手帖のようなもの2 

June 18 [Sun], 2017, 17:09
ホロッコジャム

そろそろオープニングをキめてもいいんじゃないか?

第1部

太陽の小町
相変わらず、つるちゃんのキレが良い。
オチが誤魔化された気がしなくもないが、サイコな笑いを、安田君の存在がエグくなりすぎないようにうまいこと中和している。
昔、カリカの漫才は行き過ぎてぞっとして最後笑えなかったけど、小町はちゃんと安心して笑えるのが好き。

マッハスピード豪速球
たまたまなのか、
老女のネタしか見たことがないのだが、そういうコンビなの?
今回も安定の老女シリーズ。
オネエがハマっていて、最初はなんか差別っぽいネタなのかと思っていたら、小津さんシリーズかっていうくらいいい話になっていて、ほっこりした。

太っちょ☆カウボーイ
キタ!ケツーズ並みにホットでクールな凶喜のキャラクターシリーズ。
ポムポムプリンとか!とか!
ホロッコジャムでは元のカウボーイに戻ってしまうのかな…と思っていたら、フルスロットルで来たので嬉しかった。

水町タカオ
俳句面白かったけど、説明部分がイマイチで残念。

本田兄妹
初めて見た。本当に血縁関係だったとは。
リズムネタとか混ぜて心地よいテンポで展開したと思う。
また、次も見てみたい。

与座よしあき
本人のキャラクターの良さもあるだろうけど、下地がしっかりしているからブレずにやりきるし、
それが観る側の満足感に繋がっているということだろうか。

第2部

小津さんとアイドル

「偶像」と書いて「アイドル」。そういう回にしておけば良かったのではないかと思う。
ダメリズム、面白かったけど、余分な味付けになってしまったように思う。
あれはあれで、別の物語に組み込んだ方がいい気がした。
まぁ、こちらは40分という長尺のコントにするという挑戦を観ているわけだから、これがどう昇華されるのかは次のステップの話なのかも知れないけど。

次回は小津さんと就活。
小津さんと終活かと思ってちょっとドキっとした。

その他
常連で観にきているグループの人が、遅れてくる人の為に席を確保していたけど、小さなキャパの劇場でそれはありなのだろうか。



広告
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zacky
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
http://yaplog.jp/zakizo/index1_0.rdf