スマートコントロールの新事実と【国際経済】米・中・韓、危機を迎える粉飾経済[桜H25/2/21]

September 22 [Sun], 2013, 3:03
みさなまこんばんは


現在スマートコントロールレビュー特集中です(^^)
スマートコントロールは、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

スマートコントロール体験評価はこちら


メインサイトでは、一木 彰弘さん作のダウンロード教材スマートコントロールを体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

スマートコントロール体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


きょうの超食・・・じゃ無かった^^;朝食は出来立てのご飯と、出汁巻たまごと鳴門産のわかめのお味噌汁

私はこれが無いとダメなの。



8分で平らげて、、9時ジャストに自宅を後にしました。



いつもとは違うセブンに道草して、ウコンの力を散々待たされて購入



朝はこれに限ります。。



事務所に到着すると、日課であるヤフーニュースをチェック

今日のヘッドラインは?

↓↓

 愛知県警警部による情報漏えい事件で、風俗店グループ「ブルー」の実質的経営者、佐藤義徳被告(56)が「知人女性が不審な車に尾行されているので調べてほしい」と、捜査1課警部の倉木勝典容疑者(55)=地方公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕=に車両情報の照会を依頼していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 依頼した2012年8月当時、県警は佐藤被告が関与した脅迫事件の捜査を進めており、県警捜査2課は、佐藤被告が身辺に捜査が及んでいるか確認しようとしたとみている。

 この脅迫事件では、佐藤被告が部下を使って、組織犯罪対策課警部に脅迫電話をかけたとされ、名古屋地裁で現在、公判が行われている。

 捜査関係者によると、佐藤被告から照会する車のナンバーを伝えられた倉木容疑者は、県警蟹江署内のコンピューター端末を使って照会をかけた。

 このナンバーは暴力団捜査を担当する部署に実在する捜査車両と酷似しているものの、一部が違っており、照会では、該当する車は存在しなかったという。

 このため倉木容疑者がナンバーの一部を変えながら複数回照会したところ、1台が該当。倉木容疑者は所有者の名前と住所を佐藤被告に伝えたという。ただ、この車は県警とは関係がなかった。
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



なるほどね〜

だからどうしたって感じ。



それより、んーっと、今日の業務は・・・

T君の話ではブログアフィリエイトに9時間と、電脳せどりで仕入れに1時間。



ベテランが居るからかんたんに済むでしょう(^^ゞ



ガンガン稼がねば!



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





ありゃりゃ(汗関連してない?

こりゃ失礼^^;



まあそれは置いといて夕飯は何しよ?

イカフライかエビチリがくいてーなー^^;



これも良いか?

↓↓





多分次の更新は今日の夜でしょう。

ではまた次回!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りこ68uc
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yzyp6vid/index1_0.rdf