【 更新情報 】

スポンサードリンク

坐骨神経痛治療は原因究明先決

坐骨神経痛の原因は、神経の根元になります。体の声を聞いて、早め早目の検診・予防・受診・治療を心がけましょう。素人判断で、整体へ行ったり、温泉につかったり、湿布をはっても、効果がない場合もあります。

デスワークだから、高齢だから、運動不足だからと、思い当たる節はあったとしても、坐骨神経痛が発症して1週間経過しても、症状がよくならない場合は、必ず受診をしてください。坐骨神経痛に限らず、いつもと違う痛み、あるいは しつこい痛みや、体の変化を見逃さないようにしましょう。

癒しの効果はあったそうですが、笑えませんね。ほかにも、坐骨神経痛には脊髄の病変や圧迫が原因になるもの。腫瘍が原因の場合、梨状筋の緊張や筋力の衰え、骨盤のゆがみなど、さまざまですので、治療に際しては、坐骨神経痛を発祥している原因を正確に見つけることが大切です。

彼は、コルセットをし、カイロプロテック治療を続けていましたが、結局は神経ブロック治療で改善されるまで、その痛みは続いたそうです。坐骨神経痛の治療に整体はタブーということではありません。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を言います。そして、その根元を傷める原因には、椎間板ヘルニア、脱臼、脊柱管狭窄症があります。
坐骨神経とは、腰の背骨(腰椎)下部と骨盤の中央部(仙骨)から伸びている神経で、足先まで達しています。知人に慢性化した坐骨神経痛を抱えていた歯科医がいます。
しかし、腫瘍が神経を圧迫しているとしたら?それが原因で坐骨神経痛になっているとしたら、痛みが軽減されたとしても気休めにしかなりません。

温泉も、効用がないわけではありません。
帯状疱疹などウイルス感染でおきるもの。坐骨神経痛という文字から受けるイメージで、腰痛を連想される方も多いですが、痛みは腰から足にかけて伴います。坐骨神経痛ではあるけれど、患者さんの治療を優先し、たまの休日は疲れ果て、専門家に自宅整体を依頼していたようです。

坐骨神経痛の原因をつきとめる

坐骨神経痛がでてしまう病気は何種類かありますが、主に腰周りの病名があります。また帯状疱疹でも坐骨神経痛の症状がでる人もいます。
ですから、整形外科の医師にかかり、診断を受けましょう。まずは、坐骨神経痛の原因がどんなものからくるのか自分にあてはまる病名をさがすことから対策が始まります。

坐骨神経は、腰椎から骨盤を抜けておしりの筋肉からでて足のヒラまでつづく、末梢神経のなかでもいちばん太い神経です。
このつらい痛みは、日常生活ができなくなるほど痛んだり、安静にしようと寝ていても、痛みがあり寝返りを打てず不眠症になるなど、いろいろな問題に発展します。
椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などです。これが、正常な位置なら痛みはありませんが、何らかの理由で圧迫されたり、ひっぱられたり、あるいは血行がわるくなると、痛みがでてきます。

坐骨神経痛の原因に以外に多いのが、筋肉周辺の問題です。
自己判断でいろいろ試すより、医師にきちんと見てもらい正しい原因をつきとめて治していくことが一番の近道です。
坐骨神経に影響をおよぼしている原因がわかり、それを取り除くことができれば、あっけなく、あのつらい痛みがうそのように消えてしまうこともあるので、原因を正しく判断することがとても大事であることがわかります。

日頃デスクワーク中心で運動不足、筋肉をストレッチしてやわらかく保っていない人に多いのが、筋肉の硬直により、坐骨神経になんらかの影響がでていたんでしまうことです。
たとえば、筋肉の問題で腰やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれがでているもので、お尻の筋肉の緊張(梨状筋症候群)などと呼ばれるものがあげられます。これが坐骨神経痛です。

坐骨神経通の治療で大切なこと

坐骨神経痛を治療する上で一番大切なことは、坐骨神経痛がどのような原因で起こっているかを知ることです。一般的には、手術以外の保存療法から始められます。坐骨神経痛の治療とは、この病気の治療をすることを意味します。

坐骨神経痛の症状が余程重くない限りは、いきなり手術をするということはありません。これは、坐骨神経痛の治療は、痛みやしびれなどの症状を引き起こす原因に応じて、適切な治療をしなければ、その効果が期待できないためです。保存療法には薬物療法、理学療法、神経ブロック療法などがあります。

より適切で効果的な治療をするためにも、自分自身で原因を決め付けてしまうことはせず、整形外科の診療を受けることから始めましょう。これらと併せて、日常の生活でも行うことのできるストレッチや体操行うことで、徐々に痛みを改善していくことができます。

坐骨神経痛は、症状の呼び方であり、病名ではありません。つまり、坐骨神経痛自体が病気というわけではなく、その痛みなどの原因となる病気が存在していることになります。

坐骨神経痛は無理をしない

普段の生活の中で、坐骨神経痛が発症することが有ります。治療しても坐骨神経痛の痛みが軽減しない、歩行に障害や麻痺といった症状が現れてきた場合は、手術が行われるようになります。

日常生活では、基本的には安静が原則です。このような症状が1週間程度で自然に改善することが多いのですが、1〜2週間たっても改善しない場合、激しい痛みが生じる場合、腰痛や下肢のシビレ、筋力低下などを伴う場合は迷ってないですぐに整形外科で診断して下さい坐骨神経痛は治療で治りにくいのが特徴です。

坐骨神経痛は原因疾患にかかわらず、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいためまずは症状の緩和をはかることを中心とした対処治療が行われています。また、長時間の座位姿勢を避けるようにして、腰の負担を少しでも和らげるコルセットを装着することもいいようです。

日常生活の過ごし方、薬による治療、理学治療、ブロック注射、などで治療を行い痛みを軽減していきます。無理をしないでお医者さんと相談しながら、治療して下さい。

坐骨神経痛の原因とタイプ

坐骨神経痛は、痛みやしびれの部分が腰だけではなく、お尻や太もも、足など広い範囲に起こります。それは坐骨神経がお尻から太ももの後ろ、膝下の外側、すね、ふくらはぎ、足の先に向かって存在しているためで、その部分が痛むことから一般的に坐骨神経痛と呼ばれているのです。しかし、お尻や足に痛みを感じる病気は坐骨神経痛以外にもあり、本人が「これはよくある坐骨神経痛の痛みだ」と思っていても、実は閉塞性動脈硬化症や足の血管が詰まるバージャー病であったり、背骨の圧迫骨折、子宮がんや前立腺がんが原因のこともあるのです。

上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増すという人は、狭窄症とヘルニアを併発した合併型坐骨神経痛と考えられます。お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛かな?と思ったら、次にどのタイプの坐骨神経痛なのか考えてみましょう。上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる人は、狭窄型坐骨神経痛です。

素人判断で坐骨神経痛と決め付けるのはよくないので、痛みを感じたら早めに整形外科を受診し、原因をきちんと調べることが大切です。逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる人は、ヘルニア型坐骨神経痛になります。坐骨神経痛は、多くの場合、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)が原因となっており、坐骨神経痛を治すためにはこれらの病気を治療することになります。

、そのため狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。

坐骨神経痛の改善について生活習慣を見直すのが一番

毎日の暮らしの中で自然と行えるように徐々に習慣づけていけばよいと思います。上記の予防法はそんなに気を配る必要はありません。また、腰の筋肉・柔軟性の強化を行うことも非常に効果的です。高いヒール・硬い靴底の靴は避ける。脚を組んだり、鞄を肩にかけるときは時々左右を変える。カルシウムを日頃からしっかり取る。

柔らかいものだと腰が沈み込み負担がかかります。これらの靴は腰への負担が多くなります。ウォーキング・水泳など腰への負担が少ない運動を定期的に行う。幾つかを例にしてみますと重いものを持ち上げる時、膝を使うなどしてなるべく腰を曲げないように近づいて持ち上げる。固めのベッドを選ぶ。

体重増加に気をつける。坐骨神経痛の改善としては、「腰に負荷を掛け過ぎない」「体を冷やさない」「カルシウムを摂取する」といった誰にでもできる方法が主なものになります。体を冷やすのは神経痛の大敵と言われています。仕事上無理な人は、コルセットを巻いたりして保護。これは他の病気予防にもなります。

長時間同じ姿勢を続けない。日々の生活では腰に負荷がかかってしまう行動は沢山あります。足腰は温めるように心がける。体重が増加することによって腰への負担は大きくなります。少しずつでも構いませんので、そういった腰への負担が大きい運動を控え、またもっと負担の軽いものへと代替することによって坐骨神経痛の予防としては大きな効果を期待できます。

P R