藤平と塩崎

January 19 [Tue], 2016, 14:04
ムダ毛処理で抜くという方法は手間なのに加えとにかく肌荒れになりやすいものです。ムダ毛の処理方法として抜くことを続けていると、知らず知らずに、皮膚の弾力が失われて、埋没毛など皮膚の下に毛がもぐったような状態になるケースがあります。さらに、毛を抜くことは毛根をちぎることになるので、その部分に雑菌が侵入して感染を起こすこともあります。ムダ毛処理をお休みできない部分は人によって違いますが、ワキ、腕、足などは他人の目がありますので、キレイにしている方も多数いると思います。それに、意外かもしれませんが、背中のムダ毛は気づく人も多くて自分できれいにするのは、なかなか困難です。背中のムダ毛が気になってしょうがない時は、永久脱毛がいいのではないでしょうか。無駄毛ですが、自己処理することでダメな点はいくつもあります。カミソリを使うと簡単にできますが、一週間に何回も剃らないと、また生えてくるため、処理が大変です。それに、カミソリの刃により肌トラブルが起こる場合もあるんです。肌が弱い人は、肌に悪いのでカミソリは使わないようにしてくださいね。体が毛深くて悩みを持つ人は、早めに体質改善を始めていきましょう。大豆に多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンに近いので、ムダ毛が薄くなっていく効果があります。納豆や豆腐、豆乳を積極的にとって、ムダ毛が生えにくい体質を目指していきましょう。今までの脱毛法と比較すると、光脱毛は痛みが減り、肌への負担が軽い脱毛法として主流になっています。しかし、人によって、肌の質は異なるものです。敏感肌の人は光脱毛の施術でやけどしたような症状が出る場合もあります。それから、日焼けして光脱毛を行うと、ヤケドを負った状態になりやすいため、注意することが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯一
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yyrio23teohtwn/index1_0.rdf