無題

January 17 [Tue], 2012, 19:59
ある男が出張先の町で財布を落としてしまった。
帰りの飛行機のチケットは背広の内ポケットに入っていたが、空港まで行く手段が無かった。
男はタクシー乗り場に行き、1台停まっていた車の運転手に事情を話した。
というわけなんだ。
家に戻ったらすぐに金を送るから、空港まで乗せていってくれないかするとタクシーの運転手は男を一瞥して言った。
金がねぇんなら歩いて行きゃいいじゃねぇかどんなに頼んでも運転手は男の申し出を拒否した。
男は仕方なく、空港まで歩いて行った。
しばらくして男が再び同じ町を訪れたとき、タクシー乗り場に並んでいた車の列の最後尾に、あのときの運転手を見つけた。
男はあのときの冷酷な仕打ちに仕返しをしてやろうと企み、一番前のタクシーの運転手に話しかけた。
なあ、フェラチオしてやるからタで空港まで乗せて行ってくれないかすると運転手は驚いた顔で答えた。
ふざけるな俺はホモじゃねぇ男は2番目、3番目のタクシーにも同じように話しかけ、同じような反応を得た。
そして例の運転手のタクシーの番になると、男は言った。
空港までオークション頼む運転手は男を乗せ、他のタクシーの横を通り過ぎながら車を走らせた。
男は窓から他のタクシーの運転手達に向かって、にこやかに手を振った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z14ok51emr
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z14ok51emr/index1_0.rdf