物品の相互提供、日豪ACSA署名(産経新聞)

May 20 [Thu], 2010, 9:08
 日豪両政府は19日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を都内の外務省施設で開き、自衛隊と豪州軍の間で食料や燃料を相互に融通しあう「物品役務相互提供協定」(ACSA)に署名した。国連平和維持活動(PKO)や救援活動、共同訓練などの際、食料や水、燃料などの相互提供のほか、輸送や整備、医療活動でも相互協力を可能にし、効率的な部隊運用を目指す。日本がACSAを結ぶのは米国に続き2カ国目。

【関連記事】
日豪でACSA締結へ 自衛隊と軍、食料・燃料を相互提供
捕鯨問題で日本がラッド政権に立腹と豪紙
「日豪関係育成すべき」鯨問題で豪有力紙
外務省がEPA推進本部設置 政治主導で交渉打開?
ASEAN首脳会議閉幕 迫られるアジア共同体への対応
中国が優等生路線に?

種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)
私学助成は実績次第、スポーツ・進学…大阪府(読売新聞)
<殺人放火>住宅全焼、遺体に外傷 千葉・八街 (毎日新聞)
十数件に関与? ひったくりで少年逮捕 警視庁 (産経新聞)
消費増税方針を明確化=景気にプラス効果も―財政審(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/z0jijcj2/archive/54
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。