いやいやながらの転勤

January 19 [Sat], 2013, 0:23

会社であれば個人の関係よりも組織の全体像としての都合を重いものとするため、よくいやいやながらの転勤があるものです。無論当人には不満足でしょう。

会社を選ぶ観点としては2つあり、一つの面ではその企業のどんな点に興味があるのか、もう片方は、自分はどのような仕事をして、どんな実りを享受したいと想定していたのかという所です。

【就職活動のために】絶対にこのようなことがやりたいという仕事もないし、あの仕事も良さそうだし、これも良さそうと考えるあまり、挙句の果てに実は自分が何をしたいのか面接で説明できないのです。

どうしても日本の企業で体育会系の経験のある人材が採用さることが多い理由は敬語がちゃんとできるからなのです。学生とはいえ体育会系の部活動の世界では、先輩後輩といった上下関係がきちっとしており、否が応でも自然に敬語を身につけることができるのです。

注意が必要なのは、人材紹介会社など民間のサービスは本来は就職していて転職を望んでいる人をターゲットにした企業やサービスなのである。したがって実務の経験が最低でも2〜3年程度はないとサービスの対象としては見てもくれません。



本当に未知の番号や非通知の電話番号より電話があったりすると不安になってしまう気持ちは理解できますが、そこを抑えて先んじて自らの名前を名乗りたいものです。

ひとまず外資の企業で就職をしていた人の多数派は、変わらず外資の履歴を続投する流れもあります。つまるところ外資から日本企業に勤める人は極めて稀だということです。

普通最終面接の機会に尋ねられるのは、今日までの面接試験で聞かれたようなことと同様になってしまいますが、「志望したきっかけ」というのが大変多く質問される内容です。

何かにつけ面接の時のアドバイスとして「本当の自分の言葉で話しなさい。」といった内容の言葉を耳にします。しかしながら、受け売りでない自分の言葉で語ることができるという意味内容が飲み込めないのです。

外資系企業で就業している人は今では既に珍しくない。外資系企業に就職するというと、今までは中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用する空気があったが、今時は新卒の入社に積極的な外資系会社も顕著になってきている。



【就活Q&A】離職するほどの気持ちはないのだけれど、できればうまい具合に月々の収入を増加させたいのだという場合なのであるなら、まずは何か資格を取得するというのも有効な手法なのかも。

今の仕事の同業の人で「父親のコネでシステムエンジニアからこの業界に転職した」という異色の経歴を持つ男がいる。男によるとシステムエンジニアとして働いていた時のほうが百倍は楽ですとのこと。

【知っておきたい】離職するほどの気持ちはないけれど、できればなんとかして月々の収入を増加させたいのだ人なら、まずは収入に結びつく資格取得を考えるのも有効な作戦なのかもしれないのだ。

就活をしているときに手に入れたい情報は、応募先全体の方針または自分の興味に合うかなど、詳しい仕事内容のことではなく会社そのものを把握したい。そう考えての内容なのです。

バイトや派遣として生育した「職歴」を携行して会社に面接を山ほど受けにでかけてみましょう。せんじ詰めれば 就職も出会いの要因があるので面接を多数受けるのみです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうとxv2u
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/z04pwljx/index1_0.rdf