モンハン【猛烈】日記20。

August 02 [Tue], 2011, 19:12
226968.com 出会いで3連休。予定らしいものを何も入れていなかった俺は、深夜に家で日本酒を飲みながら狩りに励んでいた。そんな俺にモンハンの神がこう告げる。カワよ、新宿へ行け謎のモンハンの神の声を聞き、俺はいの間にか眠りにいていた。いや、既に夢の中だったのか以前、新宿秘密基地ヘブンにあやと氏と行ったのは5月だった。そろそろ、オフ会への参加意欲が俺の中にたまってきていた。だが怪しさのその店に、単騎で挑むのは少々心許ない。事前にさんに連絡を入れるも、新たな兵器開発が忙しいため同行を断念。前回同行したあやと氏は、ギルドマスター以外での副業に忙殺されているため無理。他に目ぼしい面子もなく、俺は1人で参加した。人程度のオフ会だからどうにかなるだろうと、完全にナメきっていた。新宿の片隅、雑居ビルの一室、鉄の扉を開ける。さほど広くない店内に、、人程のハンターがひしめき合っていた。女性客も名程混ざっている。そして受付嬢である。前回と同じくあの可愛すぎるメイドが笑顔で出迎えた。俺は心の中、なぜかこう呟く。重ね重ねスンマセン、あやとさん女性とのオフ会を楽しみにしている元住吉ギルドマスター。これが運命の悪戯というものだろうか。参加者の多さに驚き、思わず主催者に訪ねてしまう。前回5月に参加したときはこんなにいませんでしたがいもこんな感じデスよ。5月じゃまだ震災の影響がありましたね主催者の言葉を聞き、遅れて到着した俺は所在なく立ち尽くした。すると主催者から席替えの号令がかかる。程なくして俺にも席が用意された。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yyvi5dvlte
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yyvi5dvlte/index1_0.rdf