村治佳織が溝田

April 21 [Sat], 2018, 23:09
株式を売ったことにより、利益となった時の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社にて開設した特定口座による取引の場合は本人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。
確定申告の手間をかけずに済む親切な制度ですが、損失繰越などをする場合は確定申告が必要となります。株の初心者から上級の人まで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均株価です。

日経平均とはトヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産といった、日本代表の全225社の株価を平均したものをいうのです。始めたばかりの人でも毎日続けて日経平均を確認すれば、株価の大きなトレンドが把握できるようになってくるでしょう。
株の売買には現物株という方法以外にも投資方法はいろいろとあります。

オプションもそんな中の一つなのです。


オプションといったものには買う権利のコールとプットといった売る権利とがあって、めいめいに売買でき、これら四つの組み合わせによって、自由に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資となっているのです。
かなり魅力的な投資法ではありますが、豊かな知識が必要となります。
私が持つ株がここ最近、激しく上がり下がりしていますので、儲かる株、下がる株を自己で判断し、売買を行っています。


時折失敗して、マイナスとなることもありますが、今のところ、プラス収支となっております。今のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しいなと思います。
私はアベノミクスという言葉に誘われ、よく準備をしないまま、いきなり株を始めた素人です。はじめは全然儲からず、損失でヒーヒー言っていたのですが、今は経済が良くなったのか、私のスキルがよくなったのか利益があがるようになりました。株の新米から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私的には最低100万円位は用意しないと、株式投資をやることは難しいと考えます。


その理由はこれくらいのキャピタルがあれば株式上場されている多くの銘柄の中から目についた投資先をチョイスすることができるからです。



株の始めて間もない人が株式投資をする狙い目は、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が暇な状態になっている時なのです。このような時期だと、どの銘柄もありえないくらい価値が低く株価が放置されているため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期だと思うからなのです。
円安とは、他国の通貨より円の価値のほうが相対的に下落している状態をいいます。



円安の状態がつづくと、株が上がりやすくなっています。

輸入により商売をしている企業の場合には輸入にかかるコストが高くつくようになり収益減となりますが、逆に輸出企業の業績は好転することになります。



自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。

自分は最近、株を始めたばかりの駆け出し者です。



株を買い、ある水準まで儲かったら、さっさと売却するべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、今なお悩んでいます。

長い間、保有していると、優待によるメリットもありますから、悩ましい部分です。
株式投資を行う機会には、単元の株ではなく、ミニ株に投資する手段もあります。

単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株でわずかずつ購入する方法によって一度に大きな金額を用意しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる