【 更新情報 】

スポンサードリンク

自分でできるリウマチ改善術

稲垣 誠先生の自分でできるリウマチ改善術の評判をお伝えします。

リウマチの原因は、体の免疫の誤作動です。


私たちの周りはウイルスだらけです。

そのウイルスが体の中に入ってこようとすると、免疫が働いて、体内にウイルスが侵入するのを防ぎます。

その免疫がきちんと機能せず、誤作動を起こすと、リウマチの症状が現れます。


稲垣 誠先生の自分でできるリウマチ改善術は、そのリウマチの根本原因を取り除きます。


ですから、稲垣 誠先生の自分でできるリウマチ改善術でリウマチの根本から改善していくので、病院で治すことができなかったリウマチでも改善することができるんです。


ちなみに医者が行う治療や処方される薬は、痛みを緩和させますが、免疫の誤作動に対して働きかけることはないので、治すことができないんです。



稲垣 誠先生の自分でできるリウマチ改善術はこちらをクリック

藤本修

網野智世子

坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の治療法は、大きく分けて手術療法と保存療法の2種類あり、針治療、カイロプラクティック治療、整形外科治療など様々です。
そこで座骨神経痛のそれぞれの原因に応じた適正な坐骨神経痛治療法を選ぶことが大事です。
例えば失禁や、重度の痛みやしびれを伴わない、いわゆる緊急を要しない座骨神経痛は、一定期間の保存療法の後経過が芳しくない場合、座骨神経痛の手術に進むことが多いのです。
坐骨神経痛の治療法には病院の整形外科で行われる場合と病院以外の整体治療院やカイロプラクティック治療院で行われる場合があります。
1.病院の整形外科で行われる場合
*手術・注射による神経根ブロック
*湿布・痛み止め・座薬などによる投薬
*温熱・電気・索引などによるリハビリ
2.整形以外の治療院で行われる場合
*国家資格を必要とする治療法
 針治療・灸治療・指圧治療・マッサージ治療・柔道整復治療
*民間資格による治療法
 整体・カイロプラクティック・リフレクソロジー・テーピング

坐骨神経痛の予防法は以下のとおりです。
1.腰に負担を掛けすぎない。
2.無理に重いものを持たない。
3.慣れない中腰での動作はしない。
4.体重の増加に気をつける。
5.食事管理に注意する。
6.適度な運動やストレッチをする。(水泳、ウォーキングなど)
7.病院での積極的な定期健診を受ける。
8.ゴルフや野球をする時、左右逆のスイングをする。
その他、坐骨神経痛の予防として長時間椅子に座る時、骨盤の歪みから右足の短い人は右側のお尻の骨(坐骨)に、左足の短い人は左側のお尻の骨(坐骨)に体重をかけて座っているため、両方の坐骨に左右均等に体重を掛けて座るように心がけることが大事です。
そして、それ以外の坐骨神経痛の予防として、その原因にもよりますが、腰に負担をかけないことと、腰の筋肉を強化し、柔軟性を保つことが基本になります。

本部千博

古賀式拒食症

坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経痛とは坐骨神経が痛むとか、しびれる、そして足が冷たく感じる、あるいは足が火照るなどの神経痛の症状を坐骨神経が通る経路に感じる際の神経痛の総称です。
坐骨神経痛が起きる原因は坐骨神経が圧迫や牽引を受けていることが考えられます。

坐骨神経痛の原因となる部分が腰椎、お尻の筋肉、太ももの筋肉のどの部分なのかを検査して調べます。

坐骨神経痛の症状は同じように見えても、対処法は原因によって異なるからです。

坐骨神経痛の強さは個人差が激しく日常生活に支障をきたす、症状の激しい坐骨神経痛から慢性化して、何年も続く坐骨神経痛症状までさまざまです。

そして坐骨神経痛の原因としては以下のものがあります。

*椎間板ヘルニアなどの整形疾患
*糖尿などの内科疾患
*婦人科疾患(子宮筋腫など)
*ヘルニア・脊柱管狭窄症など整形外科の疾患
*糖尿病やバージャー病など内科的なもの

以上において特徴的な症状は内科的なものであり、坐骨神経痛の症状が長く続く場合は原因の再確認が必要となります。

また、坐骨神経痛の原因と自宅整体で治療方法もありますので、早めの診断をおすすめします。

坐骨神経痛の原因と自宅整体で治療方法

井上俊彦

徳永英光

坐骨神経痛の症状 原因 治療法

坐骨神経痛は以前は高年齢や老齢化また加齢に伴う痛みとされてきましたが、最近では年齢や性別に関係なく発症することが多くなってきています。

坐骨神経痛の症状は、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状に分けられます。
梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。医療検査した結果、何も原因が見当たらないことも多くあります。

整形外科の外来で坐骨神経痛を訴える患者さんの多くは、主に腰椎疾患の症状として、腰痛の次に多く見られますが、その原因となる疾患は個々に違い様々です。
検査結果によって医師の判断で接術します。最近では坐骨神経痛を予防することが可能とも言われています。

坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを感じる症状であり病名ではありません。
また何らかの疾患に伴う坐骨神経痛だけではなく、妊娠時などに妊婦さんがなる一時的な坐骨神経痛などもあります。
坐骨神経痛の原因と治療法としては、坐骨神経痛をストレッチや体操などで改善させたり、薬物療法などで痛みを緩和するなど方法はいろいろあります。

一口で坐骨神経痛と呼ばれていますがその坐骨神経痛の症状の中には、様々な原因となる病気が隠れていることが多くあります。
坐骨神経痛の原因は坐骨神経痛の原因はさまざまで、また年齢によっても異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。
一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。
その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、骨盤内腫瘍や脊髄腫瘍なども挙げられます。

