ご挨拶 

2007年01月01日(月) 17時52分
お久しぶりの方も、そうでない方もコンニチハ!
コソーリ更新ですよ(笑)。
ま、誰も見てないと思いますが…。

People日記…というか、混在People日記です(笑)。
設定は…

マルシェロという財前マルチェ郎と波ヴァン王の息子さんが、登録したPeopleキャラ『Shello』の観察日記…てな感じ。
シェロは、幼なじみのマルチェリーと結婚して、現在は5児のパパ。
夫婦仲は円満。夜の夫婦仲も円満(笑)。
この辺のアレは、また、機会がアレばPeople本第2弾として描いてみたいと思う今日この頃…。
そんな感じのアレですよ…(謎)。

蛇足的な説明ですが…。
シェロとチェリーは、某People世界で出逢ったけれど、まぁ、色々あって(苦笑)、駆け落ち大恋愛にて結ばれた2人です(笑)。
未だにラヴラヴな関係なんだな、コレが…(笑)。

是非もなし… 

2006年08月28日(月) 21時32分
日記を書くのも随分と久しぶりになってしまったな(苦笑)。
気が付けば子ども達の『夏休み』も終盤だ。
だいたい、想像はついていると思うが…。


マルチェリンだけがアタフタしている。
可愛い孫の『夏休みの友』に波じぃじも一緒になって唸っている。
そのうち上の兄弟や双子の片割れが手伝ってくれるんだろう。
よかったな、チェリン。下の子で(笑)。

私たち家族のコトはこの様に至って平和そのものだ。
末っ子のマルシェラもスクスクと成長している。
時が流れるのは早い…。


People界でのShelloくんとCherryちゃんにも少しずつ変化が起きようとしている。
『コードネーム』での生活も、まぁ、それなりに彼ららしい展開だ(笑)。
幼かった2人だが、今では立派に成長している。
きっとCherryちゃんも、私の愛するチェリーと同じようにキレイな子になっているんだろうな。

ま、チェリーには到底敵わないだろうがな!!

いちご100% 

2006年08月04日(金) 22時26分
私の父『波ヴァン王』とマミー『財前マルチェ郎』がPeople世界で生活を送っていた時、2人は『花屋』を営んでいた。
今は気ままな『アスカンタ国・現役国王』だが、当時身に付けた植物の栽培・育成・アレンジメントの技の数々は健在である。


私の愛しいチェリーは、悪阻で苦しい時は『イチゴ』を食べて気分を紛らわす。
今回の妊娠期間中もそうだったが、美味しそうに食べるチェリーを見て、子ども達も一緒にママのイチゴを食べる。
子どもって、なんで無条件にイチゴが大好きなんだろう…と思う間もなく、大量に消費されるイチゴ…。
『ももいちご』なる高級イチゴの大量消費に、私の財布が悲鳴をあげていた頃、波パパの実家では『チェリー農園』と名付けられた『イチゴ農園』(ええい、紛らわしい(笑)!)が、波パパの道楽で栽培されていた…。


かつて『カリスマお花屋さん』と言われた波パパのイチゴは、

味もカリスマ!
大きさもカリスマ!
見栄えもカリスマ!

という、完璧なイチゴだった…。

『これで、いつでもチェリーちゃんを妊娠させられるな♪シェロ、頑張りなさい!』



波おじいちゃんは、孫が大好きだ。

雑賀孫市 

2006年08月03日(木) 21時56分
久しぶりの日記だな…(苦笑)。
まぁ、内緒で書いてる日記だから誰に迷惑が掛かるワケじゃない。
とりあえず……。

チェリーが無事に出産を終えた♪

6人目となる私とチェリーの愛の結晶は『マルシェラ』と名付けた(嬉)。
チェリーに目元がそっくりな可愛い受け属性の赤ん坊だ。
可愛いな…。やっぱり…。
可愛いぞ、マジで…。
親バカだとは思う。
…んが、敢えて言おう!!!

なんて可愛いんだ!ウチの子は!!!!!

マルシェラが我が家の一員になってからというもの、末っ子の座を明け渡したマルチェニーは、すっかり、お兄ちゃん気質だ(笑)。
チェリンと毎日のようにシェラを取り合っている。
気が付けば『夏休み』。朝から晩まで賑やかな時間だ。

People世界の方でも、ちょっとした動きがあった。
CherryちゃんとShelloくんが『結婚』した。
だが、表立っての結婚は2人にとって、まだ危険が伴う為、お互い『コードネーム』での結婚だ。
『不義』だとは思う。だが、気持ちが治まらない。
愛とは難しいモノだ…(苦笑)。




後悔だけはしないよう、ShelloくんもCherryちゃんも精一杯、愛し合って欲しい…。

マミーがあらわれた! 

2006年07月19日(水) 19時50分
チェリーが出産の為、暫くの間、私と子ども達だけの生活となった。
もっとも、マミー(財前マルチェ郎)達と同居だから、食事には困らない。
チェリーと結婚してからは、ずっとチェリーの料理ばかりを食べていたが、久しぶりにマミーの料理も悪くない。
カリスマ主婦と言われた私の母の料理は某・美食倶楽部の主人K氏直伝とも言われている。

久しぶりに味わう『お袋の味』は、正しく…『至高のメニュー』だった(笑)。
まぁ、波パパの『アスカンタ王家の舌』を長年、満足させてきたマミーの料理。
当然と言えば当然だ…(笑)。個人的にはチェリーの料理の方が美味いと思うんだが…。
食事に関しての不満は特に問題無い。


んが、問題は『食事の後のお片付け』…だ!
これまでは、家事全般を全てチェリーにまかせていたんだが、チェリーが不在の今、マミーにまかせるワケにはいかない…。
…つうか、マミーはソレを認めない。うっかり『お片付け』を忘れようものなら…。

想像するのも恐ろしい!!





『シェロ、洗い物ぐらいは出来るな?チェリーちゃんも今頃、頑張ってるんだ。
貴様も夫として父親として頑張らんとなぁ…。』


私は元来、末っ子気質。
家の手伝いをサボっても「仕方がないヤツだ」と見逃してもらえるというVIP待遇が当たり前。
身の回りの世話は、マミーかチェリーが全部やってくれてたという生活だ。

気が付けば…。
子ども達はちゃんと『お片付け』が出来ていた。
マミーの…、いや、財おばあちゃんの厳しさは知っているらしい…。

サマージャンボ宝くじ 

2006年07月17日(月) 16時58分
末っ子のお願いに最愛のチェリーと毎晩頑張ってみた(笑)。
まぁ、なんだ…。途中から『妊娠してる』…と確信していても頑張ったような気もしなくもない(笑)。
それなりに気を使ってゆっくりと優し〜く…(以下略)。





『シェロ…、6人目が出来たみたいだ…。』

チェリーからの妊娠報告は何度聞いても嬉しいものだ。
私とチェリーの愛の証が、チェリーの中で静かに育って行く…。

もう一つの世界で静かに時を待つShelloくんとCherryちゃんにも、いつかこの幸せを…。

夕べはお楽しみでした 

2006年07月13日(木) 15時33分
私とマルチェリーの間には5人の子ども達がいる。
以前、私たちは、自分達が暮らしていたPeople界に疑問を抱き、こっそり(?)と駆け落ちした。
表の世界では決して気付かれないよう、私たちは細心の注意を払い、駆け落ち先(…といっても私とチェリーの実家だが(笑))にて愛を育んだ

