プチ炭水化物ダイエットのススメ

February 14 [Tue], 2017, 19:29
私がオススメするダイエット方法は、低炭水化物ダイエットです。

炭水化物以外の食品も食べ過ぎれば脂肪になりますが、もっとも効率よく脂肪を蓄える事ができる食べ物こそが炭水化物だからです。

では、なぜ炭水化物がもっとも太りやすいのでしょうか?

まず、炭水化物を摂取すると体内で分解される、糖になります。分解された糖は血液の中に溶け込んでいき、血糖値を上昇させていきます。そうすると、血液中に大量に溶けこんだ糖の分子が血管を傷つけてしまうのです(糖の分子はギザギザとした形をしています)。そうすると体中の血管が傷つき、様々な病気の原因になるのです。また、このような状態が深刻・かつ長期間続くと、糖尿病と呼ばれる病気に発展してしまいます。

しかしながら、人間の体にはこれを予防する仕組みがあります。それは、インシュリンというホルモンを体内で分泌させ、血液に大量に溶けこんだ糖を減らすことが出来るのです(あまりにもインシュリンの分泌に頼り過ぎると糖尿病に発展してしまうので注意が必要ですが)。

しかし、ここにダイエットという観点から見ると最大の問題があるんです。
インシュリンの働きによって血液から減らされた糖はどこへ行ってしまったのか…?
そうです、それらの糖は脂肪に変わり、あなたの体に蓄えられてしまっているのです。
これが人間の体に脂肪がついていく原因の中でもっとも大きなものなのです。

そこで、炭水化物を減らすことがダイエットにとても有効であると考えられます。
3食の食事のうち、1食だけでもパンやご飯をなくしたメニューにする(カロリー自体は大きく減らす必要はないので、その分お肉や豆をとっても大丈夫です)。
また、それだと物足りないという人はブランパンや大豆麺といった低糖質食品に置き換えるのもオススメです。

ダイエットは大きな成果を出すには時間がかかります。ですが、抵抗のない方法で確実に続ければ必ず結果は出ます。
たった1食のうち1品を置き換えるだけなら、気軽にはじめて続けることも難しくないはずです。

ちなみに筆者は1食だけ低糖質食品に置き換えて、半年で6kg減らすことに成功しました。偏食やムリなダイエット法でもないので体型的にも綺麗に痩せることが出来て満足しています(タンパク質やビタミンを減らすことがないので、お肌や筋肉に悪影響がなかったのが良かったようです)。
甘いものもすごく食べたいときは無理せずに食べていました。それでも長いスパンで考えればちゃんと痩せていくんだなぁ。と実感しました。

低炭水化物ダイエット。なんてカタイ言い方だとすこし身構えてしまうかもしれませんが、ストレスのたまらない範囲で続けられる方法ですので、是非みなさんもお試しください。

めっちゃ贅沢フルーツ青汁
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる