膝靭帯損傷の保存療法と後遺症

November 05 [Wed], 2014, 18:06
人の膝には関節が不安定にならないように、関節の内側に内側側副靭帯、外側に外側側副靭帯、中心に十字靭帯があります。十字靭帯は2本の靭帯がクロスして存在しています。これらの靭帯に、事故や怪我などで大きな力がかかると、靭帯の一部または全てが切れてしまうことがあります。この様な症状を膝靭帯損傷といいます。通常は内側側副靭帯・外側側副靭帯・十字靭帯の何れかが1本切れるのですが、大きな事故や怪我だと2本切れる場合もあります。膝靭帯損傷はスポーツを行なっている人に多く、特にバスケットボール、サッカー、ラグビー、スキー、バレーボールなど他の選手との接触事故が多い種目で多く発生します。損傷した靭帯が1本の場合は、ギプスやサポーターを装着しながら膝の筋力を鍛えて、関節を安定させる保存療法が行なわれます。ただし、膝の筋力が付かないとギプスやサポーターを装着してないときに、膝の痛み・不安定感などの後遺症が残る場合もあります。アコム審査落ち
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そうすけz9gam9m1
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z9gam9m1/index1_0.rdf