クロカミキリが石坂

March 09 [Wed], 2016, 21:08
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。

妊活を行っているということは、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがげんきに成長できるように備えておきましょう。



中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取して貰いたい栄養素のひとつです。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から妊娠はすでに始まっているのですから、妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を初めている方は、なるべく早めに葉酸を摂取することによって、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。



こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も多いそうなんです。
妊活中に、可能なだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意してください。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いみたいです。これらのお茶はカフェインが入っていません。


赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方におもったより、赤ちゃんにおもったより優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。料金は一回2800円で安価でしたが、それでも妊娠に至らず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。幸い、全部飲み切らないうちに、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が大変重要なはたらきをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。


なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
女性のみならず男性が摂取した場合、精子の質を高めることを助けてくれるのです。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみて頂戴。
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですね。赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。



野菜だけで十分に摂取できるかというと、とても大変ですから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。葉酸の摂取期間についてお話しします。



皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そのような事はありません。
葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。
ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるというりゆうです。



葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。葉酸の含有量が多い食材は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが可能なでしょう。
また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。



このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、是非、サプリメントを利用してみて頂戴。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を済ますことが出来ます。

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、ポイントがあります。



可能なだけ葉酸の流出を防ぐために、火をとおさずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱が必要な食材やメニューの場合、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱をとおす程度にした方が良いです。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時はサプリを活用すれば良いでしょう。


今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。

そうしたサプリを利用する方は、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yz0olup0alprrh/index1_0.rdf