保健師が大学で働いていて困ること

March 28 [Fri], 2014, 23:41
保健師の働き方はさまざまであり、教育機関でも近年は心のケアが重視されてきていることで、保健師へ求められることが多くなってきています。
中でも大学は在学中に成人を迎える学生が多く、心も大きな変化を迎える時期です。

保健師が大学の医務室で勤務する場合には、大学内で働いている学校職員や通学している学生と接することになります。
学生には大学生活の悩みがありますし、就職活動を進める中でもまたメンタル面での支えが必要とされます。

人生の方向が決まる時期にあたりますから、よりデリケートな悩みについて理解する必要もあるのです。
相談を受ける保健師としては、大学生活や就職活動を経験したことがある人であればより幅広い対応をすることができます。

社会経験が関係するとなると、困る場面もあるかもしれません。
とはいっても真摯に対応することが第一であり、カウンセラー系の知識について勉強することで対話スキルを高めるといった努力も求められるところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのり
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z4yhqe6g/index1_0.rdf