維持率と余剰金

November 17 [Wed], 2010, 21:05
FX業者、または取引口座などのコースによって強制的にロスカット
設定される維持率があり、証拠金全体の場合とポジションごとの
維持率の場合があります。

例えば証拠金全体で20%で強制ロスカットされる場合を例にします。
●証拠金100万円
●50万円をレバレッジ10倍
●余剰金50万円

1ドル100円の際に5万通貨をレバレッジ10倍で買ったとします。
余剰金は50万円で20%で強制ロスカットなので・・・・

1ドル100円→1ドル90円になった場合
持ったポジションは50万円の損失、証拠金全体は50%の維持率。
持ったポジションは維持され強制的にロスカットされません。

余剰金が無い場合、つまり50万円の証拠金で取引した場合。
●証拠金50万円
●50万円をレバレッジ10倍
●余剰金0円

1ドル100円→1ドル92円で強制ロスカットです。
残った証拠金は10万円で40万円の損失となります。

かなり幅のある話ですが、実際に1ドル90円までいった後に
1ドル105円まで値を戻したとしても、余剰金のない場合は損失を
取り戻す事もなく、一方の余剰金がある場合は損失を取り戻し
更に為替差益と金利を受取る事ができる訳です。

このように余剰金があれば少しの値動きで強制的にカットされる
心配も少なく、長期的視野に立った取引が可能という訳です。

またポジションごとに強制的にロスカットされる場合は
余剰金に関係なくポジションの維持率から計算されるので
自分の持つ口座のロスカットルールを把握して置かないと
なぜ?って事にもなるので確認して置きましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z4myh0sg
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる