レーザー治療に用いられるレーザーの種類

May 23 [Fri], 2014, 6:23
レーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)は安全です。

以前のレーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)では、火傷みたいになったり、肌荒れのもとになったりする場合もあって、それが危険だとのイメージに結びついてしまったのと言われていますね。

けれど、今のレーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)では技術も進み、その危険性のほとんどは解消されている状態です。

特に、近年、ケミカルピーリング(正式な名称は、ケミカルピーリングです)よりも短期間でにきび痕の改善が出来ると呼ねれるレーザー治療(出血させずに切断したり、除去したりできるのが利点でしょう)の人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)が高まっています。

レーザーの照射によって、真皮のコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)の働きを活発にさせる事も出来ますから、ニキビの他にもシワの解消やアンチエイジング(アンチエジング医学の実践を目指す日本抗加齢医学会という学会も存在します)に効果的です。

ただ、レーザー治療に用いられるレーザーの種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)により、1〜2ヶ月程度ほてりや赤みが残る事もありますから、充分に説明を受けて納得した上で受けるようにしてください。

また、レーザー治療(出血させずに切断したり、除去したりできるのが利点でしょう)を受けたら肌のバリアも弱くなってしまうので、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)対策などと言ったスキンケア(実は、体調や季節などによって、使う基礎化粧品も変えた方がいいといわれています)をきちんと行う必要があります。

それに、肌が日焼けした状態でのレーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)も避けた方が無難です。

びこうじゅん

急に多量の汗をかくようになったといった

April 13 [Sun], 2014, 18:17
異常な汗かきが、実は病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)だったといった可能性があるのです。

これまで特に汗がひどかったわけではないのに、急に多量の汗をかくようになったといった場合は特に、全身の状態に注意するようにしてください。

突然の汗かきで代表的な病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が、甲状腺機能亢進症(人間以外にも、高齢の家猫が発病しやすいといわれている疾患です)です。

甲状腺とは、ノドのところにあるホルモンを分泌している器官です。

この甲状腺の機能が急速に活発になり、ホルモンを出し過ぎるようになるのがこの病気の特徴で、その影響で代謝が必要以上に行われるようになり、体にさまざまな悪影響を与えます。

汗がひどくなるに限らず、体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)減少や動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)、手の震え、下痢(人工甘味料などを摂り過ぎても起こることがあります)などを起こす事が多いでしょう。

また、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の際にも汗が酷くなってます。

糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)になってしまうと、尿が腐りかけの果物のニオイになるともいわれますから、尿のニオイにも注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)した方がいいでしょう。

寝汗が急にひどくなった場合には、血液の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)である可能性があるのです。

白血病や結核にかかると、一晩中、大量のべたべたした汗をかくようになるでしょう。

このように、汗が病気(先天的なものも少なくないでしょう)の一つのサインになることもありますので、見逃さずに早期に病院を受診するようにしましょう。

電流の波形を記録し、病気

March 25 [Tue], 2014, 6:46
動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)かどうかの検査法を紹介します。

・心電図検査
・コンピューテッド・トモグラフィ検査
・超音波検査

こういった動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)の検査法があるんでしょう。

まず、心電図検査に関することです。

心臓は拡張と収縮を繰り返すと、微弱な電流を発生するのです。

その電流の波形を記録し、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)があるかどうかを読み取るのが心電図検査となるんです。

心電図検査では、動脈硬化(血糖値、血中脂質、血圧などを測ることで、動脈硬化かどうかがわかるでしょう)、心筋梗塞(冠動脈の血流量が低下し、虚血状態から壊死した状態のことです。壊死にまでいかない場合には、狭心症を呼びます)、不整脈、高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)症、心肥大などを調べる事が出来るはずです。

