んなああああ

November 14 [Sun], 2010, 23:40
今日は本当に文章が浮かびません・・・。

駄目だ。。

今日は14日ですか
今月中に終わらせることが目標なのであと15日くらいか。。。

とりあえず書ける作品からかいているんですが、
今日は一作品しか出来なかった。
昨日は二作品わりと楽にかけたのに。

先行研究が無いので、確実な論は解説のみ。

つらいです・・・。

とりあえず寝よう。
頭が重い。


これで論文になっているかも分からない><

教授と相談せねば。


実家に帰ったら少し楽になるかな?

来週で授業自体は終了なので
そしたら地元で卒論かくつもり。

ひきこもって書くのに一人暮らしはきつ過ぎる。

疲れでひらがなばっかり・・・。

がんばろう。
みんな辛いんだ。
がんばんなきゃ。

なんだよ

November 11 [Thu], 2010, 14:35
先生から返事きた。

「大変ですね」

そうですね。
で?

最終的に決めたのは私だけど、、
これはどう?って研究内容を言ったのは先生じゃないか。

なんだよ、もう。
こんな苦しいなんて分かんなかったのに。

結局作品別に・・・っていうのは却下みたいです。
そのほうが絶対書けるのに。

鬼畜ですねえ。

もう本を読む気にもなれない。

頭爆発しそう。。

ん〜

November 09 [Tue], 2010, 16:14
学校でした。
体壊してたので、ほぼ一カ月ぶりの学校・・・^^;

ででで、
今日相談したことメモ

●結局、小説の中の物語なわけで、自分自身(読者)が怖くなることってあんの?分類なんてそもそも出来んの?
→登場人物になりきって読者は物語を読む。
 だから、登場人物の気持ちで「怖い」ってものを調べる。

でもそれって・・・なんか違くない?
なんで怖いって読者が感じるか調べてんだよね・・・?
z1独自の怖さを調べてるわけで。
しかもz1の登場人物なんか感情移入できない人ばっかなんですけど(とくに黒)。

なんか意見を押し付けられてる感があってやっぱり苦手。。。

●灰色はどうするべき?
→それは君が必要だと思う(z1らしさ?がでてて使うべきだと思う)作品は使いなさい。

あああああああああ><

●物語のなかでいくつも違う対象があるものは?
→別々に分ける。または、大きい方に分類する。

むりでしょーーーーー。

どうすればいいのか分からん。。
終わる気が全くしない><!!!

November 08 [Mon], 2010, 20:33
ちょっと動画みてたらおセンチな気分になってしまった・・・。

卒論をやっているんだから、もう大学四年なわけで、
もうすぐ22歳になっちゃうわけで、
もう就職先も決まってます。

でも。 
それは本当に私がしたかった仕事じゃなくて。

私は夢を追いかける勇気が無かった。

夢は・・・ここは誰も見てないだろうからいいか。。
夢は京都で日本文化にふれた仕事がしたかった。
着物。

毎日着物来て、京都にいて、いろんな文化にふれて、
甘っちょろいそんなことが夢だった。

でも、
親孝行もしたかった。親にもう心配かけたくなかった。
地元に帰ってきてほしいって望んでるんだから、地元にいるべき。

なにより私が夢を追いかけることで、失う物がたくさんあることは分かってたし、
失う事は怖かった。
まあ、逃げたんだな私。

地元で着物屋と金融機関に内定もらって
本当は着物が良かったけど、そこは売上重視。
売上ももちろん大切だけど、そこに私は重点を置くことが出来なかった。

すごく悩んだ。
夢だって叶えたかった。

でも無理でした。


もっと早く見つけれた夢だったら、高校卒業から頑張れたのに。
あまいなあ・・・。


ちょっとネガティブになりすぎですね。
就職先があるだけで幸せな事なのに。

もしたまたま見てしまった方いらっしゃったら、本当に申し訳ないです。

あーー!
頑張ります!!

気晴らし!

October 12 [Tue], 2010, 20:16

悩んでても仕方ないね

明日はだーい好きなお友達と
ホテルのランチビュッフェ行くよ

たのしみだあ><❤

あ・・・。
ヒール疲れちゃうよね・・・最近ダメだ・・・。
気合いでいくか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oboro
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z1-v1vir/index1_0.rdf