【 更新情報 】

スポンサードリンク

坐骨神経痛には薬草や入浴剤を入れる

坐骨神経痛の予防方法としては、腰の部分の筋肉や骨の強化、そして毎日の疲れやストレスを貯めない事です。万が一坐骨神経痛の症状が現れてしまったら、症状が現れた部位をしっかり温めて、冷えから守りましょう。坐骨神経痛の大敵は冷えです。

入浴する場合に、体を温める作用のある薬草や入浴剤を浴槽に入れるのも効果的です。水分の取りすぎも悪影響を与えてしまうようですので、水の不足に注意しながらも、摂りすぎにならないよう心を配りましょう。但し、坐骨神経痛の悪化を防ぐためにも油断をせず、日頃の予防にしっかり力を注いで下さい。

坐骨神経痛に対する最大の対処法は、予防することです。例えば、散歩や水中歩行、ヨガやストレッチ、マッサージなどは、腰の部分の筋肉や骨のストレス軽減や強化に効果が期待できるでしょう。誰でも解っている事ですが、一番重要であるにも関わらず、なかなか実行できません。

急激に強い運動は、坐骨神経痛の予防には逆効果になりますので、軽い運動から始めましょう。常に体を冷やさないよう気を付けましょう。

坐骨神経痛の発症の原因

症状が進んでくると臀部から始まって、膝から足の指先まで痺れると訴えています。その神経の1つ、坐骨神経とは、人体の中で最も太く長い神経で、人体の腰椎4番目と5番目の神経から下肢に向かって足の裏まで通っています。坐骨神経痛の治療法には、原因と症状によっていろいろ有りますが坐骨神経痛の症状によって患者の最適な治療方法を見つけて下さい。整形外科の他には、鍼灸、カイロプラクティック、整骨院、整体があります。

軽い場合でも無理に動かさず2〜3日は安静にして様子を見ましょう。原因によっては激痛を伴う場合もあります坐骨神経痛とはこんな症状を言います。加齢によって筋肉や骨が老化して、さらに体を動かす機会も少なくなると、ますます老化した腰への負担が大きくなり坐骨神経痛を発症させてしまいます。多忙さなどから運動不足となり、更に長時間のデスワークの多い現代の人達は、若いからと言って油断は禁物です。

椎間板ヘルニアなどが原因で、突然に激しい痛みを伴った坐骨神経痛が起こることがあります。人体には、神経が網の目のように張りめぐらされ、細胞や組織と影響し合って、その機能を調整する働きをしています。腰から始まりお尻・足の先まで通っている太い坐骨神経は、各部位で圧迫されやすく、このことも坐骨神経痛が起こりやすい原因の1つになっているようです。

自己判断で、大丈夫と思っても、椎間板ヘルニアなどは更に悪化させてしまう事もありますので、無理に体を動かす事はくれぐれも要注意です。一般的には、お尻(臀部)から足にかけて痺れや鈍い痛みを感じます。その坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されると、痛みや痺れが起こってきますが、その症状を坐骨神経痛と言っています。

坐骨神経痛の特徴としては、四六時中鈍い痛み(時には激痛)が続きますので、辛いものがあります。坐骨神経痛の痛みは、腰から足の指先まで続いている太くて長い神経である坐骨神経が圧迫されることにより生じる症状ですから、一度発症してしまうと、腰からお尻(臀部)、時には足まで起こる痺れや鈍痛、場合によっては強い痛みが常に続きますので、とても辛いと思います。急いで治そうと思ってあれこれ治療を試みても、再発する場合がありますので、焦らずゆっくりと徐々に治してゆきましょう。

お天気の状態によっても痛みの症状が違ってきます。体の向きや動作によっても症状に影響することも有ります。坐骨神経痛の大きな特徴は、完治が難しく症状がずっと続いてしまいますし、天気の崩れる前に悪化したりといった天候にも影響されます。

