親族の看護・介助がしんどい…心的負担をどうなくすか

January 11 [Mon], 2016, 23:06
要介護な場合といえば、一般的には認知症や脳出血といった症状、あるいは転倒による外傷ではないでしょうか。

気持ちの準備もない内に唐突に看護・介助の問題に臨む際には、さぞかし困惑する事でしょう。

そういう時は関係部署の助言を得る事で善処しましょう。

自分が介護問題と向き合う場合は、率先して専門機関にガイダンスを求めるように心掛けて下さい。

なお担当のアドバイザーなどがいないのでしたら、地方に設けられた在宅介護支援センターに話すのもいいのではないでしょうか。

これは公的機関である為無料で相談可能です。

非営利法人以外でも介助・看護業務に参画する会社企業がどんどん増えている状況です。

その中で、介護保険が利用できるサービスは勿論、食事の配送・家政援助など細かいものに至るまで、じつに様々なシチュエーションにぴったりの事業も考案されてきているのが現状です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z55glpa
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/z55glpa/index1_0.rdf