【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)

May 11 [Tue], 2010, 11:13
 ゆったりと柔らかいフォルム。伝統的でありながらデザイン感覚に優れ気品にあふれる。そんな器を数多く創作したのが英国の女流陶芸家、ルーシー・リーだ。

 1995年に世を去ったが、93年の生涯で常に試行錯誤を繰り返し、常に新しいデザインを示し、新風を吹き込んでいった。例えば、50年ごろの斑文大鉢などは、ひねられてゆがんだ形態が特徴。心地よくゆがんだフォルムがやさしく味わい深い。サラダボウルとしての用途以上に観(み)て楽しい。あるいは金属棒を使い表面をかき落とし、不規則な線の模様を施した線文大皿(54年ごろ)など、洗練されたデザインがさえる。

 第二次大戦中は生活が苦しくなり、陶製のボタンを作って生活の糧としたが、バラエティーに富んだカラフルな形は人気を呼んだ。

 英国の陶磁器メーカーのウエッジウッドからコーヒーセットのデザインの依頼も受け、白い線の入ったシンプルな意匠を提案するなど、常に挑戦し続けた。本展は国内外から約250点を集めた。日本でこれだけ多くの作品を集めたのは没後初となる。6月21日まで。(和)

【from Editor】希望に燃える同級生(産経新聞)
酒気帯び運転で車に衝突、炎上 女性は全身打撲 君津(産経新聞)
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い−宮崎(時事通信)
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/z4jik2sx/archive/53
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。