プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yzylqasnamtdqp
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
神戸で「錯覚」テーマ科学展−「見てだまされる」「聞いてだまされる」展示も /兵庫 / 2010年07月29日(木)
 神戸市立青少年科学館(神戸市中央区港島中町7、TEL 078-302-5177)で現在、夏の特別展「ふしぎのくにの かがくかん」が開催されている。(神戸経済新聞)

【画像】 「人工イクラ」を作る様子

 同展は、普段の生活の中で感じる「だまされる科学」を紹介する「だまされワンダーランド」と、身近にある本物と偽物など「見分ける科学」を紹介する「チャレンジワンダーランド」の2つのゾーンで構成。「本を見るだけではなく、触って動かして、見えているものが本当かどうか確かめながら学んでほしい」と同館が企画した。

 だまされワンダーランドでは、見てだまされる、聞いてだまされる展示を用意。「立体感」「色」「大きさ」などさまざまな錯視も紹介。実際に「色」の錯視を体験していた小学生男子は驚いた様子で、「自分の目がおかしくなったのか、手品みたいにタネがあるのか分からない」と笑顔を見せていた。

 チャレンジワンダーランドでは、天然の真珠と貝パールの見分け方や、水晶とガラス玉の見分け方などを紹介。パソコン上でバイオテクノロジーの実験をバーチャルで行えるソフトも体感できる。併設する「わくわく工房」では、曜日別で「人工イクラ」や「おいし『そうな』クッキー・ドーナツ」などを作るワークショップも行っている。

 同館企画広報グループの原田美菜子さんは「イメージだけで錯覚しているものが日常にあふれている。その面白さを感じてほしい。年代別でさまざまな楽しみ方があるので、ぜひご家族で訪れていただければ」と話す。

 開場時間は9時30分〜18時。展示室入館料は、大人=600円、小人=300円、「わくわく工房」の参加費は100円。8月31日まで。

【7月29日13時0分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000025-minkei-l28
 
   
Posted at 13:12/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!