症)変形性腰痛症、その他に脊椎のガンによる圧迫、糖尿やリウマチ、動脈硬化、帯状疱疹、アルコール依存症、寒さや圧迫、老化による老廃物の蓄積が原因になることもあります。
その痛みが続くのがつらいです。

漢方薬は症状、体質、環境などから漢方薬を調合するので、あなたの症状、体質をよく診てからオーダーメイドで出してくれるので独活寄生湯と丹参製剤ではないかもしれません。
重いものを担いだりするから坐骨神経痛になると思ってましたがそうではなく、長時間の車の運転でもなるそうです。ですから、坐骨神経痛は原因によっては疾患自体の病気も治さなくてはなりませんので、お医者さんに見てもらわなくてはなりません。

疾患がある場合は、それそれの病名がつき、坐骨神経痛は症状の一つとなります。ところで、以前、私は坐骨神経痛が病名だと思ってましたが、症状なのです。
坐骨神経痛とは、坐骨神経が障害を受けたために尻から太ももまで痛みがきて、人によってはふくらはぎ足まで痛みが広がります。
これについては漢方薬局でよく症状を話してから漢方薬を出してもらってください。

坐骨神経は足腰がバランスよく動くのに大切な役割を行っているので、坐骨神経に異常があると、足腰の行動が不自由になります。
ですから、坐骨神経に障害が起こると、痛みはもも、ふくらはぎ、足の裏と広範囲になります。

坐骨神経痛はさまざまな病気が原因でおこる症状なので、治り方が遅いのならば、1度大きな病院で診てもらってください。
原因の病気によっておこる症状が坐骨神経痛なんです。

仕事をしている業界が木材なので、坐骨神経痛でつらい人の話は聞きます。坐骨神経痛の原因が、がんの場合もありますので、早めに病院へ行ってください。
坐骨神経とは、腰椎から出て大殿筋(尻の筋肉)の下から大腿の後ろを通って膝の裏の上で前後に分かれている長くて太くて大事な神経です。

職業病のように重いものを担いだり、長期の運転をしての腰に対する負担からくる坐骨神経痛でしたら、漢方薬局で「淤血(おけつ」(血液の質が悪くなり粘りけを増ししまい、 血流が悪くなっている状態)治療のための 独活寄生湯と丹参製剤を出してもらうとよいでしょう。

高橋ミカ推奨
藤城式食事法
さかさまダイエット

坐骨神経痛に効く温泉

温泉には以下のような泉質があります。
坐骨神経痛には、硫黄、単純泉、酸性泉、放射線泉、炭酸泉などほぼ全ての泉質が有効です。

【泉質】

 ・単純温泉(単純泉)
 ・二酸化炭素泉(炭酸泉)
 ・炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉)
 ・炭酸水素塩泉(重曹泉)
 ・塩化物泉(食塩泉)
 ・硫酸塩泉(硫酸塩泉)
 ・含鉄泉(鉄泉)
 ・硫黄泉(硫黄泉)
 ・酸性泉(酸性泉)
 ・放射能泉(放射能泉)

いずれも神経痛・腰痛には効能があります。

温泉のつかり方としては、神経痛には41℃未満の微温浴が良く、入浴しながら痛む場所をゆっくりとマッサージしたり動かしたりしてほぐします。
 ※<参考> 温泉郷com

田中初実
芝崎義夫

坐骨神経痛に温泉で治療

神経痛の痛みが激しい場合には、温泉への入浴を避けた方がよいでしょうこれは、温泉につかって温まることで血行が良くなり、お尻や腰の筋肉や関節がやわらかくなり、痛む場所に酸素や栄養素が送り込まれて老廃物や痛みが取り去られるのです。
また、慢性化した坐骨神経痛の場合も、温泉で温める事で痛みやしびれは改善されます。

坐骨神経痛には温泉であたためることが有効です。でも、神経からくる痛みなのに、どうして温泉の効能に坐骨神経痛という項目が入っているか不思議に思いませんか坐骨神経痛は簡単にいうと原因の良くわからない腰・尻・下半身の痛み・しびれの総称で、その多くの原因は筋肉の硬直、張りや凝りなどからくると思われるのです。
それが証拠に、温泉の効能には必ずと言っていいほど坐骨神経痛という項目があります。

しかし、改善されると言っても即効性があるものではないので、ゆっくりと時間が取れる環境にあるならば、湯治治療が坐骨神経痛には有効です。

なお、痛みが激しく出ている急性期には血行をよくすることが逆効果になることがあります。

坐骨神経痛の症状

痛みや痺れの原因としては、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、脊椎分離症脊椎、すべり症、脊椎腫瘍、骨盤内腫瘍などがあげられます。さらに、やっかいなことに、シビレというのは神経や骨のゆがみだけではなく、筋肉の硬直、張りや凝りなどからくることが圧倒的に多いのです。坐骨神経痛とは、病名ではなく、上記のような症状の名称です。

整形外科の先生は、筋肉的に出てくる神経痛のような症状に対しては軽視してしまう傾向があるため診断がつかないのです。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています坐骨神経痛と椎間板ヘルニアは何が違うのでしょう?椎間板ヘルニアとは椎間板の中にある髄核(ずいかく)が飛び出してしまい、神経を圧迫する事により足にシビレが出ることを指します。さらに、坐骨神経の付け根が圧迫されて痛みがおこる神経痛もあれば、神経の圧迫が原因ではないにも拘らず痛みが起こる神経痛もあるのです。

なぜ原因がわからないのでしょう。腰やお尻、下半身の痛みやしびれで診察を受けた結果、病院の先生が「坐骨神経痛」と診断された場合は「原因はわからない」と言われたと同じなのです。ある日突然、腰やお尻、または太ももや足の裏にまで痛みやしびれが起こる。

時には歩くのが辛いほどのシビレだったり・・・・坐骨神経痛って、ホント嫌なものです。特に動いていなくても、痛みが起こったり、連続的に起こってきたり。それは、痛みやしびれの原因が多岐に渡り、複数の原因が引き起こしている可能性があるからなのです。

P R