不妊治療をしている時点で、赤ちゃんを望んでいるのですから

March 11 [Fri], 2016, 16:28

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。







この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。







では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。







妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。







葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。







妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。







ですが、他にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。







その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。







このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。







男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。







質の高い精子をつくることをサポートしてくれるのです。







妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。







お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的な疲労も相当なものです。







自治体の助成金制度を利用しても、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる場合がほとんどです。







治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。







実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、いっそう精神的に疲れてきました。







妊娠したいと考えている、または、妊婦の人であれば、胎児の健全な成長のため、努力して葉酸を摂取しようとするものです。







しかし、摂取量には気をつけることが必要です。







というのも、過剰に取り入れると、短所があるようです。







適切な摂取量をぜひ確認していくことが重要です。







妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。







1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。







葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。







赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。







仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。







その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。







漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。







彼女は漢方を続けていたようです。







その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みんなでお祝いを計画しています。







葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始めた段階から妊娠の初期にかけて忘れず摂り続ける事が望ましい摂取の仕方とされてて、お腹の障害を予防する効果があるといわれています。







実際、妊娠3ヵ月頃までの時期は、葉酸の含まれた食品やサプリなどから意識的に取り入れる事が大事になってきます。







葉酸の摂取が一番必要とされる時期は妊娠初期です。







もし、子供ができたことに気づいてから、「葉酸・・・!」と後悔する母親もたくさんいます。







悲しいことにならないように、妊活中の女性は日ごろから葉酸を摂ることをおすすめしています。







2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。







本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。







料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、二人目の妊娠が判明。







やったぁ!と思いました。







嬉しかったです。







「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。







その理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。







この話はもちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。







実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。







ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。







妊娠するための積極的な活動を開始したら同じ時に私の方が葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。







葉酸は妊娠直後の胎児の神経発育に役立つとても大切な栄養素で、マカは生殖機能を助け、活力を増進させ、亜鉛は精子を増やし、活力増加に効果があったので、飲み始めました。







飲み続けて半年で、妊活の効果があったのです!不妊の要因になるものといえば、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが考えられるでしょう。







もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。







ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。







不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。







生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。







妊娠を望む家族の声や、本人の不安などが不妊治療に通ううちに高じてくるというパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。







自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。







妊娠初期の段階では赤ちゃんの器官形成にあたる大切な時期なのです。







その時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると胎児の障害、先天性奇形率が上がってしまうと言われています。







仮に妊娠を望む女性でなら妊娠する前から意識的に葉酸を摂る事が大切ですし、妊娠の初期段階にもサプリメントで毎日補うのが有効だと言われています以前、私が友人に教えてもらったピジョン葉酸がかなり良いです。







妊娠中に必要不可欠な栄養素を補給してくれるのです。







その上、ずっと困っていた冷え性も良くなってきました。







葉酸サプリを飲み始めたのは赤ちゃんのためでしたが、私自身の体にも良いようなので、赤ちゃんが産まれた後も続けていこうと思っています。







葉酸という言葉は、あんまり普段は聞きなれない言葉ですが、妊娠すると絶対に聞くビタミン、栄養素です。







母子手帳にさえその摂取が必要だと書いてあるくらい重要なんですね。







積極的に摂取することをすすめます。







葉酸が手軽に摂れるサプリもいっぱい売られています。







葉酸というものは妊娠前から摂取して初期の時点で体の中にあるという状態が理想だとします。







不妊治療をしている時点で、赤ちゃんを望んでいるのですから、同時進行で葉酸を摂取することを心がけるのも胎児の先天性奇形を未然に予防するというところにおいて必要な事となってきます。







ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。







葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。







理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。







食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも賢い方法だと言えます。







いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。







不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。







タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。







検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。







排卵誘発剤が有効というので試してから、早々に妊娠が発覚しました。







ストレスも原因だったのかなと思います。







早めに受診するべきでしたね。







妊娠初期のみ葉酸がいると思われがちですが、そういうわけじゃないんです。







事実、妊娠中期から妊娠後期にかけてもお腹にいる胎児の成長を促したり、悪性貧血から母と子の身を守ってくれたり、妊娠高血圧症候群を予防する効果があるなど母子共に必要な役割をしてくれます。







授乳を終えるまでの期間は、継続して葉酸を摂取することが大切です。








きれいな奥さんはお好きですか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z6oj32s
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z6oj32s/index1_0.rdf