医療が存分に活かされるために何をすべきか?

August 02 [Wed], 2017, 16:47
新宿ミネルバクリニックのコンセプトは、今日の先進医療、明日の地域医療と捉えていて、専門医を地域に置くことの重要性を指摘していました。
少なくとも医療は進化し続けていくのは多くの方が感じ取っているでしょうし、地域の医師不足をどう解消していくかが課題です。

患者に頼られる医療施設にするには、新宿ミネルバクリニックのような明確なコンセプトを掲げている必要があるかもしれません。
患者が望む医療を確立させるために何が必要なのかを医療人が試行錯誤で探すことも大切です。

けれども、専門医の扱い方次第で今後の医療が大きく変わっていくことを院長が見据えているでしょうし、専門的な治療が在宅看取りで活かされないのは勿体ないです。
台東区にお住まいの方ならば、台東区在宅看取りに専門医の力が介入すべきという考えに行き着くのでしょう。

新宿ミネルバクリニックは、遺伝子から終末期まで広範囲な診療を心掛けています。
院長が内科専門医などの3つの肩書きがあるからこそ、こうした診療態勢が敷けるわけですね。

報酬を省みない医療行為が患者を救う決め手になるかもしれません

April 19 [Wed], 2017, 16:06
医療業界に勤めている多くの方は、高い報酬を得ているのではないでしょうか。
命に関わる重大な仕事に就いているからこそ、その仕事に見合う報酬が付いてくるのは当然だという考え方があるかもしれません。

その考えと相反する思想をお持ちの新宿ミネルバクリニックでは、無報酬でも必要なことは最後までやり通すべきだと肝に銘じています。
院長は癌の専門医としての経験があるため、報酬とは切り離した医療を展開することの必要性を訴えているようです。

癌は命を脅かす恐ろしい病なだけに、その病に立ち向かう上での一切の雑念を取り払うことが大切だとおっしゃりたいのでしょう。
言わずもがな癌以外の病で生命の危機に瀕する場合であっても、報酬を度外視した医療提供が大前提だと捉えているはずです。

患者の命を預かる立場上、中央区在宅看取りにも全身全霊で取り組むべきだと認識しているのが見て取れます。
医療人としての基本精神に則った活動が、患者の命を救うことに結びついてくるわけです。

父が院長に伝えた医療人としての心構え

March 17 [Fri], 2017, 4:55
新宿ミネルバクリニックのスタッフも、在宅医療への独自の観点をお持ちなのでしょう。
言わずもがな院長もその一人であり、今の医療人としての心構えを携えるようになったのは父の影響があるからです。

父は生前電気関係の仕事に従事していて、災害が起こる度に家を飛び出して復旧活動していたのが幼少期の院長には印象的でした。
災害が起こると不安になるので、家族が肩を寄せて窮地を乗り切るのが社会通念です。

だからこそ子供だった院長は仕事とは言え、居なくなる父に嫌悪感を抱いていました。
それでも父のことを大好きな感情があって、子供ながら困っている人のために力になることを人間の鑑だと感心していたのでしょう。

時を経てそんな父が病に倒れたので、院長は医療センターからリハビリテーション病院と目まぐるしい搬送で何とか救おうと必死でした。
ベストを尽くしたものの父が亡くなった後に、患者のご家族も例外なくサポートするべきだと思い至ります。

更に患者の家族に終末期の過ごし方や支援の在り方を訪ねることに意識を傾けるようになりました。
そのことが父が院長に伝えたことであり、声の無いメッセージを院長の心に届けているかのような不思議体験を連想させます。
院長は先の考えを大切にした上で、大田区訪問診療にも患者やご家族の力になれるように気を引き締めているでしょう。

ホームヘルパーも在宅診療に必要な存在

March 16 [Thu], 2017, 13:35
訪問診療は医師や看護師の他にホームヘルパーの協力もあって成り立っています。
患者宅に訪問して、介護サービスや家事援助サービスを生業にしているようです。

病気で体の動きが制限されてしまった患者は生活上何かと不便なので、こうしたサービスがあるのは本当に助かりますよね。
恐らく北区にお住まいの患者も同様だと考えられて、質の高いサービスを求めてホームヘルパーの選定に時間を掛けても可笑しくないでしょう。

食事や入浴、排泄なども支援する職業なので、生活の質の大幅な向上が期待できます。
きっと新宿ミネルバクリニックもホームヘルパーを雇っているでしょうし、北区在宅看取りを受けるためにそのクリニックの協力を仰ぐケースが多々あるかもしれません。

調理や買物もホームヘルパーがしてくれるので、患者ができないことを代わりにする良きパートナーとして頼り甲斐があります。
道理で在宅診療にそうした方が活用されているのが頷けて、患者のニーズに沿うための欠かせない存在です。

病気の後遺症をお持ちの方にもご利用していただきたい医療サービス

March 15 [Wed], 2017, 13:15
病気の後遺症で体の自由が奪われた方は通院困難なので、自宅で受けられる医療サービスをお探しなのではありませんか?
そんな方にご利用していただきたいのが在宅診療でして、中野区を始めとした様々な区に対応しています。

中野区在住の方によっては、自分が住んでいる所にも医療の手が及ぶことを予想外だと驚愕しているなんてことも。
もしあなたが医療を受けるためには通院できることが大前提だと捉えていたとすれば、中野区在宅診療などの医療サービスは大幅に充実したことを深く実感していたりして。

仮に脳卒中などの影響で制限付きの生活を余儀なくされても、在宅診療ならば患者が満足する医療が提供されます。
脳卒中は突発的な病なので、気付けば自宅療養していたケースは珍しくないでしょう。

だからこそ、不測の事態に備えた医療サービスが新宿ミネルバクリニックなどで必要になったわけです。
脳卒中の疑いを察した方は、そのクリニックを在宅診療の候補にしませんか?
最悪の事態を予測した訪問診療に向けての準備も大切かもしれません。

病気の家族の看護負担を減らしたい方は

March 14 [Tue], 2017, 12:32
病気の家族を看護している方は、このままいけば看護疲れで倒れてしまうことを予測していませんか?
そうならないためには、訪問診療を手掛けている医療施設に頼るのが良いですよ。

ご参考までに新宿ミネルバクリニックでは、広範囲の訪問診療を可能にしています。
例えば江戸川区訪問診療があって、医療を受けられないその区の患者に親切な医療サービスです。

日々の看護で心身共に疲れ果てている方は、新宿ミネルバクリニックに救いの手を求めてみてはいかがでしょうか?
看護は家族だけの問題として片付けようとすると、程度の差こそあれどその皺寄せはいずれ看護者に降り掛かってきます。

最悪看護を受けている家族に手を掛けて事件に発展してしまうことも否定できません。
訪問診療はこうした事態を見越した医療サービスではないかと思い、無理のない看護でご家族を楽にさせるためにあると言えるでしょう。
勿論新宿ミネルバクリニックも在宅患者への手厚い医療を心掛けていて、在宅緩和ケアなどで心から安らげるようにします。
P R
http://yaplog.jp/z2x/index1_0.rdf