乳酸菌をたくさん摂りすぎても特にこれといった副作用はござ

June 25 [Sat], 2016, 12:37

母は重度のアトピーです。







どうやら遺伝していたようで、私もアトピーを発症してしまいました。







皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。







スキンケアをしっかりしないと、何もままならないです。







母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、恐ろしくなってしまいます。







乳酸菌と耳にして考えられるのはカルピスと言えるでしょう。







小さかったころから、日々飲んでいました。







なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。







毎朝私に、母親が出してくれました。







そのわけで、私は便秘の経験がありません。







カルピスのおかげで丈夫な体になりました。







実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効くといわれています。







1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したという番組がありました。







うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。







おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。







屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。







ですから、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を防止する能力のある乳酸菌を継続して摂取することでおならの臭いを相当、減らせます。







以前より、アトピー克服のためには食べるものも重要です。







アトピーに効果的な食事にすることで健康的な肌へ変わっていくことが可能となります。







胃腸などの消化器系を労わって免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品を筆頭とする食品を毎日一定量摂取すると良くなることに効果があります。







乳酸菌をたくさん摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。







ただそうは言いますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーオーバーとなることがあります。







消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと安心でしょう。







運動不足は筋肉の衰退に限らず、体調不良も引き起こします。







もっとも女性に多く見られるのは、便秘なのです。







運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが良い方法です。







更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2度はウォーキングしたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。







便秘に効くツボで有名なのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに天枢(てんすう)です。







また、おへその下5cm程度のところにあるふっけつというツボも良いと思います。







手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。







便秘のパターンによっても、効くツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善につながるでしょう。







乳児がインフルエンザになったら、最も大変なことに達します。







まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも可能性が有るでしょう。







ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正解かもしれません。







知っての通り、アトピーは大変に我慢できない症状になります。







暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの根くらべになります。







夏場の汗はかゆみを増大し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。







その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、誤って食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸困難に陥ることもあります。







インフルエンザにかかってしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂らなければなりません。







お薬ももちろん大事ですが、栄養を体内に補給することも大事です。







早急にインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。







朝昼晩と食欲がわかなくても、消化しやすく栄養があるものをできる限り摂ってください。







仮に便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。







特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。







野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。







乳酸菌といえば連想されるのはカルピスでしょう。







小さかったころから、毎日飲用していました。







それは乳酸菌があるからです。







毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。







そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。







きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても健康体になりました。







私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。







効果があった方法は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。







友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買ってとにかく食べることにしました。







この方法を続けているうちに、改善されてきて、ひどい便秘になることもなくなりました。







元々、アトピーに有効な化粧水を日頃から使っています。







友人からすすめられた化粧水は、私の重症だったアトピーを想像以上にきれいに整えてくれたのです。







毎朝鏡を見るのが、嬉しくなりました。







手が触れる度に素肌がサラサラになったことを実感しています。







ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは共通ですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る働きがあるのだそうです。







だから、ノロウィルス対策に効果的と考えられているのですね。







このごろでは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、意識して摂取するといいのかもしれません。







アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年々高い効能になっています。







もちろん、必ず医師の指示の下できちんと使用するということが肝要です。







もし、異なる治療方法や薬を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。







自分だけで判断することは好ましくありません。







いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって健康状態が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。







結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。







私も、もしかして、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、検査したいと念じました。







屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が有効です。







おならの臭気の原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。







ですから、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ能力のある乳酸菌を摂り続けることにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。







インフルエンザは風邪とは違うもの知られています。







症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、短時間で高熱に達し、3日から7日は最低それが続きます。







型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に少しのが見られます。







場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、甘くは見ることはできない感染症です。








http://www.yasunagakeyta.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z93r583
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z93r583/index1_0.rdf