始めに生まれたのは顔も性格もチェリーによく似た『マルシェリー』
次に生まれた子は、私によく似た『マルシェル』

その後、不信感を抱き続けたPeople界との縁を断った後、更なる愛を深めて生まれたのが双子の
『マルシェロン』『マルチェリン』

そして、私たち2人の両親のたっての熱い希望(笑)と、
私達の深い愛の営みにて生まれた『マルチェニー』

皆、それぞれに個性的で、それぞれに愛しく成長している。
かつては『カリスマ主婦』と言われたマミーも、今ではすっかり『おばあちゃん』(?)だ。



天気の良い午後…。
私の膝の上で本を読んでいた末っ子のマルチェニーが呟く。

『パパ…、ボクも妹が欲しい…。』





どうする、ママ(笑)?
可愛い息子の願いを叶える為に、パパはヤル気満々で、ママと激しく(以下略)。


…うまく当たってるといいんだがな(笑)。

クッパ大王 

2006年07月11日(火) 14時15分
Cherryちゃんは、ずっとShelloくんを見ていた。
このまま、全てが巧くいくのかな…と私は思っていた。





だが、現実はとても厳しいものだ。
若い2人の努力は『権力』と『皮肉な運命』とに一蹴されてしまった。
本来、この言葉は口にするべきじゃないのかもしれないが…。

非常に残念に思う…。

まだ、時間はある。
まだ、2人が結ばれるチャンスが無いワケではない。
元来、マルチェロ属性は諦めが悪いからな…(苦笑)。

男の子・女の子 

2006年07月05日(水) 20時22分
幼い少年には女の子(受け属性の子)の心は分からない。

昔の私がそうだった(笑)。
おかげで、どれほどマミーやマゲ子姐(×2)に怒られたコトか…。

私の分身『Shelloくん』も女の子(受け属性の子)の、いわゆる『乙女心(受け心)』にパニックなコトだろう(苦笑)。
『Shello』くんはモテる。
興味を持った子に気軽に声を掛けてしまう、オープンな性格の子だ。
だが、それは『恋愛感情』が芽生えたというワケではない。
ま、幼い少年に『愛』だの『恋』だの微塵も興味はないのだ。

…んが、女の子(受け属性の子)は違うらしい。
もう、立派に『愛』だの『恋』だのを語るのだ(苦笑)。

現在、Shelloくんには3人の幼い恋人候補(?)がいる。
誰かとお出掛けした後は、必ず誰かとケンカする(笑)。

Cherryちゃんは一度、Shelloくんの元を去った。
そして、もう一度、一緒に歩むコトを選んだ。
Shelloくんは、嬉しそうにCherryちゃんを受け入れた。

けれど、まだ『愛』だの『恋』だのに関心は無いようで(苦笑)、相変わらず女の子(受け属性の子)達とケンカしている。





『愛』だの『恋』だのに関心を持つのは、もう少し先のようだ…(笑)。
自分にとっての『大切な人』に気付いたら、Shelloくんも私のようになるか(笑)?

チェリー、愛してるよ。

父子喧嘩 

2006年07月03日(月) 18時01分
ほんの軽い気持ちで登録したPeopleだが、やはり私の分身である『Shello』くんが、チェリーの分身である『Cherry』ちゃんと上手くいかないのは、何とも複雑な気分にさせられる(苦笑)。
幼い頃、私とチェリーがそうであったように、お互い気があるのに素直になれず『ケンカ』ばかりしている(笑)。

まぁ、幼過ぎる2人に『愛』だの『恋』だのは、まだ分からないだろうな…(苦笑)。
私も、自分の気持ちに正直になるのには時間が掛かった。
チェリーとは家族ぐるみで幼い頃からの付き合いだったから、一緒に居るのが当たり前…。

…などと思い込んでいたからなぁ。
『Shello』くんも、似たような感じなのかな?
『Cherry』ちゃんが拗ねると怖いぞ?…多分。


「…ああ、また『Cherry』ちゃんとケンカした!」
うっかりと呟いた言葉を末っ子のマルチェニーが聞きつける。

「パパ!ママとケンカしちゃダメだ!バカめが!」



怒った顔はチェリーにそっくりだ(笑)。