簡単な減量とリバウンド

July 24 [Thu], 2014, 16:32
簡単にできる減量でも、できれば継続的に体重を減らしていきたいと考えるのではないでしょうか。簡単な減量において大切なリバウンドがどうして起こるのかと言う事について調べてみました。減量の原理は、それほど複雑なものではありません。食事などで摂取するカロリー量と、運動や生命活動で消費するカロリー量を比較して、摂取カロリーの方が少なくなればいいのです。炭水化物を極力摂取しないことで、摂取カロリーを制限するダイエットがあります。米やパンなど主食に相当する部分の食事を抜くことで、摂取カロリー量を制限するというやり方ですが、欠点があります。簡単に減量と言うと食べる量を極端に減らせば体重は減るように考えがちです。人間の体にはホメオスタシスという働きがあるため、食事をいきなり減らすと体がその影響を受けないように代謝を下げてしまいます。体を痩せにくい体にしてしまう場合があるのです。ホメオスタシスとは、食事の補給が途絶えた時など、万が一の事態に応じて体を維持するためにあるという機能です。体からすれば、急に供給される食事の量が少なくなるわけですから、対策を立てねばならないと思ってしまうのです。簡単な減量をと食事の量を減らし、ホメオスタシスが働き出したころに食事を戻すと、体はカロリーを貯め込んでリバウンドしてしまいます。減量をする前に体の機能について簡単にでも理解してから行う事ができれば、随分とダイエットの成功率が高くなることでしょう。

福島の未来
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:z3uvvg9455
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる