プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yyvesgmwlqhjpj
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
「電子判定は導入しない」…FIFA、イングランド戦後に再確認 / 2010年06月29日(火)
 「誤審」疑惑が相次いでいるサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会で、やはり「誤審」があった決勝トーナメントのドイツ―イングランド戦後にFIFAがミーティングを開催、電子装置の導入を改めて否定したとオランダのメディアによって報じられたことを、中国網などの中国国内メディアが伝えた。

 これは、オランダのスポーツメディアであるNusportが伝えたもので、27日に行われたドイツ―イングランド戦後にFIFAが約1時間の緊急ミーティングを開催したという。ミーティングの中で、ゴールへのカメラ設置や、ICチップを埋め込んだボールを使用することでゴール判定を行うシステムの使用について話し合われ、今年3月に開かれた国際サッカー評議会の年次総会での決定同様、システムの導入を改めて否定することが確認されたようだ。

 中国網の記事では、FIFAのブラッター会長が断固としてハイテクノロジーによるジャッジの干渉に抵抗しているとし、「サッカーは天然のスポーツであり、誤審もスポーツの一部分」と認識していることを伝えた。また、ブラッター会長の考え方に対して多くのFIFA関係者が賛成しており、「これらの技術はすでに否定された。将来実行される可能性も低い」とするバルク事務局長のコメントも掲載した。

 なお、ゴールの判定についてはUEFAヨーロッパリーグで「ゴール裏審判」が試験的に導入されており、UEFAでは来季のチャンピオンズリーグや欧州選手権予選でも採用することが発表されている。ただ、この制度が今後のワールドカップで採用されるかどうかについては不明である。(編集担当:柳川俊之)

【6月29日12時16分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000041-scn-spo
 
   
Posted at 13:11/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!