坐骨神経は足の先まで通っていますので、そのまま我慢してしまうと、症状が進んで足の指に至るまで痺れや鈍痛の症状が現われてしまいます。それに反して経験されている方は、再発を避けるための予防に力を入れていると思います。

坐骨神経痛が起こる前、或は再発は予防が一番です。話に聞くだけではその怖さを本当に知らないからです。

座骨神経痛の治療

座骨神経痛は、数ある神経痛の一つです。また座骨神経痛の症状は、腰から太もも、ふくらはぎ、足などに痛みや痺れを感じたりします。季節によってや天候によっても痛みを感じると言う人も少なくありませんね。時には知覚麻痺になることもあり、歩けなくなることもあります。これらの治療方法については、医師とよく相談して決めることになります。また漢方薬を使うこともできますが、専門の漢方医の診断のもとに漢方薬が処方されます。

最近では、西洋の施術法であるカイロプラクティックも行われるようになりました。と言うのも、座骨神経痛の原因が脊椎に関連してくるからです。入院の必要な治療もありますし、通院しながら治していく方法もあります。また手術や薬物療法、注射、理学療法などがあります。そのなかでも座骨神経痛は、腰から足に伸びている神経が痛みます。神経痛は、よく老人になると見られますが、神経が刺激されて痛みを感じる症状です。

同じように、腰椎すべり症など腰骨にまつわる疾患が原因となります。この痛みは、その日の身体の状態や湿気、天気の具合などによっても変化します。その他にも座骨神経痛の治療として、ハリ、灸、マッサージなどがあります。椎間板ヘルニアは、背骨がずれた状態ですので、神経をさわり痛みを生じることになります。手足の筋肉が痛くなったり、節々が痛くなったりまします。

決して自己判断で自己流の治療をするのではなく、専門医師の診断の元に治療をするようにしましょう。この座骨神経痛の治療は、治療院で行う方法と自分で行う民間療法があります。いずれにしても座骨神経痛は、とても厄介な症状です。座骨神経痛の原因は、腰や背簿煮に関するものが多いですね。とくに椎間板ヘルニアになると、座骨神経痛が起こる割合が高くなります。

西洋医学治療法と東洋医学治療法

西洋医学では、坐骨神経痛に対して鎮痛薬・筋弛緩剤などの内服薬や 座薬、牽引療法などありますが、なかなか効果が上がらない方も多いようです。そこで、東洋医学は西洋医学で有効な手段がとれないときには、中国鍼灸をうまく利用すると道が開けることがしばしばあります。

坐骨神経痛は西洋医学で有効な手段がとれないときには、鍼灸など東洋医学治療法をうまく利用すると道が開けることがしばしばあります。ここで問題になるのは、「痛み、しびれ」があるからといって、長期間に渡って鎮痛剤を服用したり、座薬を連用するのは良くありません。

痛止めや座薬などの副作用で胃腸を壊したり、胃潰瘍になってしまう方も多いのが実情です。また、最後の治療法としては手術する場合もあります。

問題になるのは長期間に渡って鎮痛剤を服用したり、座薬を連用することです。

東洋医学治療法での坐骨神経痛鍼灸治療の例は、坐骨神経痛の鍼灸治療、腎兪、大腸兪,環跳、委中、承筋などツボに20分に鍼を置く。うつ伏せにできないから横向けの姿勢で治療を行ないます。坐骨神経痛と東洋医学東洋医学の坐骨神経痛に対する主な治療法は針灸・整体・漢方・吸い玉療法などあります。

鍼灸は坐骨神経痛の治療はすぐれた治療法ですが、効果が100%ではありません。症状によって温灸も行います。その中で最も効果が得られやすい治療法は鍼灸治療です。

中国針灸は痛みや痺れに対して治療の歴史が長いですし、さまざまな臨床で証明されています。強い症状の場合は低周波を使用する場合もあります。

腰痛、坐骨神経痛は「腎虚」と「淤血」が関係しています。しかし坐骨神経痛は神経痛の中でも発症率はかなり高く、苦労されている方も多いと思います。

坐骨神経痛と治療方法のいろいろ

立ち上がる時、歩く時、横になったりする時に痛みがひどくなる。
坐骨神経に沿って指で押さえると痛いところがある。坐骨神経は、運動神経、知覚神経、自律神経の繊維を含んでいるので、坐骨神経が障害時はそれぞれの神経症状が出てきます。

坐骨神経はどこにあるの・どんな痛み?治療方法はありますか。

坐骨神経痛とは坐骨神経痛とは、病名ではなく、その症状の名称です。
坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部〜下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。
原因と症状脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども原因となります。

坐骨神経は、腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢〜足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経から出て、お尻、太ももの後ろ、膝、ふくらはぎ、足の先まで云っている末梢神経です。

坐骨神経痛とは末梢の神経支配域に突発的に痛みの発作が起きるものをさしますが、坐骨神経が障害されていることを示す徴候も、疼痛をきたす原因も認められないものをいいます。
坐骨神経の痛みは、上向きで寝た状態で下肢を伸ばし、ゆっくりと持ち上げると坐骨神経が引っ張られて、痛みが起こります。

坐骨神経痛は具体的には、筋肉の痛み、感覚異常(冷え、鈍感、他)などが出てきます。
坐骨神経は太ももの後面から足にかけての広い範囲の知覚をつかさどっており、腰椎椎間板ヘルニア等によって坐骨神経の圧迫、刺激されることにより片側の臀部、大腿の後面、ふくらはぎが痛み、かかとやくるぶし、足のうらの方まで痛みが響きます。
その他腰、お尻から太もも後面、すねの外側、足の裏つま先にかけての痛み、しびれ等。ひどい時は歩くことも困難で、眠れないほどの痛みやしびれがある痛み・しびれる部位から見た坐骨神経痛のタイプ坐骨神経痛による痛みやしびれは腰・お尻から下肢にかけてですが、4タイプに分類することができます。


1. 腰・お尻・太もも後ろ・ふくらはぎに痛み、しびれまたは押さえて痛いところがある タイプ 

2. 腰・お尻とすねにも痛み・しびれまたは押さえて痛いところがあるタイプ  
        
3. 腰・お尻とすね外側にも痛み・しびれまたは押さえて痛いところがあるタイプ
 
4. 後型・前側型・外側型の3つの症状があるものタイプ

坐骨神経痛の原因と改善方法

坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの疾患により圧迫されたり傷害を受けることで現れる、坐骨神経の経路と分布領域に痛みや痺れ、感覚の鈍化などの神経痛の症状のことです。薬物を使用しないので副作用などの心配はありませんが、それまでと同じ生活を繰り返しているとまた体にずれが起こり、坐骨神経痛が再発する場合があります。坐骨神経痛とは病気の名前ではありません。

坐骨神経痛を引き起こす疾患としては、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、利状筋症候群、悪性腫瘍によるもの、骨盤のゆがみや股関節の変位など様々な疾患があります。坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアなどのような急激な痛みが現れず、慢性的な痛みや痺れのため病院での診察を受けずにいることが多いのですが、坐骨神経痛を引き起こしている原因になる疾患があるため、整形外科で原因になる疾患を調べる必要があります。整体院で坐骨神経痛が改善されてからもきちんと生活習慣を改善することが大切です。

放置しておくと悪化して手遅れになる疾患もあるので、腰やお尻、足に痛みや痺れが出たときは病院での精密検査を必ず受けるようにしましょう。坐骨神経痛を改善するために、整形外科では日常生活の指導や非ステロイド性消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬物療法、温熱治療やブロック注射などの治療がおこなわれます。

整形外科以外での坐骨神経痛の改善としては、整体院での治療があります。整体院では体のずれてしまった骨や筋肉を正しい位置に戻すことで痛みや痺れを改善するため、坐骨神経痛を引き起こしている箇所のずれやゆがみを治すことで坐骨神経痛を改善することができます。

P R