続いては、CT検査に関する事です。

X線を使って、体を輪切りにした映像を見る事が出来る検査をComputed Tomography検査と言います。

心臓の断面図を見ることができるために、血管が詰まっていないかどうかをみる事ができるでしょう。

おわりに、超音波検査についてです。

超音波を体に当て、体の中を画像化する事が出来るのが、超音波検査です。

超音波検査で、血管が厚いか硬いかなどをチェックすることができます。

超音波を体にあてますが、痛みは全くないでしょう。

その他にも、MRI検査や眼底検査などの検査法があるのではないでしょうか。

心身の健康を損なってしまう恐れがあります

March 07 [Fri], 2014, 7:03
生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)がおきる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、色々なことが考えられるのではないでしょうか。例えば、過剰なストレス(過剭に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)や不規則な生活、運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)、冷えなどですね。生理が憂鬱だな、嫌だなと思っているだけでも、それがストレスになって生理痛がひどくなると言われているようです。また、体質的に問題があって、生理痛(月経時に感じる痛みのことです)がおきているケースも多いかもしれません。子宮を収縮させるホルモンであるプロスタグランジンの分泌量が多いと、生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)が起こるのです。この場合には、産婦人科(赤ちゃんを産むための分娩施設を併設していないこともあるそうです)などを受診して、プロスタグランジン合成阻害薬の処方を受けると、痛みを改善可能となっているのです。また、プロスタグランジンの原料となるような食材を出来るだけ摂らないようにするのも良いと思います。もし、段々と生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)がひどくなりいくようなら、産婦人科(妊娠や出産を扱う産科と女性特有の疾患を扱う婦人科の両方を扱う診療科のことをいいます)を受診して検査を受けてみてくださいね。生理痛がおきる要因としては、子宮内膜症や子宮筋腫などといった子宮の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)も考えられるのです。これらの婦人病が原因で生理痛(月経時に感じる痛みのことです)がおきている場合には、原因になる病気を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)しない限り、ひどい痛みは続くとされています。しかも、月日の経過とともにますます悪化していくと思っています。婦人病は不妊の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になりかねませんから、早めに産婦人科(妊娠や出産を扱う産科と女性特有の疾患を扱う婦人科の両方を扱う診療科のことをいいます)を受診するようにして下さい。生理痛(月経時に感じる痛みのことです)は遺伝的な体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)ばかりが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)とは限らないのです。食べる物や飲む物、生活習慣などが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になっているケースも多いです。動物性脂肪の多い料理、乳製品、チョコレート、スナック菓子(濃い味付けに慣れて、薄味では満足できなくなるのも問題でしょう)などを非常に多く摂っていると、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)がおきやすくなるになるものです。

忙しい現代社会では、自律神経

February 28 [Fri], 2014, 18:27
忙しい現代社会では、自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)の乱れを引き起してしまうような原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)があちらこちらに転がっているみたいです。例えば、お仕事で受けるストレス、一定しない食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)や睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれますね)、ほかにも、人間関係等が原因で、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)を乱してしまったりする方も多くいらっしゃるみたいです。そんな現代社会の中で、心と体の健康を保つためには、自力で自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)を整える必要があると言われています。幾つか気軽に、日常的におこなう事のできるような方法をご紹介していきましょう。日頃からストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)や疲労感を感じやすい方は、自律神経の乱れを防ぐためにも、ぜひ試してください。まず、自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)を正常に保つ為には、リラックスをすることがすごく重要です。お部屋で好きな香りのお香を焚いてみたり、アロマオイル(精油ではないのに精油のつもりで使用すると、思わぬトラブルが起こることもあるでしょう)を香らせて、音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)を聴くなどすることによってリラックスできる空間を作りてください。そして、常に体が温かい状態でいられるように、体を温めることを意識してみましょう。自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)が乱れると、血行障害を起こしてしまうことがあり、体を冷やしてしまったりする事になります。特に女性にとっては冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)はたいへん恐ろしく、生理や排卵などホルモンにも影響を与えてしまいますので注意が必要ですね。就寝前はシャワーだけを浴びるのではなくて、湯船に使ってきちんと体の芯まで温めてあげることが大事ですね。他にも、食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)を改善する事によって、自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)を正いつも保つ方法もありますね。自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)が乱れると、エネルギーの代謝が悪くなってしまうといわれていますが、この代謝を促進するために、青とうがらしを料理に使ってみると良いですよ。青とうがらしには、カプシエイドという成分が含まれていて、これが体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)を上昇させるのに役立つためす。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z9f9bin
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/z9f9bin/index1_0.rdf