坐骨神経痛と言っても、そもそも坐骨神経痛という呼び方は、その名前や診断結果の症状を総じて呼んでいる総称なのです。
腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激には発症し、ラセーグ徴候といって、仰向けの状態で下肢を伸展挙上すると坐骨神経痛が増強するのが特徴的です。全てが合わさって症状が出る事も多いです。例えて言うと腹痛みたいなものです。

お腹が痛いといった症状を指し示して腹痛と言っているのと同じです。
坐骨神経痛の原因と治療法は、坐骨神経痛の原因となる疾患があれば、その治療法を行いますが、必ずしも坐骨神経痛に対する原因や病気が特定できるとは限りません。
また逆に、医療検査した結果、何も原因が見当たらないことも多くあります。


梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。
これらの坐骨神経痛の原因と治療法も概ね含め坐骨神経痛と言われています。

比較的稀な疾患とされていますが、約1割り程度の頻度で坐骨神経のバリエーションが存在することから、見過ごされていることも少なくないと思われます。ほとんど多くの人の場合、片側の坐骨神経痛が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。

また妊婦さんの場合は特に治療しなくても出産後1〜2ヶ月もすれば自然に治りますので、よほど痛くない場合は病院にいかなくても産婦人科などで教えてもらった母体と赤ちゃんに負担を掛けない楽な姿勢をとることですね。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療では、治りにくいのが特徴です。

坐骨神経痛の原因と治療法

兼子ただし
藤城式食事法

坐骨神経痛を改善するには

坐骨神経痛を改善する方法としては、坐骨神経痛の改善と生活習慣の見直しが大切です。

 ○なるべく重いものをもたない。
 ○長時間同じ姿勢をとらない。
 ○激しい運動はさける。
 ○肥満している場合は減量する。
 ○安静にしている。
 ○腰周辺の筋力をつける。
といったことがあげられます。

他にも、ホットパックを利用したり温浴するといったような、患部を温めると痛みが和らぐこともあります。
ただし、原因になっている疾患によって改善法は違いますので、改善法を行なったがために悪化してしまうといった危険性もありますので、改善といっても坐骨神経痛の改善と生活習慣の見直しが必要です。  

また、坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行が困難になる、座っていられなくなる、排泄がうまくできなくなる、といった重篤な症状を引き起こすものもあります。ですので、原因となっている疾患を早期に発見、治療することがとても重要になります。

激しく痛んで、安静にしていても痛い。日に日に痛みが増してくる。発症から1週間以上経っても痛みやしびれが続く。下肢に力が入らない。といった症状がある場合には、早めに整形外科を受診し検査をした方がよいでしょう。

坐骨神経痛の改善と生活習慣の見直し

坐骨神経痛の原因となる主な疾患

特に中腰や前かがみなどを長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに発症する危険性が多分にあります。これが腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し坐骨神経痛を起こしてしまいます。

腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。坐骨神経痛の原因となる主な疾患には次ようなものがありますので、坐骨神経痛と治療方法のいろいろを参考にしてください。

(1)腰椎椎間板ヘルニア背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があるのですが、この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアです。 原因としては、加齢によって引き起こされることが多いのですが、同じ姿勢を長時間続けたり、運動などで腰に過度の負担をかける、などがあげられます。

(2)腰部脊柱管狭窄症   脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれに続く神経(馬尾(ばび)神経)が通っているのですが、この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、これが腰のあたりで発症すると腰部脊柱管狭窄症となります。先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。また、これらの疾患や原因がなくても発症することがあります。

(3)変形性腰椎症  腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。この他にも、腰椎分離症やすべり症、梨状筋症候群、外傷による圧迫、帯状疱疹、カリエス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。

坐骨神経痛と治療方法のいろいろ

坐骨神経痛はなぜ起こる

坐骨神経痛の予防や改善として最も効果的なことは、腰の部分の筋肉や骨の疲れ・ストレスの軽減です。坐骨神経は私たちの体の中では最も太く長い末梢神経です。無理に体を動かすことは、さらに症状を悪化させ、椎間板ヘルニアや長期的に治りにくい坐骨神経痛を引き起こす要因にもなるため、痛みがある程度おさまったら専門医(整形外科など)の診察を受けてください。
坐骨神経痛の治療には色々な方法があります。

大切なことは、坐骨神経痛の予防と自宅療法をすることです。その症状は必ずしも一定ではなく、体をある一定方向に動かした時に生じる痛みやしびれだったり、天候の変化で症状が強くなるなどの特徴がありますが、これらが常に続いているというのも坐骨神経痛の特徴です。そのためにマッサージ・散歩・水中歩行・鍼灸・ヨガなど軽い運動などで疲れを取り除きながら、少しでも強化をすることが、坐骨神経痛の予防と自宅療法
になります。そしてそのことに加えて現代人の特徴として多い、日常的な運動不足や椅子に座っての長時間労働と、食生活などが重なり合って坐骨神経痛を引き起こしやすくしているといえます。

一度坐骨神経痛を経験した人は再発を防止するためにも予防は必須といえます。坐骨神経痛とは私たちの体の中の腰から足先まで走っている「坐骨神経」が圧迫されることで起こる痛みやしびれを伴う症状です。このような特徴を持つ坐骨神経痛ですが、その原因は坐骨神経の長さや太さに起因しています。

痛みが急に起こり、しかも激しい痛みの坐骨神経痛である場合は、まず横になって安静にすることが大切です。
まず整形外科を受診した後に、整骨院、カイロプラクティック、鍼灸、整体なども選択肢にあります。腰から足の先までの、長く、そして関節などの狭い部分を走行しているために何かと圧迫される機会が非常に大きい神経なのです。

坐骨神経痛の予防と自宅療法

P R