妊娠の初期にも胎児の奇形を防ぐために摂取が大切になってく

April 28 [Thu], 2016, 12:05

ご存じない方も多いみたいですが、葉酸はDNAを合成したり脳や神経を作るとされ、特に胎児には欠かせない栄養素とされているのです。







事実、先天性異常の危険を減らしていくとして、世界でその重要性について指導をしているのです。







必要量は、妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとのことですが、1000mg以上の過剰摂取は注意してください。







ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。







ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が推奨しているんです。







今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。







また種類によっては特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったことも多いです。







夫婦になり七年ですがなかなかコウノトリは来てくれません。







だけど、私の不妊症には原因がないんです。







色々な不妊検査をしてみても結局、原因を断定できないため、改めるべき点もわかりません。







排卵誘発剤の力を借り治療をしてみたのですが、頃合いを見て人工授精を試そうと主人と話途中です。







ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。







葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。







なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。







具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。







食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも大丈夫です。







私は葉酸のサプリメントを毎日摂取しています。







飲み方は決して難しくありません。







多めのお水と一緒に飲みやすい大きさのサプリを飲むだけで十分です。







気になるニオイなどもありませんし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っています。







葉酸は赤ちゃんのために飲んでいるのですが、体のためにもなるということなので、今後も継続して飲んでいくつもりです。







葉酸の摂取期間についてお話しします。







皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において推奨されています。







ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、それは違います。







葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。







不妊体質を改善するために、食生活を見なおしてみるのは重要なことだと思います。







精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては卵子や精子の活発さは、期待しにくいでしょう。







妊娠を望むなら、まずは体作りです。







栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。







以前、私が友人に教えてもらったピジョンの葉酸サプリは大変良いサプリです。







妊婦にとって大切な栄養素を補うことができるのです。







それだけではなく、ずっと悩まされて来た冷え性も良くなってきました。







葉酸サプリは赤ちゃんのために飲み始めたのですが、私の体調も良くなってきたようなので、産後も飲み続けようと思います。







サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。







妊活中の女性において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。







葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。







それから、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。







ですから、妊活中の夫婦それぞれに多くの効果が見込めるサプリだという事です。







妊娠するまでは、葉酸は、あんまり普段は聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず聞く栄養素、ビタミンの一種なんです。







母子手帳にもその摂取が必要だと書いてあるほどの大切な栄養素です。







積極的に摂取することをすすめたいです。







手軽に葉酸が摂れるようなサプリもたくさんの数が売られています。







赤ちゃんを授かるために積極的に活動を始めたら時を同じくして、私は妊活に効果があるという二つの栄養素である葉酸とマカを夫はマカと亜鉛が良いという事で二つのサプリを飲み始めました。







葉酸は受胎直後に胎児の神経発育に欠かせないとても大切な栄養素で、マカは生殖や活力を強くする効果ががあり、亜鉛は妊活に役立つ精子の数が増えたり元気にさせる効果があったので、摂取し始めました。







これを続けて6か月で、私の所にも赤ちゃんがやってきました!一度流産を経験しました。







しばらく経ってから、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活について調べるようになりました。







身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私はまず運動で、体を変えてみようと思いました。







運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性も良くなったので、本当によかったです。







妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。







とくに赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は最も重要なポイントだと言えます。







こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いでしょう今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。







代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。







葉酸は妊娠したいと考えはじめた段階から妊娠の初期の時期にかけて摂取を続ける事が良いとされているため、赤ちゃんの先天性奇形を予防するといった効果があるといわれています。







実際、妊娠3ヵ月頃までの時期は、食品及びサプリメントなどからできるだけ摂取する事が大事になってきます。







とにかく夫婦にとっての欠かせない栄養素はずばり葉酸というものです。







葉酸が不足していると子供の脳や神経系に障害が残るリスクが大きくなってしまいます。







実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかというと、脳や神経を形成する時期は妊娠3ヶ月以内となっているため、この頃に葉酸を摂取する必要があります。







実は葉酸は妊娠している女性の間では、つわりにも好影響を及ぼすと注目されています。







これはいろんな説があるのですが、葉酸を摂取できている安心感のために、女性のストレスが軽減され、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。







どちらにしても、特に妊娠の初期段階は普段の倍の量を摂取するのが理想と考えられています。







妊娠をきっかけに専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。







実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。







葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。







はかには、野菜もそうですね。







普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。







妊娠を視野に入れている、そしてあるいは、妊婦の人であれば、胎児の健全な成長のため、意図的に葉酸を摂取しようとするものです。







ですが、摂取量には注意するべきです。







取り入れすぎると、欠点があるみたいです。







どのくらい摂取すればよいのか、ぜひ確認してみてください。







実は、葉酸は妊娠する前より意識的に摂るのが重要と言われています。







妊娠の初期にも胎児の奇形を防ぐために摂取が大切になってくる栄養素だったりするのです。







葉酸は野菜にたくさん含まれる栄養素ですが、毎日意識的に食品から摂るのは手間もかかり大変ですので、サプリメントにより摂取すれば効率的です。







なかなか妊娠できないその要因はたくさんあると思います。







しかし、病院でいろいろと不妊検査をしてみると、原因がはっきりわかる場合とそうではないときがあります。







不調がみつかればその原因にたいする医療行為をはじめればいいですが、定かではない場合、毎日の食生活にも注意すべきな気がします。







日々のことですから、どんなものを摂取するかによって、体質に変化が生じると思います。








http://blog.livedoor.jp/hcj7y8k/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z3iojw2
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z3iojw2/index1_0.rdf