看護師による即断の是非

February 12 [Tue], 2013, 9:54
患者さんの病状によって、看護師がスピーディーな対応を求められる場面というのはたくさんあります。
ですが、迅速さばかりを求めた決断を下すのは、間違った対応だといえるでしょう。

特にあるのが、日頃行なっているルーチンワークなどで作業が機会化してしまい、重要な患者さんの変化を見逃すことです。
また、「いつもの業務だから」といった固定概念のせいで、物事を決断してしまうのも危険だといえるでしょう。

即座に業務にあたることは確かに必要ですが、小さなミスも許されない医療機関という特殊な現場で働いているということも忘れてはなりません。
迅速さは正確さを伴ってこそ意味があるのだということを肝に銘じておくべきでしょう。

できることは早く正確に、慣れない業務なら観察力や知識を駆使して、それぞれ臨機応変に対応していくことが重要です。
また、自分1人で何もかもするのではなく、他の看護師や医師と連携して業務にあたることも大切になってくるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z642z3gm
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z642z3gm/index1_0.rdf