着床前診断

July 19 [Thu], 2012, 0:51
少し前の新聞に、新型の着床前診断の記事が一面で載っていた。
新型といっても、夫婦どちらが障害者の場合にのみ、認められていた、全染色体異常を調べる検査を健常者夫婦に適用したと云うお話。
ネットに書いてあるニュースにしろネタにしろ、真実もあれば、疑わしいのもある。
だからといって新聞が信用出来るかと云えば、必ずしもそうでない時もあるが、それは結局、その事に対してどうとらえるかであるので、ここで新聞の信憑性の話は棚上げ。
まあ、この事に対して、新聞は何日にも分けて、詳しく書いていたので、有料の新聞サイトでもない限り、載っていた事をすべて読む事は出来ないだろう。
簡単に云えば、その全染色体異常の検査をする事は、障害者を全否定するに等しいとか、生命の選別につながるとか、男女差別につながるとか、いろいろあるらしい。
一方で、卵子の老化の所為で、妊娠出来ない人にとって、この全染色体診断は、最後に残された、希望の光と云える。
なぜなら、卵子の老化の多くは、何かしらの染色体異常があり、人工授精して仮に着床しても、流産してしまう現実がある。
これが不妊治療の成功率を押し下げている大きな要因らしい。
先の酔ヒのクリニックだと、一般的な人工授精の平均が、20台なのに、そこのクリニックは70台らしい。
生命を授かれる喧時潟рェある程度決まっている女性にとって、仮に旦那に問題が無かったとしたら、その女性は、経済的問題が何とかできるとしたら、その行為に躊躇は無いだろう。
だがそんな人に、倫理観を面と向かって諭す人が居るはずだ。
もしその人が、その事を理路整然と話している所を目撃してしまったら、私は一度も目を離さず、表情に感情が一瞬でも現れたその刹那に、その顔に刻まれた、皺にめがけて、突き抜ける長いバーベキューの串を差し込んで、こねくり回してしまう、いいエロマンガコミュニティサイト エロマンガがある日常夢物語を、記憶に焼き付けてしまうだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:z0kp4tbwya
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z0kp4tbwya/index1_0.rdf