超オクテ男でもできた、彼女を作る方法

January 13 [Fri], 2012, 14:45
僕に彼女が出来たのは、片思いを成就させたからなんです^^

今までモテた事なんかなかったのに、

彼女の作り方の決定版とも言える、ある方法を見つけたのが

僕に運の回ってきた始まりでした。



彼女と出会ったのは、3年前のことでした。

近くの弁当屋でアルバイトをしていた女子大生で、

どこか、加藤夏希に似た彼女は、今どきの女の子とはちょっと違って、

どこか控え目で、おとなしい印象の女の子でした。



その弁当屋へは週3〜4回は通っていて、

それまでは、おばちゃんがレジを打っていたので、

何も気兼ねなく行っていて、

特に休みの日は、ボロボロのスエットでもかまわず行ってました。



その日は日曜日。

いつもの調子で昼飯の弁当を買いに行きました。

いつもは一番安いのり弁なので、いつも通りに

「のり弁ひとつ」と言うと、聞き覚えのない声が・・・・

その時初めて、それがいつものおばちゃんじゃない事に気付いて、

ビックリしたのですが、

あき竹城が加藤夏希に化けたような感じで、

心臓が止まるかと思ったほどです。

これが彼女と初めて会った日の事です。



それからは、毎日その弁当屋へ通いましたが、

彼女がいない日もあるので、様子をうかがっていると、

彼女がバイトをしているのは、火曜・木曜・日曜だと分かり。

その日は何が何でも、弁当を買いに行きました。



それから2年。

何の進展もなく、交わす言葉は

「いらっしゃいませ」

「特上幕の内弁当ひとつ」

「特上幕の内弁当ひとつですね」

「600円頂きます、ありがとうございました」

たったこれだけ・・・・^^;

彼女だって何時までもそこでバイトをしている訳じゃないから、

これじゃ、進展どころか、僕の気持ちも分からないまま、

彼女と会えなくなる日も近いですよね。



2年間経ってもこれしか話せないのは、

僕が極度のオクテだからだったんです。



ところが、そのオクテを武器にして、

オクテからはじめる恋愛テクニックを身に付けたからなんです。

それまでは、オクテでモテない男が、

モテる男に大変身することが出来たんです^^



今まで気付かなかったオクテの良いところを引き出して、

女性にモテるこの方法は、

誰にでも出来る簡単な事をするだけで、

加藤夏希似の控え目美人を、彼女にすることが出来たんです^^

オクテでも彼女が出来たのは、そんな方法のおかげでした


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうとk6xa
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる