<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)

May 12 [Wed], 2010, 2:31
 生活協同組合コープかながわ(横浜市港北区)のハーモス荏田店(同市青葉区)が、売れ残ったトンカツを冷凍保存した後、カツ重などに再利用して販売していたことが分かった。市保健所は、適切な管理を義務づけた食品衛生法に違反する恐れがあるとして、コープ側を指導する方針。健康被害は確認されていないという。

 コープかながわなどでつくる「ユーコープ事業連合」(同市港北区)によると、同店は3月28日、冷蔵状態でパン粉をまぶした状態の生のロースカツ1100枚を仕入れ、店内で揚げて1枚198円で販売。この日が消費期限だったが、売れ残った330枚を冷凍保存し、4月24日までにカツ重(498円)とカツ丼(330円)に調理して販売していた。80枚が残っており、250枚が実際に売れたとみられる。コープかながわは売れ残った食品を廃棄する内部規定がある。

 カツ重を買った市内の夫妻から同店に「酸っぱい味がして吐き出した」との苦情があり、発覚した。同店の担当者は「大量に残り、もったいないと思った」と話しているという。【山田麻未、杉埜水脈】

【関連ニュース】
輸入義務米:1096トン廃棄 汚染米事件後、活用できず
食品廃棄:安易な廃棄「待った」 消費者団体がガイドライン提案
関西プレスクラブ:京都吉兆の徳岡社長が「料理の神髄」講演
事故米食用転売:三笠フーズ元顧問に有罪−−大阪地裁判決
事故米食用転売:影響で穀物卸売会社が倒産

フジ 降り注ぐ紫 栃木・足利(毎日新聞)
Mステ「シングルCDランキング」 おかしなカラクリあった(J-CASTニュース)
医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/z2clhn79/archive/68
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。