アルミホイール修理におけるダイヤモンドカットの特徴とは?

June 16 [Tue], 2015, 9:30
アルミホイール修理には、さまざまな研磨方法がありますが、ここでは「ダイヤモンドカット」の特徴を紹介していきます。
アルミホイール修理における研磨の方法には、ボディに光沢を与え、ツルツルに表面を磨き込む「ミラーポリッシュ研磨」と、切削ライン光沢仕上げの、表面削り出し研磨の「ダイヤモンドカット」があります。この研磨方法は、ポリッシュ表面加工とは全く違った加工方法です。
このカットの修理の流れとして、1.曲り・ガリ傷修理、2.溶接・研磨・形成、3.一部分または全面カラー塗装、4.カラー塗装クリアコート、5.ダイヤモンドカット、6.クリアコート丸塗りという作業工程となります。この工程も、ホイールの種類により多少違いがあります。
ただし、このカットの特徴は、磨きではなくカットであるためホイールによっては加工が不可なものもあります。例えば、丸みを帯びたディスクのホイール、共振歪み・横ブレ縦ブレのあるホイール、深リムや旧RSリム・旧式OZなどは、肉厚確保や強度確保の面から不可となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おのうちきよし
読者になる
こんにちは!車大好き人間「きよし」です。カーメンテナンスの達人になりたい!まずは、アルミホイール修理の方法をマスターしたいと思います。このブログでは、その成長の記録を記事にしてアップしていきますので、応援して下さい!新商品、新技術など皆様にとっても役に立つ情報満載でお送りしていきます。
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z8gtifdk/index1_0.rdf