痛みのない方法で腹筋と背筋を鍛える

September 13 [Sat], 2014, 18:19
痩身エステメンズ※男性が体験できる痩身エステでオススメはココです!

痩身エステのランキング!ダイエットのためにお試し体験に行ってきました♪

痩身エステ池袋※池袋でいろいろな痩身エステをお試し体験しています♪

痛みは安静を促す信号ですけど、長期間負担をかけないようにしていると、筋力と柔軟性が低下して疲労しやすくなって、新しい痛みが発生して痛みの悪循環が起こってしまいます。

痛みが強い時は安静にしたほうがいいのですが、やわらいだ段階で筋力と柔軟性を高めて、この悪循環を断つ必要があります。

空気が詰まった風船は曲げにくいように、腹筋と背筋が強いと、物を持った時などに腹部に力を入れて腹圧を高めて、腰推の負担を和らげることができるようです。

エクササイズをする場合は、痛みのない範囲で行わなければなりませんね。

市販のラバーバンドを使ってエクササイズをすることで、痛みを抑えながら鍛えることができるようです。

ラバーにはいくつかの強度があるので、筋力の向上とともに変えなければいけませんね。

物長さを変えたり、ラバーを二重三重にすることで強度を調整できます。

ダイエットをするという決意をすると、思った以上に頑張ってしまって体を傷めることがあります。

これは逆効果ですから、体と相談しながら長期間でダイエットのためのエクササイズをしていきたいですね。

女性にとって効果が高い痩せ方

July 09 [Tue], 2013, 14:41
同じ運動をしているのに筋肉の付き方が男性と違ったり、同じ食事制限に取り組んでも女性同士で差が出たり・・・

そんな結果の違いは、男女の体の仕組みの差や、同性の中にもあるタイプの違いのせいなんです。

男女差や個人差の特徴を知って、最短かつ最大の効果が得られるダイエット法を選ばないといけないですね。

それには男女の差を知ることが必要です。

女性は男性に比べて圧倒的に基礎代謝が少なくて、活動が少ないと太りやすいんです。

しかも活動量も年々低下していきます。

活動量が低下すると、筋肉が衰えて、カラダが消費するエネルギーも減る悪循環になりやすいですね。

女性は体幹が小さくて筋肉量も少なくて、体幹部の筋肉では20代女性は男性の50〜80%しかないんですね。

しかも女性の筋肉量の減少は加齢に伴いなだらかなのに対して、男性は減少幅が大きいんです。

男性は筋肉量を保つために鍛えることが必要ですし、女性は脂肪量を抑えるために体を動かす意識が必要になるんですね。

そして年齢とともに女性のダイエット効果が出にくくなるのは明らかなんです。

女性は妊娠や出産、子育てなどのライフイベントに加えて、閉経に向けたエストロゲンの分泌の変化が体に大きく関与しています。

女性が効果的に痩せるためには、体を冷やさないというのがポイントになるようですよ。

日本の女性は胃腸が弱くて、男性よりも筋肉量が少ないので、体の熱を作る力も弱いんです。

だから体を温めて、血流を高める方法が向いているんですね。

痩身エステ口コミでダイエットを考えるよりも、日ごろの食生活から見直す必要なありますね。

ダイエットエステランキングでもカウンセリングで教えてくれますけどね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yyruit7492nv
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる